車買取大手が軒並み減益!買取が低迷する中での今後の展望は  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中古車買取大手のIDOM(ガリバー)、アップル、カーチスの直近決算が発表され、各社ともに減益となっています。それぞれ買取台数の伸び悩みが続いているようです。

背景としては、売却案件自体の減少や一括査定以外のサービス台頭などがあげられます。

また、オートオークション相場の低迷が中古車買取大手の収益を圧迫しています。そのため、オークション販売ではなく小売(直接販売)により力を入れていくようです。

本日は、中古車買取大手と中古車オークション運営大手の直近決算を踏まえて、業界の現状と今後の展望について考えます。

 

買取大手各社の直近決算は軒並み減益

中古車買取大手として上場しているガリバー、アップル、カーチスの決算発表によると各社とも前期比で減益となっています。オートオークション最大手のユー・エス・エスのグループであるラビットも減益となったようです。

各社前期比で4~6割超減と厳しい結果となっており、非公表の大手買取店でも厳しい数字が予想されます。

 

各社減益の主な要因は大きく下記2つ

①オートオークション相場の低迷

2016年のオートオークション相場は、大幅な為替変動や軽自動車の中古車登録台数の大幅減少により低迷しました。国内最大手のオートオークション運営会社であるユー・エス・エスによると、オートオークションの出品台数、成約台数、成約率、成約単価と軒並み減少しているとのことです。

伴って好調を維持していたユー・エス・エス自体の収益も減益となっています。

買取店は買い取った車両のほとんどをオートオークションで販売します。そのため、オートオークションの相場が低迷すると業績の不振に直結してしまいます。

 

⓶円高による中古車輸出の低迷

2016年は為替の大幅な円高により中古車輸出の低迷が続きました。財務省貿易統計によると中古車輸出台数は前年比で5.3%マイナスとなり、中でも好調であったアフリカが約2割落ち込むなど大きく低迷しました。

中古車買取において輸出向け車両は利益が大きく取れることが多いため、輸出台数が低迷すると、利益率が下がり業績に影響します。

 

大手の買取は不調だが小売は好調

大手買取店において買取台数は低迷していますが、小売台数は伸びています。ガリバーでは買取台数は180,996台⇒186,175台とほぼ横ばいに対し、小売り台数は70,709台⇒95,333台と大きく数字を伸ばしています。同社の計画では買取台数は現状維持で小売台数を116,000台とさらに伸ばしていき、小売へ一層注力していくとのことです。

ガリバー以外の各社も買い取った車を直接小売するに力を入れていく流れは継続すると思われます。また、ガリバーやアップルは買い取った車を活用した下記新サービスを開始するということで、オートオークションに依存しない新たな収益モデルを模索しています。

・ガリバー:月額クルマ乗換サービス「NOREL」を開始

・ガリバー:顧客と顧客を直接つなぐCtoCプラットフォーム「クルマジロ」を開始

・アップル:格安レンタカーや格安リースの「タイムシェア」をスタート

 

大手買取店を通さないオークション方式の買取サービスも台頭

今までの車の買取というと、一括査定サイトで複数業者を比較して売却するという方法が主流でしたが、ユーザーの車を欲しい業者が入札方式で車を買い取るという新しいサービスも台頭してきました。そのため、一括査定サイトを利用する大手買取店に売却を依頼するという件数も徐々に減少してきています。

中でも「ユーカーパック」はユーカーパックのサイト上でユーザーの車を欲しい業者が競り合うことで、高く売れると評判が高いです。ユーカーパックの詳細は下記記事にまとめていますので参考にしてください。

車高く売る新方法ユーカーパックとは?オークション形式で高く売る

 

オートオークション依存からの脱却が加速し在庫を多く持つ業者の優位性が高まる

車を買い取ってすぐにオートオークションで販売するという従来の方法では収益の確保が厳しくなってきています。買い取った車を自社で販売(小売)するか、シェアするという流れは今後より増えていくと考えられます。

そうなると、在庫を多く抱えるガリバーやビッグモーターの優位性が高まると思われ、その他の業者は新たなサービスを独自で展開していかない限り、厳しくなるものと予想されます。

 

最後に

2016年は為替の大幅な円高があったことが、中古車買取大手の業績に影響しました。2017年以降も為替の影響はあると思われますが、それよりもオートオークションに依存しない独自の収益モデルを持つかどうかで大きく差異が出てくると思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大手10社を徹底比較!1番高く買い取る業者は

 

【買取金額】【会社規模】【接客対応】【販売力】でランキング!

最も評判の良い業者はどこなのか?


中古車買取大手10社をガチでランキング!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*