カーシェアリングで車の維持費をカット!おすすめカーシェア業者は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車の維持費が高くてキツイ!と思っていませんか?車の維持費を削減する方法のひとつとして、車を手放してカーシェアリングを利用するということがあります。

一昔前までは、カーシェアリングというと「借りる場所(ステーション)が少ない」とか「土日に予約ができない」とか「車種のバリエーションが少ない」というデメリットが複数ありました。

しかし、近年は各社のステーション数が大幅に増加し、利用車種も様々であるなど、サービス拡充が進み、利用者数も年々増加しています。

本日は、車の維持費を削減する方法のひとつとして、カーシェアリングを利用するメリットについて紹介していきます。

 

車の維持費は意外と高額

車の維持に掛かる費用は複数あり、合計すると意外と高額になります。車の維持に掛かる主要項目の概算費用を下記表にしてみました。

 項目 年間 想定条件
駐車場代 180,000円 月15,000円
任意保険料 80,000円 車両保険含む
自動車税 39,500円 2,000CCクラス
車検代 50,000円 100,000円/2年
メンテナンス代 20,000円 オイル交換5,000円×2+消耗部品
ガソリン代 120,000円 年間走行1万km 燃費10km/L 単価120円
合計 489,500円

上記の他にも車のローンがある場合や、車両本体の値落ち分を考慮するとさらに増加します。上記はあくまで一例ですが、おおよそ月4~5万円のランニング費用が発生します。

 

利用頻度が少なければカーシェアリングが圧倒的におトク

車は保有しているだけで、税金や車検代など高額な維持費が発生します。通勤や通学で利用していなく、利用頻度が少ない方はカーシェアリングの利用をおすすめします。

近年はカーシェアリングの貸出拠点(ステーション)の数も各社大幅に増え、使い勝手も良くなってきています。カーシェアリングのメリットは大きく2つです。

メリット① 維持費が掛からず利用した分だけの支払いで負担が少ない

カーシェアリングのメリットは何といっても車の維持費が掛からないということです。利用した時間分の料金を支払うのみとなります。

主要大手各社の時間当たりの利用料は下記であり、週に1回6時間以内の利用であれば、最安値のカレコで月あたり約16,000円となり、車を所有するより大幅に安価となります。

  タイムズカープラス カレコ オリックスカーシェア
1時間 824円 780円 600円+1km/15円
6時間パック 4,020円 3,800円 3,500円+1km/15円

※料金は平成29年4月現在

メリット⓶ 車を維持する手間が発生しない

車を維持するには、「税金の支払い」、「車検の受検」、「保険の更新」、「車両のメンテナンス」、「洗車(清掃)」など色々と対応しなければなりません。

カーシェアリングでは、利用する都度予約するという手間はあるものの、面倒な車検や車両のメンテナンスといった手間が発生せず、手軽に利用できるというメリットがあります。

 

カーシェアリングのデメリットとは

いくらカーシェアリングにメリットがあると言っても、そもそも「貸出拠点(ステーション)が自宅の近くに無い!」など、利用できないこともあります。主要なカーシェアリングのデメリットは下記となります。

・車の予約が取れないことがある
・郊外のステーションが少ない
・車が汚いことがある
・傷の確認などサポートセンターから連絡が入ることがある
・月額基本料が発生する
・決めた時間に利用しなければならない
・借りた場所に返す必要がある

それぞれのデメリットについては、下記記事にまとめていますので参考にしてください。

カーシェアリングのデメリットとは?7つの刻目を解説

カーシェアリングのおすすめ大手2社

近年では複数のカーシェアリング業者が台頭してきていますが、どの業者を利用するのが良いのでしょうか?筆者がおすすめするのは「タイムズカープラス」「カレコ」です。それぞれの特徴は下記となります。

圧倒的なステーション数を誇る「タイムズカープラス」

カーシェアリングを利用するにあたって最も重要となるのが、自宅近くに貸出拠点(ステーション)があるのか?ということです。

時間貸し駐車場「タイムズ」の場所を利用する「タイムズカープラス」はステーション数が約8,500拠点と、他社より圧倒的に多いです。そのため、自宅近くにステーションがある場合はもちろんのこと、外出先で利用する際も使い勝手が良いです。

また、利用に応じてたまるポイントをレンタカーの「タイムズカーレンタル」や時間貸し駐車場の「タイムズ」の利用料に充てたりすることもできます。

↓ タイムズカープラスを利用してみる ↓

【話題のカーシェア】タイムズカープラスなら月額基本料に無料利用分付き

 

利用料が安価であり、車種充実の「カレコ」

時間貸し駐車場「三井のリパーク」を主なステーションとする「カレコ」は、ステーション数が約1,100と「タイムズカープラス」には劣りますが、利用料が安価であることや利用できる車種が多彩であるというメリットがあります。

特に利用車種の充実には力を入れており、通常のコンパクトカーに加えて「輸入車」、「ミニバン」、「オープンカー」、「高級車(レクサス)」というラインナップをそろえています。2017年4月からは「キャンピングカー」も利用車種に含めるなど、利用用途に応じた車種選択ができるというメリットがあります。

スマホやPCでの専用画面で予約から貸出、納車まですべて可能という手軽さも評判が良いです。

車種ごとの利用レポートは下記記事にまとめていますので参考にしてください。

カーシェアリングのカレコにレクサスが登場!レクサスNX利用レポート

カレコのカーシェアリングはミニバンもお得!ヴォクシー利用レポート

カレコのカーシェリングはオープンカーも割安!ロードスター利用レポート

また、6時間の利用料が3,800円(距離料金なし)と「タイムズカープラス」よりも安価です。さらに、平日割引や長時間割引などの様々な利用料プランをそろえており、使い方によってはさらに安価となります。

↓ カレコを利用してみる ↓

 

最後に

いかがでしょうか。若者のクルマ離れや都市部への人口集中が進む背景もあり、カーシェアリングの需要が年々高まってきています。

車を所有する時代から、共同で利用する(シェアする)時代に移ってきたとも言えます。需要の増加に伴い、カーシェアリングサービスの一層の充実も見込まれます。

車の維持費を削減したいという方や車を維持する手間を減らしたいという方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大手10社を徹底比較!1番高く買い取る業者は

 

【買取金額】【会社規模】【接客対応】【販売力】でランキング!

最も評判の良い業者はどこなのか?


中古車買取大手10社をガチでランキング!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*