25万円も差がつく?ディーラーでローンを組む時の3つの注意点とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トヨタや日産などのディーラーで車を購入する際に、ローンでの購入を検討していませんか?

その際に、注意しておくべきポイントなどはあるのでしょうか。

ディーラーでローンを組む時に、おさえておきたい注意点は下記3つです。

注意点① ローン金利の詳細
注意点② 車に所有権が付く
注意点③ 残価設定の条件

ローンの金利については、トヨタのホームページ上では実質年率5.9%となっており、銀行や農協の金利の安いローンに比べると割高です。

ディーラーのローン金利は銀行や農協の金利よりは高く、中古車販売店の金利よりは安いというところです。

下記表のように、一例ですが銀行系のローン金利2.9%とトヨタのローン金利5.9%では、支払の総額が大きく変わってきます。

仮に、300万円のローンを5年間で組むと、下記表のように支払総額で約25万円も変わってきますので注意が必要です

金利 支払利息
2.9% 226,372円
5.9% 471,541円
差額 245,169円

また、ディーラーでローンを組む場合の注意点として、所有権が付く(車検証上の所有者がディーラーの名前になる)ということがあります。

本日は、ディーラーでの購入時にローンを組む前におさえておきたい3つの注意点を見ていきます。

 

ディーラーでローンを組むときの3つの注意点

ディーラーでローンを組むときの2つの注意点は、「ローン金利の詳細」と「所有権が付く」ということです。それぞれ見ていきます。

注意点① ローン金利の詳細

ディーラーのローン金利は、ガリバーやビッグモーターなどの中古車販売店大手よりは安いものの、銀行系のローン金利よりは高めです。ちなみに中古車販売店大手のローン金利は8~9%というところが多いです。

なぜ、高いかというと、ローンの収益はディーラーの大きな収益源となっているためです。自動車販売業界では、新車・中古車問わず、ローン金利の一部は販売店の収益となっており、どの程度収益として見込むかは販売店に任されています。

例えば、顧客向けに5.9%で提供しているディーラーのローンについて、金融機関から2.9%で借り入れている場合は、その差額の3%分はディーラーの収益となります。

ただ、ディーラーは各地域によって販売会社が異なり、ローン金利は販売会社の裁量によって決められているため、金利が高いところもあれば、安いところもあります。

安いところでは、3%台のところもあります。

ディーラーの営業マンによっては、商談時に月の支払額のみしか説明されず、金利については説明がほとんどされないこともありますので、しっかりと金利の詳細を確認することが重要です。

 

注意点② 車に所有権が付く

ディーラーでローンを組むと、ほとんどの場合、所有権が付きます。所有権が付くというのは、車検証上の所有者名の欄にディーラーの名前が入り、車の所有者はディーラーになるということです。

購入者は使用者欄に名前が入り、車の使用者になります。

所有者がディーラーとなるということは、車を売ろうと思った時に勝手には売れず、ディーラーに連絡をして、名義変更の書類を出してもらわなければなりません

その際に、ローンが残っている場合は、ローン残金を支払う必要があります

また、ローンの返済が終わった場合でも、ローン契約者からディーラーに連絡をしないと、所有権を外す手続き(所有権解除といいます)はしてもらえません。

ディーラーが所有者となっているからといって、普段の使用上で何かする必要は無く、使用上に問題はないですが、あまり気持ちの良いものではありません。

ローンの支払いが終わっても、所有者がディーラーというのは変な気分です。

また、所有権が付いていて個人に譲る場合などは、ディーラーに印鑑証明書や納税証明等を提出しなければならず、手続きが面倒になります。

 

注意点③ 残価設定の条件

ディーラーでの販売時に近年推奨されているのが、残価設定型ローンです。

残価設定ローンとは、一定期間後(5年後が一般的)の車の価値(下取額)を前もって設定し、その額を据え置くことで毎月の支払額を抑えるというものです。

残価設定型ローンは金利が安く設定されていることが多く、営業マンも販売時に強く推してきます。

ただ、車の状態によっては設定した残価が有効とならない場合があります

東京トヨペットの例だと、5年で走行距離は60,000キロ以内、内外装の修理費用が10万円以内という条件があります。その条件を超えてしまうと、残価が減少します。

各ローンによって、走行距離や内外装の状態についての条件がありますので、前もってしっかりと確認する必要があります。

また、人気車種の場合、残価設定額がその時点の買取相場(買取店での買取価格)より安い場合があります

そのような場合は、残価設定ローンを組むメリットが薄くなりますので、注意が必要です。

 

ディーラーでローンを組む2つのメリット

メリット① 手続きがラク

ディーラーでローンを組むメリットは手続きがラクということがあります。

ディーラーが用意してくれる所定の書類に記入するのみで、手続きが全て完了します。一方、銀行系のローンを組む場合は、銀行に直接出向く必要があり、手間がかかります。

また、審査の時間も銀行系のローンに比べて、短いです。だいたい30分くらいです。

 

メリット② 審査が通りやすい

ディーラーのローンは銀行系のローンに比べて、審査がゆるめです。

ほとんどのディーラーは、メーカー系のファイナンス会社(トヨタであればトヨタファイナンス、ホンダであればホンダファイナンスなど)を利用しており、ディーラーからの交渉により融通を利かせてもらえることがあります。

信用情報に多少の問題があったとしても、販売店側の交渉によりローンが通ることがあります。

 

ディーラーのローンと銀行系のローンのいいとこ取りのローンとは

ディーラーのローンは手続きがカンタンだが金利が高い、一方で、銀行系のローンは金利が安いが、手続きが面倒というように一長一短があります。

そんな中、双方のいいとこ取りをしたような自動車ローンが出てきました。

損害保険大手の損保ジャパン日本興亜が提供する「ジャパンダ・ネットマイカーローン」は、ネット上で審査が完結し、手続きがカンタンで金利も安い(1.9%~2.85%)ということから、注目が集まっています。所有権も付きません。

購入時のローンを検討している方は一度試してみてはいかがでしょうか。

↓ ジャパンダ・ネットマイカーローンで審査依頼をしてみる ↓

「ジャパンダ・ネットマイカーローン」の詳細は下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

27万円も余裕が出来る?金利が安く手続きも簡単なオートローンとは

 

輸入車ディーラーは金利が安め

ディーラーの中でも、輸入車ディーラーの金利は1~2%台と安いことが多く、銀行系のローンと変わらない場合もあります。

また、国産ディーラーの中でも、キャンペーン期間中などで金利を安く設定している場合もあります。

所有権が付くことに抵抗が無ければ、金利の安いディーラーでのローンを組むことでも良いかと思います。

 

下取り車がある場合は、前もって相場を確認する!

今乗っている車を下取りに出してローンで購入する場合には、下取り車の相場を前もって確認しておいたほうが良いです。

そうすることで、ディーラーとの交渉を優位に進めることができ、月々のローン支払い額をおさえることができます

前もって相場(買取金額)を確認する方法としては、大きく下記3つがあります。

 

方法① 買取店の査定を受ける

下記カーセンサーネットのような一括査定サイトから買取店に査定を申し込む方法です。メールでの概算提示も受けられます。

カーセンサーネットは加盟店数がNO1であり、複数の買取店に査定を依頼することも可能です。査定料は無料です。

カーセンサーネット公式サイト

 

方法② ナビクルのサイトで調べる

大手一括サイトナビクルのサイト上で、概算相場を調べられます。

下記サイト上で、「車種」、「グレード」、「年式」、「走行距離」を入れるだけで、だいたいの相場がわかります。

ナビクル下取り・買取相場

 

方法③ DMM AUTOアプリで調べる

上記、カーセンサーネットのメール相場やナビクルの相場はあくまで概算ですが、DMM AUTOのアプリでは実際の買取金額が提示されます

下記DMM AUTOのアプリをダウンロードし、簡単な項目と車両画像を入力するだけで、AIが判断し、買取金額が提示されます。

金額提示までは個人情報の入力は不要で、営業電話が掛かってくることもありません。金額に納得すれば、そのまま売却することも可能です。

↓ DMM AUTOアプリを利用してみる ↓

 

最後に

ディーラーのローンは、「ディーラーだから安心」とか「営業マンに全て任せているから」という理由で、勧められるままにローンを組む人も多いです。

ローンの金利は総支払額に大きく影響するため、ローンを組む場合は金利を含めた内容をしっかり確認したほうが良いです。

近年は、ネット上で審査も手続きも簡単に行えるようになってきたため、車の購入を検討している方は、ディーラーのみではなく、金利の安い他のローンも検討してみることをおすすめします。

↓ 審査依頼をしてみる ↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*