軽自動車専門店「ガリバーミニクル」の3つのメリット・注意点を解説

ガリバーの軽自動車専門店「ガリバーミニクル」で車を買うメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

最大のメリットは、多数の在庫車両の中から実際に車を見られるということです。

販売価格については全国のガリバーの販売価格と同じであり、「ガリバーミニクル」だから特に安いということはありません

「ガリバーミニクル」のメリットは大きく下記3つです。

メリット① 多数の在庫車両の中から選べる
メリット② 長期間の保証が付けられる
メリット③ 接客が丁寧

一方で、「ガリバーミニクル」の注意点としては下記3つです。

注意点① 販売価格が高め
注意点② 諸費用が高め
注意点③ 車は現状での販売

本日は、ガリバーの軽自動車専門店「ガリバーミニクル」のメリットと注意点について、中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む

ハマれば高く売れる!楽天カーオークションの全容を解説!

車の買取というと複数の大手買取店が競合する一括査定サービスが主流ですが、ユーザーの車を買いたい中古車販売店がオークション方式で競り合うという、新しい買取方法が出てきました。

オークションというとBtoB(業者対業者)の取引が主でしたが、近年は相場が高騰しており、ユーザーの車を直接中古車販売店が競り合うというCtoB(ユーザー対業者)の「オークション方式の買取サービス」に注目が集まっており、利用者が増加してきています

そのオークション方式の買取サービスに「楽天」が参入し、「楽天カーオークション」という名称でサービスを開始しました。

「楽天カーオークション」の前身は長くに渡ってオークション方式の買取サービスを展開してきた「カープライス」であり、「カープライス」のノウハウと楽天の知名度・規模感が合わさることで、付加価値の向上につなげています。

「楽天カーオークション」の一例では、お客様希望金額より68万円も高く売れたという事例もあり、ハマれば驚くほど高く売れる売れる可能性があります。

本日は独自のライブオークションでユーザーと中古車販売店を直接つなぎ、車の高値売却を実現する「楽天カーオークション」の特徴をみていきます。

 

続きを読む

ガリバーのSUV専門店「Brat」の3つの特徴を解説!

中古車買取販売大手ガリバーは「Brat」という名称で、SUVの専門店を展開しています。

近年人気のあるSUVを専門に扱う「Brat」とは、どんな特徴がある販売店なのでしょうか。

実は「Brat」はガリバーの子会社である「東京マイカー販売」が運営しており、他のガリバーの販売店とは特徴が異なります

「Brat」の特徴は大きく下記3つです。

メリット① 自分好みにカスタムされた車を買える
メリット② 内外装の状態に特にこだわった車をそろえている
メリット③ 全店舗ピット完備でアフターフォローに注力している

一方、購入時の注意点としては、ローン金利が高め、ということがあります。

本日は、独自の販売戦略でサービスを提供するSUV専門店「Brat」の特徴についてみていきます。

 

続きを読む

ボルボのサブスク「スマボ」の3つのメリット・注意点を解説!

定額の利用料を毎月支払うことでサービスを利用する「サブスクリプションモデル」が業界問わず台頭している中、輸入車メーカー「ボルボ」もサブスクリプションのサービスを開始しました。

スマートフォンのように毎月利用料を払い、一定期間経過したら乗り換えができるというサービスで、サービス名は「スマボ(SMAVO)」と名付けられています。

スマボ(SMAVO)は、新車購入時の諸費用や年次の自動車税が毎月定額の利用料に含まれており、所有するよりも手間が少ないというのが最大の特徴です。

スマボ(SMAVO)のメリットは主に下記3つです。

メリット① 諸費用・自動車税・メンテナンスがコミの毎月定額
メリット② 補償やドライブレコーダーがセットされる
メリット③ ボルボの交通傷害保険が付いてくる

一方、月額の料金については際立って安いということはなく、残価設定型ローンで購入した場合のローン支払額と大きく差はありません

本日は、ボルボのサブスクリプションモデル「スマボ(SMAVO)」のメリットと注意点について、中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む

しつこい営業ナシ!車買取アップルの評判が良い3つの理由を解説

全国に239店舗(2020年1月現在)を展開する車買取大手「アップル」の評判はどのようなものでしょうか。

買取価格は高いのでしょうか?安いのでしょうか?

結論から言うと、アップルの買取価格は「ビッグモーター」や「ガリバー」に比べて安いことが多く、際立って高いということはありません

一方、アップルはオリコン顧客満足度ランキングで5年連続1位(2014年~2018年)、2019年は売却手続き部門1位となるなど、顧客満足度が高いという評判があります。

買取価格が他社に比べて高いわけでもないのに顧客満足度が高い理由は、「接客対応が丁寧で安心度が高い」ということがあります

アップルは「しつこい営業はしない」と宣言しており、即決を迫る他社が多い中、ゆっくりと考えてから判断したいというユーザーからの評判が良いです。

本日は、全国的にも知名度が高い「アップル」について、中古車業界に15年所属した筆者が解説します。

 

続きを読む

【2020年版】車買取大手10社を徹底比較!最も高く買取る業者は

車をそろそろ買い替えようと思い、乗っている車の買取を検討していませんか?

やっぱり売るなら大手の中古車買取業者に依頼するのが安心ですよね?ただ一方で中古車買取業界には多くの業者があって、

どの会社に買取を依頼すればいいのだろう?
評判がいいのはどこの業者かな?

と気になるところです。車に詳しくない人が中古車業者の評判を知るには、業界経験者に聞くのが一番です。もし周りに中古車業界出身の人がいない方は、このサイトを見れば各買取業者の評判がわかります。

ちなみに筆者が一番おすすめするのはビッグモーターです。

ビッグモーターが買取に強い理由は、買い取った車を全国各地の大型販売展示場で直接販売しているためです。

筆者は中古車業界大手に15年所属していたので、大手10社全てに知り合いもおり業界を熟知しております。そんな筆者が中古車買取業界大手10社を一つずつ解説し、記事の最後にビッグモータ-をお勧めする詳しい理由も解説いたします。

 

続きを読む

元業界人がここだけで教えるビッグモーターの評判は?

車販売買取日本一を称するビッグモーターの評判はどのようなものなのでしょうか。

結論から言うと、販売や車検よりも買取の評判が良いです。

買取の評判が良い理由は、ビッグモーターは買い取った車を自社で直接販売する比率が他社よりも高く、そうすることで中間マージンを削り、高値買取につなげているためです。

一方、販売のほうは車両価格は安めだが、「営業担当がしつこい」とか「諸費用が高い」という口コミが多く、評判はいまひとつです。

筆者の経験則も踏まえ、ビッグモーターは販売(購入)よりも買取のほうがおすすめできます。

ビッグモーターの評判について、買取・販売・車検(整備)の項目別に実際の口コミも踏まえて、中古車業界に15年在籍していた筆者が解説します。

 

続きを読む

ガリバーとビッグモーターではどちらが車を高く買取するのか?

車買取大手のガリバーとビッグモーターではどちらがより高く車を買い取ってくれるのでしょうか?車買取業界の知名度では両社が抜きに出ており、どちらが有利なのか気になるところです。

結論から言うと、内外装がキレイで走行距離が少ないなどの販売店向き車両はガリバーよりもビッグモーターのほうが高く買い取る傾向にあります

その理由は、ビッグモーターのほうが買い取った車を直接自店舗で販売する比率が高いためです。

一方、ガリバーは車種を絞った販売店を展開しており、特定の車種の買取に強みがあります。

本日は、中古車買取業界の双璧をなすガリバーとビッグモーターの比較から、どちらがより高く車の買取が可能かを解説していきます。

 

続きを読む

車の買取契約後にまさかの減額要求?5つのケースと対処方法を解説

車の買取契約後に買取店から契約金額を減額されることはあるのでしょうか。

きちんと契約を交わしたのに、後から金額が下がるのは納得いかない!と誰もが思いますが、実際に買取店から契約期間額の減額を迫られることはあります。

具体的には、買取契約後に以下のようなケースが発覚した場合に、買取店から契約金額の減額を要求されることがあります

ケース① 事故車であることがわかった
ケース② 走行メーターの巻き戻し(改ざん)があることがわかった
ケース③ 過去に車が水没していたことがわかった
ケース④ 車に大きな不具合があることがわかった
ケース⑤ 過去にレンタカーとして利用されていたことがわかった

買取契約後の減額は買取店とユーザーの間でトラブルになることが多く、前もって予備知識として持っておくことをおすすめします。

本日は買取契約後の減額となりうる内容と、各ケースの対処方法について、中古車業界に15年所属した筆者が解説します。

 

続きを読む

車の買取契約キャンセルはできるか?キャンセル料金は?

車の買取店と売買契約を交わしたものの、事情があってキャンセルしたいと思うこともありますよね。売買契約のキャンセルは可能なのでしょうか。

結論から言うと、契約書の定めにもよりますが、多くの買取店では契約後一定期間であれば、契約キャンセルを認めています

また、キャンセル時のャンセル料は車の引き渡し前であれば発生せず、車の引き渡し後であれば買取店で実際に掛かった費用がキャンセル料として発生することが基本です。

本日は買取店との売買契約後のキャンセルについて、申し入れるタイミングやキャンセル料などの注意点を踏まえて解説していきます。

 

続きを読む

車高く売るなら下取より買取!それぞれのメリット・デメリットを解説

車の買取と下取ではどちらが得なのでしょうか。結論から言うと、買取のほうが得な場合が多いです。

買取が得な理由は、買取を専門に行っている買取店の買取のほうが高く再販するノウハウを持っているため、下取りよりも高く買い取ることができるからです。

また、ビッグモーターやガリバーでは、自社の販売店で直接販売することで、流通マージンを削り下取よりも高く買い取ることにつなげています。

本日は車買取業界に15年所属した筆者が、買取と下取の違いとそれぞれのメリット、デメリットについて解説します。

 

続きを読む

人気高のレクサスを「オークション方式の買取サービス」で高く売る!

レクサスの人気が高まっています。新車販売は過去最高を継続し、中古車市場でも需要が高まっています。需要の高まりを受けて、買取市場で高値で取引されるケースが多くなっています。

そんなレクサスをより高く売る方法はどのようなものなのでしょうか?

近年は中古車販売店でのレクサス需要が高まり、販売店においてバックオーダーを持っていることが多いため、一般の買取や下取とは異なるオークション方式の買取サービスを利用することで、より高く売れる確率が高まります

本日は人気の高まっているレクサスをより高く売る方法について、中古車業界に15年所属した筆者が解説します。

 

続きを読む

福祉車両を高く売るには?自社販売している買取店がおすすめ

福祉車両(介護車両)を高く売る良い方法はあるのでしょうか?実は、福祉車両は査定する買取店によって査定額に大きな差異があります。

その理由は、買取店が査定額の基準とするオートオークションの金額に大きく差異があるためです。

そのため、福祉車両を高く買取ることができる買取店は、ートオークションを経由せずに自社で販売を行っているところとなります。

多くの買取店はオートオークションに出品する前提で車を買い取りますが、そのような買取店では高値で売ることは難しいです。

本日は福祉車両を高く売るおすすめな方法と、売る時の注意点について中古車業界に15年所属した筆者が解説します。

 

続きを読む

トヨタシェアを利用してわかった3つのメリットとデメリットを解説

少子高齢化や若者のクルマ離れにより、若い人を中心に、車を購入するより必要な時だけ利用する「カーシェアリング」の需要が年々増加しています。

そんな中、最大手メーカーのトヨタもカーシェアリングサービス「トヨタシェア」を全国的に開始しました。

カーシェアリングサービスとしては、後発である「トヨタシェア」のメリットは大きく下記3つです。

メリット① 利用料が安い
メリット② キレイで清潔な車両
メリット③ 安心装備の車両や、スポーツモデル「GRシリーズ」の車両が利用できる

一方、デメリットとしてはクルマの貸し出し(返却)を行うステーションの数が120か所(2019年12月現在)と他社大手カーシェリング事業者に比べて圧倒的に少ないということがあります。

本日は、2019年10月から全国展開を開始した「トヨタシェア」について、実際に利用してみた所感とともに、メリットとデメリットをみていきます。

 

続きを読む

オリックスのマイカーリースのメリットと注意点各3つを解説

月額定額を払ってサービスを利用する「サブスクリプションモデル」の普及に伴い、クルマを購入するよりも、月額定額でクルマを利用する「カーリース」の利用者が増加してきています。

カーリースの中では、30年の歴史を持つオリックスの「マイカーリース」が有名ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

「マイカーリース」の主なメリットは下記3つです。

メリット① 国産全メーカーから選べる
メリット② 中古車からも選べる
メリット③ 契約終了後は車をもらえる

一方、「マイカーリース」の主な注意点は下記3つです。

注意点① ローンで買うより総支払額が高い
注意点② 法定点検等のメンテナンスは付いていない
注意点③ 任意保険は付いていない

オリックスの「マイカーリース」は中古車を含めた豊富な在庫から、リース車両を選べるというメリットがある一方、法定点検等のメンテンナンスはついていないという注意点があります。

本日は、30年以上という長い歴史を持つオリックスの「マイカーリース」について中古車業界に15年所属した筆者が解説します。

 

続きを読む