中古車販売大手5社をランキング形式で徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中古車の購入を検討しているけど、どこの店で検討するのが良いか迷っていませんか?

ロードサイドには実に多数の中古車販売店がありますが、信用度の高い大手の販売店を選ぶ人は多いです。

大手販売店は在庫を多く持っているため、希望する車が見つかる可能性も高いです。

ただ、大手販売店といっても一長一短があり、どこが良いのかわかりづらいです。

そこで、業界を代表する中古車販売店大手5社をランキング化し、各社の特徴と購入時の注意点をまとめました。

結論から言うと、買取を含めた総合的にはビッグモーターが優位です。

一方で、販売価格(車両総額)はケーユーが安価な傾向にあります。

本日は、中古車業界に15年所属した筆者が、直近での評判や知り合いの中古車業者の話を参考にして、大手5社を比較していきます。

 

中古車販売大手比較ランキング

下記に年間の売上高1,000億円以上である中古車販売大手5社をランキング表にしました。

こちらの表は、筆者が実際に店舗を利用した経験とともに、直近での業界関係者からの評判をもとに作成しています。

ちなみに筆者はこちらの5社の出身ではありません。

ランキング表の右端には参考として2022年オリコンランキングも表示しています。

※各5点 20点満点

1位 ビッグモーター

ビッグ

年間売上高約7,000億円と業界ナンバー1であり、自社在庫も約5万台と圧倒的に規模が大きいです。

ガリバーやネクステージと異なり、同一形態の大型販売店を全国に展開しており、各展示場に数百台という在庫の豊富さから希望する車が見つけやすいということと、色々な車種を実際に見ながら検討できるというメリットがあります。

大型販売店には最新設備を備えた整備工場を併設しており、整備を迅速に対応できるというメリットもあります。

一方で、販売時の諸費用は高めであり、有償の保証やオプションをつけると総額が高めとなる注意点があります。

車検については、基本の料金は安めであるものの、追加作業が高めであり、すすめられるままに作業を依頼してしまうと思わず高額になることがあります。

ビッグモーターの全体的な評判と、車検時の詳細については下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

元業界人がここだけで教えるビッグモーターの評判は?

【体験談】ビッグモーターの車検は安いと聞いてたけど実際高かった

 

2位 ネクステージ

ネクステージ

ガリバーやネクステージに比べて後発であるにもかかわらず、急速に規模を拡大しており、2022年11月期の売り上げ予想は3,800億円とガリバーに迫る勢いです。

「SUV専門」、「輸入車専門」などのカテゴリごとに特化した販売店を展開しており、店舗の内装も様々です。

店舗はキッズスペースが充実しており、家族連れに適した設計とされています。

在庫の特徴としては、高年式・走行距離が少ないという良質車を中心にそろえており、質の高さをウリにしています

一方で、諸費用は高めに設定されており、有償の保証やコーティングなどのオプションも高めです。

ネクステージはコーティングも自社で開発しており、オプション販売に注力していますが、営業マンによっては強引に勧められるケースもあり、注意が必要です。

ネクステージの全体的な評判と、コーティングの詳細については下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

ネクステージの中古車は良質だけど諸費用とローン金利が高めで要注意

ネクステージのコーティングはつけるべき?価格や評判を解説

 

3位 ケーユー

ケーユー

創業50年を誇る老舗の中古車販売店であり、長年の実績からのサービス提供には定評があります。

特徴としては、車両価格が安めであるとともに、販売時の諸費用についてもビッグモーターやネクステージに比べて安めです。

車両の仕入れは、オートオークションからの仕入れがメインですが、状態の良い車両を選択して仕入れているため、内外装の質が良いです。

質の良い中古車をできるだけ安く買いたい!というユーザーに適しています。

また、アフターフォローが良いという評判があり、オリコンの口コミでも第3位にランキングされています。

一方で、ケーユーの店舗数は30店舗(2022年11月現在)でありエリアも関東・北陸・東北・北海道の一部と限定されており、ビッグモーターやガリバーと比較すると店舗網が狭いです。

ケーユーについて詳しくは下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

創業50年ケーユーの評判は?メリット・デメリットを解説

 

4位 ガリバー

長年中古車業界を引っ張ってきたガリバーですが、近年は販売にも注力しています。

ガリバーもネクステージ同様に「SUV専門」、「輸入車専門」、「軽自動車専門」、「ファミリカー専門」などカテゴリごとに特化した販売店を展開しており、店舗のつくりも様々です。

中でも輸入車専門店「LIBERALA」の展開に力を入れており、輸入車販売台数を年々増やしています。

販売店の在庫車両は自社での買取車両がメインですが、車両価格は他社販売店に比べて高めであり、販売時の諸費用も高めとなっています。

また、基本的に買い取った車をそのまま展示しているため、内外装に損傷がある車もそのままの状態となっています。

ガリバーは小規模の買取店でも販売に力を入れていますが、販売後のアフターフォローは提携工場での整備となるため、時間を要するという注意点があります。

一方で、接客対応に力を入れており、若手に集中的に研修を行うなど、全社で教育に力を入れています。

ガリバーの全体的な評判と、輸入車専門店「LIBERALA」について詳しくは下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

元業界人が教える!ガリバーの悪い評判・口コミは真実か?

リベラ―ラは諸費用や保証が高めだけど評判の良い5つの理由とは

 

5位 オーバックスカーズ

カー用品販売や車両メンテナンスで有名なオートバックスですが、近年は販売にも力を入れています。

全国約400の提携店で車を購入することができますが、個々の店舗での在庫車両は少なく、画像を確認しながらの商談がほとんどです。

オートバックスで購入するメリットは、カーナビやドラレコ、アルミなどの社外品を自分好みに取り付けられるというメリットがありますが、特にこだわりがない方へのメリットは正直薄いです。

一方で、接客対応が良いという評判があり、オリコンランキングでも1位となっています。

普段よりオートバックス店舗を利用するという方には、購入とともに各種サービスもあり、メリットがあります。

 

ローン金利は各社高め

購入時にローンを組んで購入する場合の金利は、上記各社とも9%前後であり高めです。

営業マンとの交渉により、金利を下げてもらえる場合もありますが、下げられても6~7%であり、銀行系やディーラーのローンに比べると高めです。

中古車業界では長年の慣習により、ローン金利のキックバックが大切な収益源となっているため、各社とも簡単には金利を下げてくれません

ローンを組むのは必ずしも購入店でなくても良いため、支払総額を抑えるには金利の安いローンを組むことをおすすめします。

ただし、銀行系の安いローンは審査が厳しいとか手続きが面倒といったデメリットもあります。

 

買取はネクステージに勢いあり

上記販売大手は在庫確保のために買取にも注力しています。

中でも、ネクステージは自社の販売好調により、中古車買取にかなり力を入れており、買取台数を下記のように急激に伸ばしています。

直近では2022年12月~2022年8月の9カ月間で、前年実績を上回っており、2022年11月期の年間では約15万台に迫る勢いです。

直近では、安と新車の納期遅れにより、中古車相場が非常に高騰しており、ネクステージの希望在庫に沿うような、高年式・走行距離が少ないという良質車であれば特に高値が提示されます。

よって、車の乗り換えや売却を検討している方はネクステージを含めて数社比較することで、高値で売却できる可能性が高くなります。

一方で、年式が古いとか走行距離が多いなどの次に販売しづらい車はネクステージやビッグモーターは積極的に高値を提示してきません。

そのような場合は、オークション販売に強い「ユーポス」や「ラビット」を含めて比較することをおすすめします。

大手買取店を比較する場合は、下記カーセンサーネットを利用すると、簡単に買取店を絞り込んで依頼することが可能です。

複数買取店を比較するのが面倒という場合は、1社への査定依頼も可能です。査定料や成約料は無料です。

査定依頼は下記公式サイトより可能です。

カーセンサーネット公式サイト

 

最後に

世界的な半導体不足による新車の納期遅れにより、中古車需要が高まっており、中古車販売店大手の販売は軒並み好調です。

中古車相場の高まりにより、中古車販売価格も高めになっていますので、購入時に少しでも支払いを抑えるには、諸費用やオプションをなるべく安く済ませることがポイントとなります。

各社とも諸費用やオプションは重要な収益源のため、営業マンによっては強く勧められる場合がありますが、不要なものはしっかりと断ったほうが良いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

加盟店数NO1のカーセンサーネット!メールのみでのやり取りも可!

大手買取店を含む多数の買取店を絞り込んで依頼可能!

新車納期遅れ&急激な円安により中古車相場高騰で高く売るなら今


【2022年版】車買取大手10社を徹底比較!最も高く買取る業者は

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*