トヨタ「KINTO」の価格は意外と安め!5つのメリットを解説

トヨタのサブスクリプションモデル「KINTO」とはどのようなサービスなのでしょうか。また、どのようなメリットがあるのでしょうか。

「KINTO」とは、毎月定額の利用料で車を利用できるというサービスです。

近年主流の毎月定額でサービスを利用できる「サブスクリプションモデル」として、トヨタが提供することで話題になっています。

利用できる車種は全てトヨタの新車(6車種)であり、点検・整備もディーラーで受けられるということで、価格(利用料)が高めなのでは?というイメージもありますが、カーリース等と比較すると意外と安価な価格設定となっています

利用料を含めた「KINTO」のメリットは大きく下記5つです。

メリット① 利用料が安め
メリット② 必要な費用がコミコミの定額払いでラク
メリット③ トヨタディーラーでの点検・整備で安心
メリット④ 任意保険料も利用料に含まれる
メリット⑤ 利用料はクレジットカード払いでOK

一方、「KINTO」のデメリットは下記3つです。

デメリット① 3年未満の途中解約時には違約金が発生する
デメリット② 走行距離の制限がある
デメリット③ 利用できる車種が少ない

本日は、テレビCM等で話題のトヨタが提供する新サービス「KINTO」について、中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む

ガリバーの専門店「スナップハウス」の特徴と3つの注意点を解説

ガリバーのファミリーカー専門店「スナップハウス」とはどんな特徴があるのでしょうか。

「スナップハウス」の最大の特徴は、おしゃれなカフェ風の店舗で、ゆっくりとリラックスして商談ができるというものです。

「スナップハウス」はキッズスペースや授乳室等の施設が充実しており、子供を長時間滞在させることができるため、ファミリー層からの評判が良いです。

また、定期的に赤ちゃんやキッズが参加できるイベントを開催するなど、単なる車の購入だけではない、楽しめる環境を作っています。

本日は、ガリバーのファミリーカー専門店「スナップハウス」の特徴や販売時の注意点を中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む

カーリースを利用すべき本当のメリット5つを元業界人が解説

社会全体がモノを「所有」する時代から「利用」する時代に変化してきており、「Netflix」とか「Hulu」等の月々定額で利用できる「サブスクリプションモデル」というサービス形態が業界問わず台頭しています。

車業界でも、毎月定額の利用料を支払うことで車を利用するという「カーリース」の需要が高まってきています。

従来「カーリース」は法人向けのサービスが主でしたが、近年は個人向けのサービスも多く出てきています。

「カーリース」というと、整備費用等の維持費が全てコミのため割高では・・・というイメージがありましたが、近年各リース会社は月額の支払いを抑えたプランを提供しています

そんな「カーリース」を利用すべきメリットは大きく下記5つです。

メリット① 総支払額が安い
メリット② 車の購入に比べて、手続きがカンタン
メリット③ 月額定額の支払いで、維持費がわかりやく、手間も少ない
メリット④ 点検や整備に悩まない
メリット⑤ 新車に乗り続けられる

本日は、CM等でも話題の「カーリース」のメリット・デメリットについて、中古車業界に15年所属した筆者が解説します。

 

続きを読む

カーセブンMEGA三郷を利用すべき3つのメリットを元業界人が解説

カーセブンMEGA三郷の評判やメリット・デメリットはどのようなものなのでしょうか。

展示してある中古車は安いのか?とか、買取(下取り)は高いか?、アフターフォローは大丈夫なの?など、気になるところです。

カーセブンMEGA三郷を運営しているのは、埼玉を中心に約50年に渡り中古車販売を行っている老舗の有力中古車業者「トーサイアポ」であり、実は「カーセブン」の生みの親でもあります。

そのため、長年、車の買い取りに力を入れており、買取価格が高いという評判があります。

カーセブンMEGA三郷のメリットは大きく下記3つあります。

メリット① 販売価格が安い
メリット② アフターフォローが充実
メリット③ 買取価格が高く、取引が安心できる

本日は、競合激しい埼玉でトップシェアの実績を持つトーサイアポが運営する「カーセブンMEGA三郷」のメリット・デメリットを中古車業界に15年所属した筆者が解説します。

 

続きを読む

相模原市の車買取店でおさえるべき5店を元業界人が徹底解説

神奈川県相模原市で車の売却を検討されている方は、下記のようなことが気になるのではないでしょうか。

「最も高く買ってくれる買取店はどこなのかな?」

「対応が良い買取店はどこなのかな?」

実は、筆者は相模原市近隣の大手買取店で3年ほど店長をしていた経験があり、今でも相模原市にある複数の中古車買取店や販売店と連絡を取り合っています。

その中古車買取店や販売店との話からは、現在最も勢いがあるのは「ビッグモーター」であり、他社に比べて高い値段を提示する確率が最も高いということです。

一方、顧客対応という点では、しつこい営業がなく接客が丁寧な「アップル」の評判が良いです。

本日は、中古車業界に15年所属した筆者が、相模原で車を売る時におさえておきたい買取店5社をランキング形式でみていきます。

 

続きを読む

レクサスCPOは高くて値引きゼロだけど評判が良い4つの理由とは

レクサスの認定中古車CPO(Certified Pre-Owned)の評判はどのようなものなのでしょうか?

価格は高いのか、安いのか、値引きはあるのか、など気になるところです。

結論から言うと、レクサスCPOの車両価格は他の中古車販売店に比べて高めであり、値引きもほぼありません

そんなレクサスCPOですが、「満足して購入できた」とか「車も営業も信頼できる」などの口コミや評判があります。

車両価格が高いにもかかわらず評判が良い理由は大きく下記4つです。

① 内外装がキレイで高品質
② 2年無料保証でアフターフォロー充実
③ 諸費用が安価でわかりやすい
④ しつこい営業がなく接客が丁寧

レクサスCPOは単なる安売りはせず品質を保った売り方をしており、「多少高くても、良質車を安心して買いたい」というユーザーから評判が良いです。

また、レクサスの新車販売店と同様の細やかな接客サービスについても好評です。

本日は、レクサスの認定中古車「レクサスCPO」の特徴と評判について、実際に複数のレクサスCPO販売店に訪問した所感を含め、中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む

ユーポスの接客が強引という口コミ・評判は本当?買取価格は高いか?

車買取大手ユーポスの評判はどのようなものなのでしょうか?

運営コストを徹底的に圧縮した高値買取で評判が良いです。コストを圧縮できるのは販売店を持たず買取に特化しているためです。

ただ、どんな車でも高いというわけではありません。

直接販売できる良質車は「ビッグモーター」や「ガリバー」のほうが高めであり、「ビッグモーター」や「ガリバー」が積極的に買い取りをしたがらない「走行距離の多い車」や「年式の古い車」の買取にユーポスは強いです。

一方、買取時の接客については「営業がしつこい」とか「即決を迫られる」という口コミが多いです。

ユーポスの営業は勢いがある反面、交渉が苦手な人にとっては強引だと感じられることが多いようです。

関西の大手オークション会場「ベイオーク」のいち事業部として誕生したユーポスは関西地域の知名度ではガリバー、ビッグモーターなどの大手にひけをとりません。

近年では関東、九州にも出張買取拠点を構え買取台数を大幅に伸ばしてきています。本日は車買取大手ユーポスの特徴、評判を解説していきます。

 

続きを読む

T-UPの買取は他社よりも安いと評判だけど実際20万円安かった

テレビCMで有名なT-UP(ティーアップ)は車を高く買い取りしてくれるのでしょうか?

国内最大の自動車メーカー「トヨタ」が母体であり、実際高いのかどうか気になるところです。

結論から言うと、買取金額はほとんどの場合「ビッグモーター」や「ガリバー」などの他社大手買取店より安いです。

一例ですが、筆者も実際に査定に出して見たところ、「ビッグモーター」より20万円、「ラビット」より15万円安い金額でした。

なぜ安いかというと、ほとんどのT-UP(ティーアップ)の店舗は販売店併設であり、中古車買取よりも新車(中古車)販売に力を入れているためです。

本日は、大手買取店に15年所属した筆者がT-UP(ティーアップ)に査定を依頼した実感を踏まえて、T-UP(ティーアップ)を利用するメリット・デメリットをみていきます。

 

続きを読む

DMM AUTOの車査定アプリを利用してわかった注意点を解説!

車を売ろうと考えているけど、ネットで査定の依頼をしたり、電話で日程の調整をしたりするのは面倒くさいな、と思われていませんか?

今までの査定方式をガラっと変えた、スマホで画像を撮って簡単な項目に回答するだけで査定が完了し、車を売れるというDMM AUTOのサービスが話題になっています。

DMM AUTOとは「合同会社DMM,com」が運営するAIを活用した新しい査定サービスです。

スマホ上で、わずか3分で査定額がわかり、査定額に納得すればそのまま車を売れるということで、従来に無い手軽さが最大の特徴です。

査定額を出すまでに個人情報の入力は不要であり、わずらわしい営業電話や、面倒な金額交渉などは一切ありません

一方で、DMM AUTOでは、車のキズやへこみの申告がなく、キズやへこみがあってもなくても査定金額は同じになります。

そのため、状態の良い車は大手買取店よりも金額が低く提示される傾向があります。

実際に状態の良い車で、専用アプリを利用し査定額を出してみたところ、アプリ上で提示された金額は、大手買取店のビッグモーターの提示金額より183,000円安い金額でした

本日は、DMM AUTOのアプリを実際に利用してみて感じたメリットや注意点を中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む

元業界人が教えるカーチスの評判は?実は8年連続顧客満足度が1位?

車買取販売大手カーチスの評判はどのようなものなのでしょうか。

結論から言うと、ガリバーやビッグモーターに比べ知名度が低く、買取価格も際立って高いということはありません。ただ、輸出向き(海外向け)の車の買取価格は他社よりも高く評判がいいです。

輸出向けの車がなぜ他社よりも高いのかというと、グループ会社にアガスタという中古車輸出専門の業者があるからです。アガスタの海外ネットワークを駆使して、リアルタイムに海外のバイヤーとコンタクトが取れるということが買取価格の高い理由なのです。

また、2019年3月には中国における合弁会社設立に向けた基本合意書を締結し、中国での販路拡大を模索することで買取・販売のネットワークを拡大しようとしています。

一方、カーチスは接客対応がしっかりしているという評判が多いです。これは顧客満足度8年連続NO1を獲得した実績ということもありますが、業界の老舗であり買取の営業を長年やってきているというノウハウが評判の良さに繋がっています。

ただ販売の価格は若干高く、アフターフォローも熱心ではないとあまり評判は良くないです。

近年はイメージキャラクターに台湾歌手リンユーチュンやお笑いタレントのバイきんぐを起用し認知度を高めています。

本日は、中古車業界に15年間所属した筆者が、ユーザーから実際に聞いた評判やカーチスの営業から聞いた話を踏まえて解説します。

 

続きを読む

ベンツ買うなら!ヤナセのブランドスクエアに行くべき5つのメリット

ベンツの中古車を検討しているけど、どこの販売店で買うのが良いか迷っていませんか?

輸入車は国産車に比べて不具合が起こりやすく、購入後のアフターフォローも気になるところです。

ベンツの新車販売で有名なヤナセは、「ブランドスクエア」という販売店でベンツやアウディの中古車販売に力を入れています。

ブランドスクエアでは、長年の新車販売でのノウハウを活かした接客、品質、フォロー体制で他社との差別化を図っています。

ブランドスクエアでベンツを含めた輸入車を買う際の主なメリットは下記5つです。

メリット① 多数の良質な在庫から実際に見て選べる
メリット② 全ての展示車両は外部機関での査定済で安心
メリット③ 整備工場併設で安心のフォロー体制
メリット④ 接客が丁寧でしつこい営業なし
メリット⑤ ローン金利が安い

一方デメリットとしては、車両本体価格が若干高めということがあります。

本日は実際にブランドスクエア横浜を訪問した所感も含め、ブランドスクエアのメリット・デメリットを解説してまいります。

 

続きを読む

車買取時のしつこい営業電話が全くない査定サービスとは?

車の買取を依頼すると「しつこい電話が掛かってきて大変そう」と思っていませんか?

一括査定サイトで査定を依頼すると、複数の業者から昼夜問わず頻繁に電話が掛かってきます。

そのような営業電話を回避する方法はあるのでしょうか?

実は、個人情報が複数業者に流れず営業電話が掛かってこない「オークション方式」という新しい査定サービスがあります。

「オークション方式」の査定サービスは、営業電話が掛かってこないことと、複数業者が入札し競り合うことで高く売れるというメリットがあります。

本日は車の買取依頼時の営業電話の詳細と、営業電話が掛かってこないオークション方式の新しい査定サービスについて紹介します。

 

続きを読む

25万円も差がつく?ディーラーでローンを組む時の3つの注意点とは

トヨタや日産などのディーラーで車を購入する際に、ローンでの購入を検討していませんか?

その際に、注意しておくべきポイントなどはあるのでしょうか。

ディーラーでローンを組む時に、おさえておきたい注意点は下記3つです。

注意点① ローン金利の詳細
注意点② 車に所有権が付く
注意点③ 残価設定の条件

ローンの金利については、トヨタのホームページ上では実質年率5.9%となっており、銀行や農協の金利の安いローンに比べると割高です。

ディーラーのローン金利は銀行や農協の金利よりは高く、中古車販売店の金利よりは安いというところです。

下記表のように、一例ですが銀行系のローン金利2.9%とトヨタのローン金利5.9%では、支払の総額が大きく変わってきます。

仮に、300万円のローンを5年間で組むと、下記表のように支払総額で約25万円も変わってきますので注意が必要です

金利 支払利息
2.9% 226,372円
5.9% 471,541円
差額 245,169円

また、ディーラーでローンを組む場合の注意点として、所有権が付く(車検証上の所有者がディーラーの名前になる)ということがあります。

本日は、ディーラーでの購入時にローンを組む前におさえておきたい3つの注意点を見ていきます。

 

続きを読む

元業界人が教える!ガリバーの悪い評判・口コミは真実か?

中古車買取と言えば、ガリバーが最も有名ですが、最大手だけに他社よりも高く買い取ってくれるものなのでしょうか?

結論から言うと、中古車の買取価格は他社よりも高いと評判が良いです。

高く買うことができる理由としては、自社の店舗で直接販売していることと、買取台数日本一というスケールメリットを活かした買取手法を取っているためです。

ガリバーは買取台数とともに中古車の販売台数も2016年実績(主要10社における小売、卸売合算値 )でNO1です。販売の評判はどうなのでしょうか。

販売価格は相場より高めでアフターフォローが手薄という評判があり、買取のほうが評判は良いです。

一方、ガリバーは個人売買サービス「ガリバーフリマ」や車乗り換え放題「NOREL(ノレル)」、チャットで購入の相談ができる「クルマコネクト」などの従来に無い新しいサービスを提供しており注目を集めています。

ネット上では悪い評判の多いガリバーですが、本当にそうなのでしょうか。本日は、中古車業界に15年間所属した筆者が、ガリバーの評判についてユーザーから実際に聞いた評判や、オリコンのランキングなども踏まえ項目ごとに解説します。

 

続きを読む

オークション方式で一括査定より車を高く売る!おすすめサービス3選

一括査定で複数の業者を比較して売るより、もっと車を高く売る方法はあるのでしょうか?

一括査定より高く売れるという「オークション方式で車を売るサービス」の評判が高まっています。

個人が利用できるオークション方式というと「ヤフーオークション」や「モバオク」などのネットオークションが主流でしたが、出品する手間や落札後のトラブルが懸念され利用者は限られていました。

しかし、最近では仲介する業者がネット上でオークションを開催し手続きを代行することで、個人で出品する手間を省き、かつ複数の業者から入札を受け高値で売れるサービスを展開するところが出てきました。

オークション方式の買取サービスを提供する「セルカ」では、2015年式ランドクルーザープラドが一括査定よりなんと76万円も高く売れたという例もあります。

本日は、そのような車の新しい売り方である「オークション方式」の仕組みを紹介するとともに、おすすめできる3つのサービスを紹介していきます。

 

続きを読む