自動車ローン

残クレを契約する前に絶対に知るべきデメリット5つ

トヨタや日産などのディーラーで車を購入する際に、残クレ(残価設定型ローン)での購入を検討していませんか?

各ディーラーは月々の支払いが安いことを理由に残クレでの購入を積極的に勧めてきます。

ただし、残クレにはデメリットがあり、ローン契約をする前に必ずおさえておきたいです。

残クレのデメリットは大きく下記5つです。

デメリット① ローン利息が高い
デメリット② 残価が安め
デメリット③ 走行距離の制限がある
デメリット④ 終了時に追加精算金が発生する場合がある
デメリット⑤ 所有権がつく

上記デメリットの中で最も重要なのは「ローン利息が高い」ということです。

残クレはローン契約満了時に一定の金額を残価として据え置きますが、据え置いた残価に対しても利息が発生し、支払総額が通常のローンより高額となります

本日は、ディーラーでの購入時に残クレ(残価設定型ローン)を組む前におさえておくべき5つのデメリットを中心に見ていきます。

 

続きを読む

ビッグモーターのローン金利は高い?利息を39万円節約する方法とは

ビッグモーターで車を買う際に組むローンの金利は高い!という口コミがネット上に多くあります。

ビッグモーターに限らずガリバー、ネクステージなど中古車販売店大手のローン金利は8~9%と割高です。

世間は低金利にもかかわらず、長年に渡り中古車販売店大手のローン金利水準は高いままです。

それでも、販売店の営業マンに勧められるままにローンを組む方は多いです。

そのローンを金利の安い別な所で組むだけで、利息の支払いが安くなります

仮に200万円を5年(60回)のローンで組むと、金利が2.9%と9.9%では下記のように約39万円も支払う利息の差が出ます。(銀行系のローン金利を2.9%と仮定)

本日は、ビッグモーターでローンを組んだ人の口コミや評判をふまえて、ローンを組む際の注意点とともに金利の安いローンを紹介します。

 

続きを読む

オトロンで自社ローン契約前に知るべき4つの注意点を解説!

貸金業の免許を持たない中古車販売店が、独自の判断(審査)で車の購入代金を分割払いで受け付ける方法を「自社ローン」と言います。

「自社ローン」を提供する中古車販売店は貸金業の免許を持たないため、金利は取れません。そのため、金利を得る代わりに車両本体価格を高めに設定することが多いです。

関東圏を中心に「自社ローン」を提供する「オトロン(旧くるまのミツクニ)」では、審査通過率95%という高い通過率の「自社ローン」を背景に、銀行や信販会社のローン利用が難しい方を中心に利用者を増やしています

また、自社ローンを提供している中古車販売店は比較的規模が小さい所が多いですが、オトロンでは、在庫台数約500台という多数の在庫から選べるという特徴もあります。

ただ一方で、車両本体価格が高めという注意点があります。

本日は、「オトロン」の自社ローンや販売時の特徴・注意点について、中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む

27万円も差がつく!金利が安く手続きも簡単なオートローンを紹介

車の購入を検討していて金利の安いオートローン(自動車ローン)を探していませんか?

中古車販売店の信販会社系オートローンの金利は5~8%程度と高いです。

一方、銀行系のローンは2~3%と安いですが、審査が厳しいとか手続きが面倒といったデメリットがあります

中古車販売店で勧められるオートローンの金利を細かく気にする人は意外と少ないです。

仮に200万円を6年「72回払い」でローンを組むと、金利6.9%と2.85%では支払利息が約27万も変わります。

27万円というと、ナビやホイールなどのオプションを追加したり、最新の家電を購入したり、あるいは家族旅行に出かけたりすることもできるかと思います。

販売店に勧められるままに金利の高いオートローンを契約をする理由のひとつに「手続きの簡単さ」ということがあります。銀行で面倒な手続きをするくらいなら、手間が少ない販売店のオートローンを契約するという方は多いです。

そこで、本日ご紹介するのは、信販会社系オートローンと銀行系自動車ローンの良いとこ取りをしたような、金利が安くて手続きも簡単という損保ジャパンの「ジャパンダ・ネットマイカーローン」です。

オートローンは金利によって、総支払額が大きく変わってきます。手続きが面倒だからといって、販売店に勧められるままにローン契約をしてしまうのはもったいないです。

今回、実際に「ジャパンダ・ネットマイカローン」に申し込みをし入金完了までの手順を紹介するとともに、金利の安いオートローンを選択するメリットを参考にしてもらえたらと思います。

 

続きを読む

頭金なしの自社ローンで100%買える?メリット・デメリットを解説

「ローン審査が通らない方でも大丈夫!」とか、「過去に破産していても問題なし!」という自社ローンの宣伝を見かけることはないですか?

中古車販売店独自の審査で、分割払いを受け付けてくれる仕組みを「自社ローン」といいます。

自社ローンは中古車販売店の独自判断で行うため、携帯料金の遅延や他社での借り入れが多いなどの理由で大手信販会社のローンが通らない方でも、分割支払いでの購入ができるというメリットがあります。

提供している中古車販売店の中には、「頭金なし、100%購入OK!」と記載されているところもあります。

一方デメリットとしては、手数料が高めであることや所有権が付く、保証人が必要になるということがあります。

ちなみに、「ガリバー」や「ビッグモーター」、「ネクステージ」などの大手中古車販売店は自社ローンを扱っていません。

本日は、近年取り扱う中古車販売店が増えてきている「自社ローン」についてメリット・デメリットをみていきます。

 

続きを読む

ガリバーのローン金利は高すぎ?利息を50万円安くする方法は

中古車買取で有名なガリバーは、販売も日本一規模です。そんなガリバーで中古車を買う時のローン金利は高いのでしょうか。

結論から言うと、ガリバーのローン金利は実質年率9.8%(ガリバーHPより)ということで高めです。

一例ですが、仮に179万円を7年(84回)ローンで組むと、金利9.8と金利2.8%では下記のように利息総額で約50万円もの差が出ます。(金利の安い他社自動車ローンを金利2.8%と仮定)

一方、ガリバーでローンを組むメリットとしては、下記4つがあります。

メリット① 手続きがラクで審査が通りやすい
メリット② 最大84回まで支払回数が選択できる
メリット③ 買取保証でローンを組める
メリット④ 今乗っている車のローン残債もプラスしてローンを組める

また、2020年9月からは「ガリバースマートローン」という、自動車ローンの利用が困難な方向けの新しいローンサービスも開始し、幅広い利用者層にアプローチしています。

本日は、ガリバーでローンを組むメリットと、実際の口コミや評判をみていくとともに、利息の支払いを抑えるための金利の安いローンを紹介していきます。

 

続きを読む

中古車販売店のローン金利は高い!銀行ローンや自社ローンと徹底比較

中古車の購入を検討していて、現金支払いではなく自動車ローンを組むことを検討していませんか?

中古車購入時には販売店でオリコなどの信販系自動車ローンをすすめられますが、中古車販売店の自動車ローン金利は7~9%程度と割高です。

中古車販売店の自動車ローン金利が高いのは、中古車販売店のマージン(収益)が上乗せされているからであって、金利だけを考えると銀行系の自動車ローンを利用するほうが良いです。

一方、銀行や保険会社などが提供している自動車ローンは金利が2~3%程度と安いです。

ただ、銀行系の自動車ローンは「審査が厳しい」とか「手続きが面倒」というデメリットが存在します。

また、「ローンが通らない方も大丈夫!」という広告を掲げる中古車販売店の「自社ローン」という方法もあり、それぞれのメリット・デメリットが気になるところです。

本日は中古車販売店ですすめられる自動車ローンや銀行等で取り扱う自動車ローン、中古車販売店の自社ローンの違いとともに、ローンを組む際の注意点について、中古車業界に15年所属した筆者が紹介していきます。

 

続きを読む

36万円も差が出る!プリウスをローンで買う時の4つのケースを分析

プリウスをローンで購入する時に注意するポイントはあるのでしょうか?

ローン金利以外にも注意すべきことはあるのでしょうか?

プリウスを買う時に利用するローンは大きく下記4つのケースがあります。

それぞれに特徴があり、メリット・デメリットがあります。

① 中古車販売店のローンを利用する
② 新車ディーラーのローンを利用する
③ 銀行や信用金庫のローンを利用する
④ 中古車販売店の自社ローンを利用する

販売店で勧められるローンを金利の安いローンに変更するだけで、支払総額が約36万円も安くなる場合もあります。

本日は、プリウスをローンで購入する際のポイントについて中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む