ネクステージの中古車は高い?諸費用やローン金利ってどうなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中古車販売店大手「ネクステージ」の中古車は高いのでしょうか?安いのでしょうか?

また、販売時の諸費用やローン金利についても気になるところです。

結論から言うと、車体本体価格は安めだが、諸費用やローン金利は高めです。

また、オプションや有償保証が高額であり、全て付けると支払総額が高額になるという口コミがあります。

本日は、ネクステージの販売店を実際に訪問した感想を含めて、ネクステージで中古車を購入する際におさえておきたいポイントをみていきます。

 

ネクステージとは

ネクステージは、平成10年設立と若い企業でありながら、売上高1,000億円を超え(2017年11月期)東証一部に上場する中古車販売買取大手です。

名古屋発祥のため、東海地方に店舗が多いですが、全国にも進出しており関東や関西にも販売店を多く展開しています。

SUVLANDというSUVに特化した販売店を多数出店し、SUVの在庫日本一を掲げています。

また、アウディ、ワーゲン、ボルボ、ジャガー、マセラティなどの正規代理店となっており、正規ディーラーを運営することで、幅広い顧客層にアプローチしています。

 

ネクステージの諸費用は高め

ネクステージは車両本体価格を若干安めに設定するかわりに、諸費用を高めにして、諸費用で収益を上げる戦略です。

200万円クラスの車での諸費用はおおよそ25~35万円であり、名義変更手数料や整備費用が他社よりも高めです。

オプションとして、コーティングなどを付けるとさらに高額となります。

また、保証は有償となり3年で約10万円とのことで、オプションや保証を付けると消費用がかなりふくらみます。

ネクステージの各在庫の諸費用がどのくらい発生するかは下記カーセンサーネットで確認できます。

検索で「ネクステージ」で絞り込むとネクステージの在庫が確認でき、支払総額から車両本体価格を引いた金額が諸費用となります。

↓ ネクステージの在庫を確認してみる ↓


交渉可能!ネクステージのローン金利

ネクステージのローン金利の基準は9.8%ということで、銀行系やデイーラーなどの低金利ローンに比べると高いです。

ただし、この金利は交渉により下げてもらうことが可能です。

ネクステージの営業に直接話を聞いたところ、9.8%はあくまでベースであり、契約者の信用情報(収入、他社借り入れ、ローン支払い遅延などの情報)に問題が無ければ、より安い金利も選択できるとのことです。

安い金利とは5.9%~6.9%とのことです。ちなみに、ネクステージの提携しているローン会社は信販会社の「ジャックス」、「オリコ」などです。

ただ、ローン金利を交渉しても、銀行系などの低金利のローンまでは安くなりません

ネクステージのローン金利が高いのは、ローン収益の一部がネクステージにキックバックされ、ネクステージの収益となっているためです。これは他の販売店でも同じです。

 

ネクステージでローンを組むと手続きがラクというメリットがありますが、金利の支払い総額を抑えたい場合は、金利の安いオートローンを選択したほうが良いです。

銀行系は金利が安いものの審査に時間が掛かり、手続きも面倒というデメリットがあります。そんな中で、手続きもラクで金利も安いという「ジャパンダ・ネットマイカーローン」というローンがあります。

損害保険大手の損害保険ジャパンが提供しており、金利が1.90~2.85%と安く手続きもネット上で簡単にできるという特徴があります。購入時のローンを検討している方は、試してみてはいかがでしょうか。

↓ジャパンダ・ネットマイカーローンで審査依頼してみる ↓

 

あまり熱心ではない?ネクステージの接客対応

先日ネクステージの販売店に実際に訪問してみましたが、店舗外はもとより店舗内に入っても、誰からの挨拶や声掛けもありませんでした。

受付にいた女性に車を見たいと告げると、営業マンが出てきて、「車は立体駐車場にありますから自由に見てください、車の室内が見たくなったらカギを開けるのでまた声をかけてください」とのことでした。

スーツでふらっと訪問したため、見込みが全くないと思われたのか、熱心ではない対応でした。

営業マンにつきまとわれるのはイヤ!という方には良いかもしれませんが、車の内容を詳しく知りたいという方には物足りないと思います。

ネット上の「みん評」や「ヤフー知恵袋」を見ても、あまり良い評判がありません。

営業マンによるのかもしれませんが、ガリバーやビッグモーターに比べると接客対応は劣る印象です。

 

ネクステージの保証は

ネクステージの保証は有償となり、最長3年となります。

その内1年間はランプ等の消耗品も対象となります。また、オイル交換も無料(2年保証は4回、3年保証は6回まで)となります。

ネクステージの保証の特徴としては、修理はディーラーでも対応してもらえることです。ネクステージの事前連絡が必要となりますが、不具合が起きた際に、ディーラーで修理対応してもらえることは安心です。

上記のような特徴はあるものの、保証料が3年で約10万円と高額であるため、国産車であれば付けなくても良いかと思います。

 

モノは良い!ネクステージの中古車

ネクステージは状態の良い車を厳選して展示しているということで、中古車の質は良いです。

展示場は立体駐車場など屋根があるところが多く、保管状態が良いです。

また、ネクステージはSUVの在庫日本一を称しており、SUVの在庫に力を入れています。アルファードやハリアー、エクストレイルなどの人気車種を多数在庫としてそろえています。

しかも、未使用車が多く、現行モデルの高年式車も多いです。大手中古車販売店でもここまで多数そろえているところはありません。

一方、アウトドア大手のスノーピークと提携し、スノーピークのアウトドアグッズの販売も行っています。

店舗も従来の中古車販売店には無い、キャンプ場のような凝った作りになっています。

 

ネクステージの口コミは?

口コミ① オプションはキャンセルできるの?

ネクステージで車を契約したのですが、後悔しています。

いまさらネットで評判をみてみると一つもいいことを書かれていることがありません。

他の方と同じように車輌価格200万弱でみつけのですが、勝手に色々オプションをつけられ、見積もりは290万円。

さすがにおかしいと色々削り260万円になりました。

ガラスコーティングは絶対につけないと損するとまで言われ10万円のオプションをうけることに。

契約書記入の際も、他店舗にある為まだみてもないのに内外装にキズ等はなかったとかにチェックを入れさせられそうになったり(さすがに断りましたが)

しかし、車が壊れてしまい緊急で必要だったこと、子供が愚図るので早く帰りたかったことから契約に至ってしまいました。

これってキャンセルとか出来ないですよね?

もしくはオプションだけでも外せないでしょうか?

窓の撥水コートも2万、盗難防止セキュリティ6万円、アンダーコート5万円も妥当なのでしょうか? YAHOO知恵袋より

 

筆者の見解!

ネクステージは諸費用や付帯サービスで収益を見込む戦略であるため、コーティングなどのオプションを積極的にすすめてきます。

オプションや保証は任意のため、総額を抑えたいのであれば外したほうが良いです。

 

口コミ② ネクステージのオプションについて。

先日、ネクステージに車を見に行きました。新車という事で、ナビもマットも付いていない状態でした。

ネクステージは諸費用やオプションが高いとは聞いていたので、ナビやマットなどは付けずに必要最低限の登録に掛かる費用(乗り出し価格)だけで購入して、あとから自分で好みの物をゆっくり購入して取り付ければ良いと思い、その旨を店員さんに伝えてお見積りをお願いしました。

しかし、ナビやマットどころか、コーティングや有料保証も勧められ、なかなか見積もってくれません。最終的には口頭で大体の総額を教えてもらったのですが、紙では貰えませんでした。この雰囲気だとコーティングや有料保証を付けなければ売ってもらえないようにも感じました。

そこで質問ですが、ネクステージでオプションなし(登録に掛かる最低限の乗り出し価格)で購入された方はみえますでしょうか?

グーネットやカーセンサーでネクステージの出品車両を見ると販売店によっては総額表示してある店舗もありますが、その総額はコーティングや有料保証のない登録に掛かる最低限の乗り出し価格での表示になっています。それならば、オプションなしでも購入可能だと思うのですが・・・。まして、コーティングや有料保証のオプションが強制ならば、抱き合わせ販売にあたり、違法販売にあたります。

もし、オプションなしで購入された方がみえましたら、コツというかテクニック的なものがあればご教授願います。YAHOO知恵袋より

 

筆者の見解!

ネクステージの販売方針として、安易に見積もりを提示しないことがあげられます。

これは、細かい見積もりを出して、他店と比較されるのを防ぐねらいがあると考えられます。

また、ネクステージではコーティングや有料保証をあらかじめ入れた見積もりを提示されますが、それらは強制ではないため、総額を安くするためには外したほうが良いです。

 

最後に

ネクステージは高品質の中古車を特徴ある店舗で提供していますが、諸費用やオプションが高めです。

ネクステージでは、諸費用やオプションでの収益を見込む戦略のため、コーティングや保証を積極的にすすめてきますが、総額を安く抑えたい場合は、外したほうが良いです。

また、今乗っている車の売却を合わせて検討している場合は、ネクステージの下取りに出す前に、複数買取店を比較したほうが良いです。

そのほうが高く売れる確率が高まります。

査定依頼する場合は、下記カーセンサーネットを利用すると簡単に大手買取店を絞り込んで依頼することができます。

筆者の経験上、最も高く買い取る確率が高い「ビッグモーター」を含めて比較することをおすすめします。

↓ 大手買取店を検索してみる ↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*