車の買取証明書って何?書面の内容を解説!ダウンロード書式付き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車の買取証明書とはどのようなものでしょうか?また、車の買取証明書とはどのようなときに必要になるのでしょうか?

自動車の買取証明書とは、読んで字のごとく「車」を「買い取った」という証明書であり、主に任意保険の中断手続の時に必要になる書類です。

本日は買取証明書の必要性から注意点、買取証明書の各項目、そして実際の買取証明書のフォーマットもダウンロードできる記事を用意しました。

それでは車の買取証明書について中古車業界に15年所属した筆者が紹介してまいります。

自動車の買取証明書とは?

下記が車の買取証明書の書式です。以下、順に説明いたします。

※こちらからダウンロードできます。編集してご自由にご利用ください。

買取証明書

任意保険の中断手続き時に買取証明書を求められることがある。

車の買取証明書が必要となる主なケースは車を売却した際に任意保険の中断をするため、保険会社に提出する場合があげられます。

車を売却して、しばらく次の車を所有する予定が無い場合は、加入していた任意保険の中断という手続きを取っておくことが望ましいです。なぜなら、中断という手続きを取っておくことで、一定期間以内(最長10年)にまた車を所有し、任意保険に加入する際には中断前の等級を引き継げて、保険料が割安になるメリットがあります。

この中断という手続きを取る場合に、保険会社から車を売却したという証明として買取証明書を求められるケースがあります。これは、車検証の名義がすぐ変わっていれば、名義変更後の車検証で対応できるのですが、通常名義変更には時間がかかるため、買取証明書で代用するというものです。最近は売買契約書でも対応してくれる保険会社もあります。

他には法人名義の車両で売却した証明書が必要という時に求められるケースがあります。法人で必要となるケースでも売買契約書で対応してもらえることもあります。

 

買取証明書の発行に費用は掛かるのか?

買取証明書の発行に費用は掛かりません。任意保険の中断を行うのであれば、売却時にその旨を業者に伝え、発行を依頼すれば無料で発行してもらえます。

前述しましたが、保険会社によっては売買契約書、もしくは保険会社指定のフォーマットで対応する会社もありますので、事前に問い合わせたほうがよいでしょう。

法人で必要になる際も、その旨伝えれば無料で発行してもらえます。

 

自動車の買取証明書の項目とは?

買取証明書の記載項目は下記のものが一般的です。

①車の所有者名
②車の使用者名
③車種名
④車の登録番号
⑤車の車台番号

特に難しい項目はありません。あくまで車の売却を証明するものとなり、車の値段などの項目はありません。

 

買取証明書に関する注意点

買取証明書はあくまで買取を行ったことのみを証明する書面ですので、いくらで買い取ったのか、もしくはどのような条件で買い取ったのかという書面ではありませんので、注意が必要です。

買取証明書とは公的な書類ではなく、あくまで買取を行った業者が買取を行ったということを証する書面となります。よく、税金の還付や自賠責保険の還付などに必要な書面と間違えられることがありますが、税金の還付や自賠責保険の還付に必要な書面は陸運局が発行する車検証(抹消証明など)となります。

自動車を譲り渡したという公的な書類は車検証となりますので、車検証上の名義が変更となっていれば車を売却したもしくは譲った証明となります

ただ、一般的に業者は車を買い取ってすぐに名義変更を行いません。なぜなら、名義変更には費用と手間を要するため、次の再販先が決まってから名義変更をすることが通常です。そのため、だいたい1~2カ月程度掛かります。

よって、名義変更をするまでの間に、買取をしたことを証する書面として買取証明書が用いられます。

これから、売却を考えている方は下記のような車一括査定サイトで大手買取店に査定を依頼することをおすすめします。大手買取店であれば、買取証明書の発行もスムーズに行えます。

↓かんたん車査定ガイドで査定依頼してみる↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

買取実績No.1のガリバー

中古車買取台数No.1のガリバー
スケールメリットを活かした買取に強み
世界規模の豊富な販路で高価買取



ガリバーとビッグモーターではどちらが車を高く買取するか

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*