車販売大手ネクステージの評判が悪い3つの理由を徹底分析!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ネクステージはジャンル毎に特化した販売店を多数展開するとともに、豊富な良質車を多数そろえることで、急成長してきました。

東海地方を中心に全国展開しており、国産車のみならず輸入車の販売も多数行っています。

「ジャガー」や「マセラティ」などの高級輸入車のディーラー権も持っており輸入車販売にも定評があります。

そんなネクステージですが、ネット上での評判はあまり良くありません。

評判が悪い理由は大きく下記3つです。

① 諸費用が高い
② 見積もりを出してくれない
③ オプションを強く勧めてくる

本日は、車販売大手ネクステージの店舗を実際に訪問した体験とともに、評判が悪い3つの理由についてみていきます。

 

評判の悪い理由① 諸費用が高い

ネクステージで車を買う際の諸費用が高い!という評判があります。

ネクステージは車両本体の価格を他社よりも若干安く設定する一方、諸費用で収益を見込む戦略です。

諸費用とは、車の登録手続き費用や整備費用などを言い、金額は中古車販売店によってまちまちです。

ネクステージで車両価格200万円くらいの車を購入する場合は、諸費用がだいたい25~35万円発生します。

中古車販売店によってどのくらいの諸費用が発生するかは、カーセンサーネットで確認することができます。

カーセンサーネットでは「車両本体価格」と「支払総額」の表示があり、支払総額から車両本体価格を引いたものが諸費用となります。(支払総額を表示していない店もあります)

一例ですが、カーセンサーネットで平成30年式 フリード 1.5G ホンダセンシング(新古車)で検索すると、下記となっています。

諸費用
他社 15万円 
ネクステージ 18.6万円

①カミタケモータース 【支払総額214.8万円-車両本体価格199.8万円=諸費用15万円

②ネクステージ 【支払総額218.5万円-車両本体価格199.8万円=諸費用18.6万円

中古車の場合、ネクステージは支払総額を掲載していません(平成31年1月現在)ですが、ネクステージの諸費用は他社よりも高めです。

ネクステージの諸費用やローン金利についての詳細は下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

ネクステージの中古車は高い?諸費用やローン金利ってどうなの?

 

評判の悪い理由② 見積もりを出してくれない

ネクステージは車の見積もりをお願いしても、なかなか出してくれません。

実際に筆者もネクステージの店舗に行って、購入時の見積もりをお願いしましたが出してもらえず、だいたいの総額を口頭で伝えられただけでした。

ネクステージが見積もりを出したがらない主な理由は、見積書を持って他社と比較されるのを防ぐためです。

また、見積もり書を簡単に出してしまうと、その時点で帰られてしまう(商談が終わってしまう)ことが多いため、見積もりは簡単にださず、じっくりと商談をして買う気にさせる意図もあります。

とりあえず、諸費用を含めた総額を見て検討したいという方には、見積もりを簡単に出してもらえないことで不満につながることがあるようです。

 

評判の悪い理由③ オプションを強く勧めてくる

ネクステージでは、販売時のオプションを強く勧めてくることが多いです。

ここでいうオプションとは、コーティングや保証のことです。

ネクステージは車両本体価格を安めに設定して、諸費用で収益を見込むという戦略のため、諸費用の中のオプション収益の拡大に力を入れています

ネクステージが提供しているガラスコーティング「弾スプラッシュコーティング」はプリウスなどの乗用車クラスで80,800円、ヴォクシー・セレナなどのミニバンクラスで99,800円という価格(平成31年1月現在)です。

「弾スプラッシュコーティング」は自社開発しており、性能は良いとのことですが、外装の状態にこだわりがない人には、大きな出費です。

また、保証についても3年の保証で約10万円となり、安くはない金額です。

支払総額を安く抑えたい!という方には、高額なオプションを強く勧められることで、ストレスを感じることが多いようです。

 

評判の悪い実際の口コミとは

口コミ① オプションを付けないと売ってもらえないの?

ネクステージのオプションについて。
先日、ネクステージに車を見に行きました。新車という事で、ナビもマットも付いていない状態でした。

ネクステージは諸費用やオプションが高いとは聞いていたので、ナビやマットなどは付けずに必要最低限の登録に掛かる費用(乗り出し価格)だけで購入して、あとから自分で好みの物をゆっくり購入して取り付ければ良いと思い、その旨を店員さんに伝えてお見積りをお願いしました。しかし、ナビやマットどころか、コーティングや有料保証も勧められ、なかなか見積もってくれません。最終的には口頭で大体の総額を教えてもらったのですが、紙では貰えませんでした。この雰囲気だとコーティングや有料保証を付けなければ売ってもらえないようにも感じました。

そこで質問ですが、ネクステージでオプションなし(登録に掛かる最低限の乗り出し価格)で購入された方はみえますでしょうか?
グーネットやカーセンサーでネクステージの出品車両を見ると販売店によっては総額表示してある店舗もありますが、その総額はコーティングや有料保証のない登録に掛かる最低限の乗り出し価格での表示になっています。それならば、オプションなしでも購入可能だと思うのですが・・・。まして、コーティングや有料保証のオプションが強制ならば、抱き合わせ販売にあたり、違法販売にあたります。YAHOO知恵袋より

筆者の見解

コーティングや有料保証は強制ではなく、オプションなしでの購入も可能です。ただ、ネクステージではコーティングや有料保証を強く勧められるため、それらが不要であればはっきりと断ったほうが良いです。

また、ネクステージでは商談の内容がかなり詰まっていないと、なかなか見積書を出してもらえません。

見積書がとにかくほしい場合は、「決裁者に見せるために書面が必要」とか「金融機関のローン審査のため必要」と伝えると、出してもらえます。

 

口コミ② ガラスコーティングはやり直してくれるの?

ネクステージの「弾スプラッシュコート」について教えて下さい。

中古車を買いました。サービスだと言っていた コーティングやフロアマット代金が諸経費に入っていたり、頼んでもない希望ナンバー・3年保証・搬送費用が付いたりで、車体価格+70万円も取られました。いざ車を見てみると、キレイにはしてあるけど とても84000円のコーティングがしてあるとは思えないので、タバコの外装フィルムに指を入れて ボディをなぜたら凸凹感が凄くありました。知り合いに聞いたら「下地処理がしっかりやってないから、鉄粉がとれてない」との事でした。このような場合、どうしたらいいのでしょうか?「弾スプラッシュコートの証明保証書」はあります。ネクステージに言っても、しっかりやってあるからと言われたら それまででしょうか。84000円もしたので、しつかりやり直して欲しいです。証明する方法はないでしょうか?YAHOO知恵袋より

 

筆者の見解

コーティングの証明保証書がある以上、しっかりとした施工がされていない場合は、やり直しをしてくれるはずです。

ただ、ネクステージの基準上では問題なく施工済、と主張されると反論が正直難しいです。下地処理がしっかりとされていない、という知り合いの見解を正直に伝え、交渉するしかないと思います。

 

口コミ③ ネットの見積もりより30万円高い?

ネク◯ステージについて

先日ネク◯ステージで中古車を見てきたのですが店員が頼んでもいないオプションを付けて見積もり書を出してきます。特にガラスコーティングについてはいらないと言ってもしつこく迫ってきます。ガラスコーティングしなければ売れない理由でもあるのでしょうか?また、今回ネットで見積もりした時と比較して30万円も高くなっていました。他の会社も同様でしょうか?よろしくお願いします。YAHOO知恵より

 

筆者の見解!

ネクステージは自社開発の「弾スプラッシュコート」を強く推奨しているため、しつこく営業されるケースが多いです。

ただ、ガラスコーテイングをしなければ売れない(購入できない)ということは無いため、不要であればはっきり断ったほうが良いです。

ネットで見積もりをした時に比べて30万円も高くなっていたというのは、ガラスコーティングや有料保証が付いているためと思われ、それらを外せばネットの見積もりに近くなると思われます。

 

口コミ④ メーカー保証の引継ぎはできないの?

ネクステージという中古車店で新古車の見積もりを取ったときの話です

グループ独自のサービスサポートなるものが付いていて、メーカー保証と同じ様なものだと言われました

まだ登録から4ヶ月の新古車なら、メーカー保証の継承が出来そうな気がしたのですが、聞いても費用や手続きがあるから対応しないという様な回答でした
(まず、継承の仕方って知ってますか?という返答されましたが、知らなかったら説得する気だったのかと疑問に思いました)

これらのやりとりから、商談保留にしています

ここで新古車買われた方で、継承出来た方はいらっしゃいますか?
一応、ホームページには出来ると書いているみたいです YAHOO知恵より

 

筆者の見解

新車登録から4ヶ月の新古車であれば、メーカー保証の継承は可能です。メーカー保証の継承は、新車時の保証書があれば個人でも簡単にできるため、個人で行うことをお勧めします

購入したメーカーの販売店に訪問し、依頼すれば1~2日間で完了します。作業時時間はだいたい1~2時間程度です。費用も1~2万円程度です。

新古車であれば、メーカー保証が簡単に引き継げ、また壊れる確率も低いことから、ネクステージの有料保証に追加で加入しなくても良いと思います。

 

最後に

ネクステージは中古車販売を中心に拡大してきましたが、近年は中古車買取にも力を入れています。ただ、中古車買取は後発であり、提示される価格は「ビッグモーター」や「ガリバー」に比べると劣る印象です。

ネクステージの販売店で購入する際も、下取りとして査定してもらえますが、実際に乗り換えをする際は、複数の買取店を比較することをおすすめします

値引きと合わせて下取り額を提示されることもありますが、単純な買取価格では「ビッグモーター」や「ガリバー」のほうが高い価格を提示することが多いです。

「ビッグモーター」や「ガリバー」に査定依頼する場合は、カーセンサーネットを利用すると簡単に絞り込んで依頼できます。リクルート社が運営しており、実績もあります。

↓ 複数買取店を検索してみる ↓

 

複数買取店を比較するのは面倒だという方は、ユーザーの車を複数買取店が入札方式で競り合うという「ユーカーパック」というサービスもあります。

複数買取店に個人情報が流れず、交渉する手間が無いのと、ハマれば高く売れるとの評判があります。

↓ ユーカーパックに査定依頼してみる ↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*