ネクステージの保証のメリット3つと注意点を元業界人が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車販売大手で東証一部上場「ネクステージ」の提供する中古車購入時の保証はどのようなものなのでしょうか。

ネクステージは、国産車を扱う「総合店」「中型店」「SUV LAND」で1年、2年、3年、10年という期間別の保証プランを提供しています。

ネクステージで提供する保証のメリットは大きく下記3つです。

メリット① 保証の範囲が広い
メリット② 他社整備工場でも保証を受けられる
メリット③ ロードサービス等の特典がつく

一方、注意点としては保証費用が高めということがあります。

本日は、ネクステージの保証について、中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

ネクステージの保証のメリット3つ

メリット① 保証の範囲が広い

ネクステージの保証(1年、2年、3年)は業界最高水準の33機構318項目ということで、保証の範囲が他社に比べて広いです。

多くの他社では保証対象外となる、「オーディオ」や「ナビゲーション」、「パワーウィンドウ」などの電装系部品も保証してくれます。(最大3年まで)

ちなみに、他社大手「ガリバー」では上記電装系部品は1年までの保証となります。

電装系部品は意外と壊れやすいので、3年まで保証してもらえるのは安心できます。

保証加入後1年以内は「バッテリー」や「ブレーキパッド」、「電球」などの消耗品も保証対象となります。

また、保証に加入すると定期点検やオイル交換を下記回数分、無料で受けられます。

保証期間 1年 2年 3年
無料点検 3回 4回 5回
オイル交換 2回 4回 6回

 

メリット② 他社整備工場でも保証を受けられる

車に不具合が起きた時、ディーラーなどの他社の整備工場で保証を受けることも可能です。

ネクステージの店舗が自宅から遠い場合に、近くの整備工場で保証が受けられるのは助かります。

実際に他社の整備工場に持ち込む際は、前もってネクステージに連絡する必要があります。

 

メリット③ ロードサービス等の特典がつく

ネクステージの保証に加入すると以下の項目が特典して付与されます。

1.ロードサービス無料

車が動かせなくなった場合に、100キロまでの搬送を無料で行ってくれます。バッテリー上がりやキーのとじ込み、ガス欠などの不測の事態時にも安心です。

2.帰宅支援サービス

自宅から100キロ以上離れた場所で車が自走不可能となった場合に、自宅までの帰宅費用を支援してくれます。上限は2万円×乗車人数となります。

3.ボディキズ直し1万円保証

車をこすってしまったなどの場合に、鈑金工賃を1万円割り引きしてくれます。

4.カーナビ・オーディオメーカー保証2年延長

購入時にネクステージでカーナビ・オーディオを付けた場合(5万円以上)に、メーカー保証を2年延長して最長3年まで保証してくれます。通常メーカー保証は1年であり、その場合2年延長して3年の保証としてくれます。

 

ネクステージの保証料金は高め

上記のようなメリットがあるネクステージの保証ですが、保証料金は他社に比べて高めです。

一例として、中古車販売大手ケーユーの保証料と比較した表は下記となります。

※車種は2,000CCミニバンクラスと仮定

通勤や通学で利用するなどで頻繁に利用する方は万が一のために保証に入っても良いかと思いますが、土日しか乗らないとか、懇意にしている整備工場があるという方でなるべく費用を抑えたいという場合は、加入しなくも良いかと思います。

高年式の車であれば、メーカーの保証(新車登録から最大5年)を引き継げ、そのほうが費用(約1~2万)は安価です。

 

ネクステージの保証は最長10年

ネクステージでは10年という長期間の保証も提供しています。

10年の保証は、上記の3年までの保証に比べて補償範囲が5機構76項目(3年保証までは33機構318項目)と狭くなります

具体的には「エンジン」「トランスミッション」「ハイブリッド」「ステアリング」「ブレーキ」の保証となり、オーディオなどの電装系部品は保証されなくなります

メーカーの保証に準じた走る、止まる、曲がるという車の走行に大きく関わる部分のみの保証となります。

10年の保証料金は車種により異なり約10~15万円となります。2,000CCのミニバンクラスであれば11.9万円となります。

10年の保証に加入できる条件として、車の初年度登録から7年以内と販売時の走行距離が7万キロ以内という条件があります。

10年以内に車を手放したり、乗り換えをした場合の返金はありませんので、3~5年程度で乗り換えるという場合は加入しないほうが良いかと思います。

 

輸入車の保証は別の料金体系

ネクステージで扱う輸入車の保証は別の料金体系となります。

ネクステージで輸入車を扱う専門店「ユニバース」の保証でベンツCクラスの保証料は下記となります。

ネクステージの輸入車の保証は、他社では通常カバーしない電装系部品も保証対象としていますが、保証費用は高めです。

高年式の車であれば、メーカーの保証を引き継げるため、そのほうが費用としては安く上がります。

ネクステージの輸入販売店「ユニバース」について詳しくは下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

ユニバースで中古車を購入する3つのメリットと注意点を解説!

 

今の車をとにかく高く売りたい場合はオークション方式の買取サービスを試してみる

車の乗り換えを考えており、今の車をとにかく高く売りたいという場合は「オークション方式の買取サービス」を試してみることをおすすします。

「オークション方式の買取サービス」とは、ユーザーの車に興味がある全国の買取店がネット上のオークションで競り合うことで高く売れるという新しい買取サービスです。

買取店との交渉が不要であり、買取店から営業電話が掛かってこないという特徴があります。

「オークション方式の買取サービス」を展開する「セルカ」は、提携する最大6,000社からの入札を見込むことで、ハマれば驚くほど高く売れるという声があります。

一例では、下記のように他社見積額より約38万円も高く売れたというケースもあります。

 

オークションに出品しても希望通りに買取店からの入札が入らず、売買が成立しないという場合もありますが、査定料や出品料は無料です。

落札時のみ手数料(税別1万円)が発生します。

↓セルカに査定依頼してみる↓

革新的、中古車売却方法、SellCa(セルカ) 公式サイト

複数の買取店と直接交渉しながら確実に売りたい、という場合は下記カーセンサーネットを利用すれば簡単に買取店を絞り込んで依頼することができます。

大手買取店の中で高い値段を提示する確率が高いのは「ビッグモーター」です。理由は全国に大型販売店を多数展開し、買い取った車を直接販売する確率が高いためです。

近年はネクステージも買取に力を入れていますが、ビッグモーターには劣る印象です。

ビッグモーターは、自社の展示場で直接販売しやすい、「高年式」「走行距離が少ない」「人気車種」は特に高く買い取ります。一方、「年式が古い」「走行距離が多い」など展示場に展示しにくい車は積極的に高値を提示してきません

↓買取店を検索してみる↓

カーセンサーネット公式サイト

 

最後に

近年のネクステージは全国に店舗を出店し、急速に規模を拡大しています。直近の決算(2019年11月期)の売り上げは2,192億円と、ビッグモーター、ガリバーに次ぐ規模となっています。

そんなネクステージですが、ネット上での評判はあまりよくありません。

評判がよくない主な理由は、コーティングや保証などを強く勧められることがあるというものです。

保証の必要性はどのくらいの頻度で乗るかとか、どのくらいの期間乗るかなど個々の事情にもよりますので、自らに合ったプランを選択したほうが良いです。

ネクステージの評判については、下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

車販売大手ネクステージの評判が悪い3つの理由を徹底分析!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

革新的、中古車売却方法、SellCa(セルカ)

最大6,000社の買取店があなたの車に入札!
ハマれば驚くほど高く売れる!
複数買取店との交渉ナシ!


オークション方式で一括査定より車を高く売る!おすすめサービス3選

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*