オートバックスカーリース「まる乗り」のメリット4つを解説

カー用品販売大手のオートバックスが提供するカーリース「まる乗り」はどのような特徴があるのでしょうか。

近年は、トヨタやホンダなどのメーカーもカーリースに力を入れる中、オートバックスも積極的にテレビCMを打つなどし、カーリースのサービスに力を入れています

オートバックスのカーリース「まる乗り」の主なメリットは下記4つです。

メリット① 利用料が安め
メリット② 車両のカスタマイズが可能
メリット③ メンテナンスを全国店舗で受けられる
メリット④ カー用品がいつでも10%OFF

一方、注意点としては下記3つです。

注意点① 中途解約不可
注意点② 走行距離の制限がある

注意点③ 任意保険料は含まれていない

本日は、オートバックスのカーリース「まる乗り」について、メリットと注意点を中心にみていきます。

 

続きを読む

時価総額業界1位!ネクステージの株価が好調な理由3つ

中古車販売買取大手「ネクステージ」は好決算を背景に株価が堅調に推移しています。

直近2022年9月9日の株価(終値)は3,290円と上場来最高値を更新し、一年前の終値2,191円の約1.5倍となっています。

ネクステージは2013年の株式上場以降、急速な規模拡大とともに売り上げと利益を伸ばし続け、それに伴って株価も右肩上がりに推移してきました。

堅調な株価を受けて直近(2022年8月末)での時価総額は2,454億円と、長年業界を引っ張ってきた「ガリバー」の約3倍の額となっています。

ネクステージの時価総額は業界他社を大きく引き離しダントツ1位となっています。

ネクステージは2021年11月期の決算で過去最高益を記録し、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を4,100円に引き上げるなど注目が集まっており、堅調な株価推移は今後も継続しそうです。

ネクステージの株価が堅調な理由は大きく下記3つです。

理由① 業績が好調
理由② 粗利単価が高い
理由③ 新卒積極採用と人員定着による組織強化

本日は、ネクステージの株価推移や戦略とともに、株価堅調の3つの理由について中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む

オリコン5位!近畿圏で特に強いユーポスの評判・口コミは?

車買取大手ユーポスの評判はどのようなものなのでしょうか?

結論から言うと、運営コストを徹底的に圧縮した高値買取の評判が良いです。

コストを圧縮できるのは販売店を持たず買取に特化しているためです。

ただ、どんな車でも高いというわけではありません。

高年式や走行距離が少ない次に販売しやすい車は「ビッグモーター」や「ネクステージ」のほうが高値を提示することが多く、「ビッグモーター」や「ネクステージ」が積極的に買い取りをしたがらない「走行距離の多い車」や「年式の古い車」の買取にユーポスは強いです。

買取価格が高いという以外で、ユーポスの強みは大きく下記3つです。

強み① 買取代金は翌日支払い
強み② 近畿圏に強み
強み③ オークション会場との連携に強み

一方、買取時の接客については「営業がしつこい」とか「即決を迫られる」という口コミがあります

ユーポスの営業は勢いがある反面、交渉が苦手な人にとっては強引だと感じられることが多いようです。

関西の大手オークション会場「ベイオーク」のいち事業部として誕生したユーポスは関西地域の知名度ではビッグモーターやネクステージなどの大手にひけをとりません。

近年では関東、九州にも出張買取拠点を構え買取台数を大幅に伸ばしてきています。

本日は車買取大手ユーポスの特徴、評判をみていきます。

 

続きを読む

ネクステージの中古車が高いわけを決算から独自分析!

全国で店舗網を拡大する車販売大手「ネクステージ」の中古車は高いのでしょうか?

ネット上ではネクステージの中古車は高い!という口コミが多いです。

ネクステージは車両本体価格を安めに設定して、購入時に発生する諸費用やオプションで利益を見込むという戦略であり、支払総額としては高額になることが多いです。

ネクステージの諸費用やオプションは他社に比べて高めであり、そのことがネクステージの中古車は高い!という評判につながっています。

ネクステージの決算から推定する販売時の1台当たり利益は約50万円であり、他社に比べて高めです。

車両あたりの利益が大きいのは企業側の努力もありますが、他社に比べて高めの収益を見込んだ価格設定により支払総額が高くなっていると考えられます。

本日は、ネクステージの中古車は高いかどうかという点について、公表されている数値や実際の口コミをもとに、中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む

車種ごとの専門店を展開するCSオートディーラーの評判は

埼玉、千葉エリアで大型販売店を運営する老舗中古車販売店「CSオートディーラー」の評判はどのようなものなのでしょうか。

CSオートディーラーは、レクサスRX、レクサスLS、アルファード、エスティマ、クラウンなどといった車種に特化した専門店となっており、同一車種ごとの在庫が豊富で比較しやすいという評判があります。

また、車両本体価格を極力抑える戦略を取っており、販売価格が安いという評判もあり、販売店としての強みは大きく下記3つです。

強み① 車種ごとの在庫が豊富
強み② 車両本体価格と諸費用が安め
強み③ 内外装のカスタムに強み

一方で、購入検討時の注意点としては大きく下記3つです。

注意点① 走行距離の多い車が多数
注意点② 車は現状販売となり保証は有償
注意点③ 購入時のローン金利は5.9%~14.8%

本日は、創業41年の老舗中古車販売店「CSオートディーラー」の評判とともに、特徴や購入時の注意点についてみていきます。

続きを読む

ビッグモーターの「不正請求疑惑」における背景3つ

中古車取販売大手のビッグモーターが取引先の保険会社に対する「車両修理費用」を水増しして不正な請求を組織的に行っている疑惑があると、話題になっています。

ビッグモーター関係者からの内部通報により、過剰な車両修理が複数実施されているということで、取引のある保険会社が調査したところ、約80件の疑わしい案件が発覚したとのことです。

ただ、過剰な車両修理については、昔から線引きが難しく、顧客に対するサービスの一環として実施されることもあり、どの販売店においても保険修理時に過剰な車両修理が無いとは言い切れません。

今回のビッグモーターの疑惑は、複数の拠点で疑わしい多くの案件が見つかったということで、組織的かつ悪質なケースが問題視されています。

本日は、ビッグモーターの不正請求疑惑について、過剰な車両修理につながった考えられる背景についてみていきます。

続きを読む

意外と安価なKINTOのメリット・デメリット各5つを解説

毎月定額の利用料で車を利用できるトヨタのサブスク「KINTO」は、サービスインから約3年が経過し、対象車種や契約種類が徐々に拡大してきました。

「KINTO」で利用できる車種はトヨタの新車であり、点検・整備はトヨタディーラーで受けられます。

そのため、利用料が高いのでは?というイメージもありますが、他社カーリースの利用料と比較すると意外と安価な価格設定となっています

また、「KINTO」の利用料には、ほとんどの他社カーリースで利用料に含まれない「任意保険料」が含まれ、任意保険料が高額となる若い方や保険等等級が低い方に特にメリットがあり、20~30歳代の若い方からの申し込みが4割以上を占めています。

任意保険料の金額によっては残価設定ローンで購入するより、KINTO利用の方がメリットがより大きくなります。

利用料を含めた「KINTO」のメリットは大きく下記5つです。

メリット① 利用料が安め
メリット② 必要な費用がコミコミの定額払いでラク
メリット③ 任意保険料も利用料に含まれる
メリット④ トヨタディーラーでの点検・整備で安心
メリット⑤ 利用料はクレジットカード払いでOK

一方、「KINTO」のデメリットは大きく下記5つです。

デメリット① 中途解約時には違約金が発生する(初期費用フリープラン選択時)
デメリット② 契約終了時には現状回復費を請求される場合がある
デメリット③ 走行距離の制限がある
デメリット④ 車をカスタマイズしにくい
デメリット⑤ 利用できる車種が限られる

「KINTO」では2021年12月から中途解約時に違約金が発生しない「解約金フリープラン」が追加されましたが、利用料5カ月分相当が初期費用として発生するため、選択するメリットは薄いです。

本日は、利用者が徐々に増加してきている「KINTO」のメリット・デメリットについて、中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む

元業界人が教える!ガリバーの悪い評判・口コミは真実か?

中古車買取と言えば、ガリバーが最も有名ですが、最大手だけに他社よりも高く買い取ってくれるものなのでしょうか?

結論から言うと、中古車の買取価格は他社よりも高いと評判が良いです。

高く買うことができる理由としては、自社の店舗で直接販売していることと、買取台数日本一というスケールメリットを活かした買取手法を取っているためです。

ガリバーは買取台数とともに中古車の販売台数も業界トップクラスです。販売の評判はどうなのでしょうか。

販売価格は相場より高めでアフターフォローが手薄という評判があり、買取のほうが評判は良いです。

一方、ガリバーは個人売買サービス「ガリバーフリマ」や車乗り換え放題「NOREL(ノレル)」、チャットで購入の相談ができる「クルマコネクト」などの従来に無い新しいサービスを提供しており注目を集めています。

ネット上では悪い評判の多いガリバーですが、本当にそうなのでしょうか。本日は、中古車業界に15年間所属した筆者が、ガリバーの評判についてユーザーから実際に聞いた評判や、オリコンのランキングなども踏まえ項目ごとに解説します。

 

続きを読む

ネクステージの店舗数が急増!中古車需要増の中で買取も強化

車買取販売大手「ネクステージ」の店舗数が年々増加しています。

2022年5月末の店舗数は206店舗となり、特に直近半年では24店舗増と急激に増加しています。

2022年6月~2022年11月にはさらに39店舗出店予定とのことで、今期末(2022年11月末)には245店舗予定となり、ビッグモーターの307店舗(2022年8月現在HP掲載数値)に迫る規模となります。

ネクステージは各店舗での販売好調を受けて、仕入れ(買取)を継続して強化していく戦略です。

コロナ禍による新車の納期遅れにより、中古車需要が増加してきていることも追い風になっています。

本日は、業績好調で勢いに乗っている「ネクステージ」の店舗数推移とともに、カテゴリごとの店舗特徴をみていきます。

 

続きを読む

ビッグモーターのやばいクレーム3種!口コミからわかる真実とは

ビッグモーターの口コミをネットで探すと、クレームを述べているものが多いです。

中にはビッグモーターはやばい!というものもあります。

ビッグモーターは、「買取」「販売」「車検」と3つの柱でサービスを展開していますが、よくあるクレームは大きく下記3種です。

クレーム① 営業スタッフがしつこい!
クレーム② 諸費用が高い!
クレーム③ 買取金額が安い!

一方、車種によっては高く買い取ってくれて満足という良い評判もあります。

本日は、ビッグモーターに関する8つの口コミをもとに、ビッグモーターの実際の対応はどうなのかということをみていきます。

 

続きを読む

中古車KINTOは利用料が高めで現時点ではメリット薄い

トヨタが提供するサブスクリプション「KINTO」では、「KINTO ONE(中古車)」として、2022年7月27日から中古車の取り扱いを本格的に開始しました。

「KINTO」のサービス開始から約3年が経過し、「KINTO」で利用終了となった良質の中古車を利用した、新たなサブスクサービスとしています。

ただし、現時点では月額利用料が高めなことに加え、利用時には月額利用料6カ月分の申込金が必要となるため、コストメリットは薄いです。

月額利用料はKINTOの新車利用時(解約金フリープラン)と同等若しくは若干高いです。

「KINTO ONE(中古車)」のメリットと注意点は大きく下記となります。

メリット① 利用料が月額定額でわかりやすく、申込時の手続きもラク
メリット② 任意保険(車両保険付き!)が付いている
メリット③ 中古車のため納期が早い
メリット④ クレジット払い可能
注意点① 利用料が高め
注意点② 月額6カ月分の申込金が発生する
注意点③ 2年間しか利用できない
注意点④ 利用できる車種が少ない
注意点⑤ 走行距離の制限がある
注意点⑥ 利用エリアは東京近郊のみ

本日は、中古車の利用を本格的に開始したトヨタのサブスク「KINTO ONE(中古車)」のサービス詳細をみていきます。

 

続きを読む

【体験談】ビッグモーターの車検は安いと聞いてたけど実際高かった

車買取販売大手「ビッグモーター」は買取販売だけでなく、車検についてもチラシ等で大々的に宣伝していますが、費用は高いのでしょうか、安いのでしょうか?

結論から言うと、車検の基本料は安めに設定されていますが、追加作業が発生した場合の費用は高めです。

実際、筆者が所有する車(エスティマ)をビッグモーターの車検に出したところ、事前の電話では「特に悪い所がなければ総額7万円程でできます!」との話でしたが、結果として総額15万円程かかりました

本日は、ビッグモーターの車検について、実際に車検を受けた所感とともにかかる費用やメリット、注意点をみていきます。

 

続きを読む

クラウンクロスオーバーの外観は迫力増だが内装の質感今一歩

トヨタ自動車は新型クラウンとして4つ(クロスオーバー、スポーツ、セダン、エステート)のボディタイプを発表しました。

クラウンと言えば、トヨタの上級セダンの代表格ですが、近年は年々販売台数が減少しており、2020年の販売台数は2000年の約1/5となっています。

そんな状況を打開すべく今回のフルモデルチェンジで、内外装の刷新を図っています。

今回、4種類のクラウンの中で、最初に発売される「クラウンクロスオーバー」の実車が一般公開され、話題を集めています。

近年は国内外問わず、クロスオーバーの新型車が相次いで発売されており、クラウンもその流れに乗っています。

実車を確認した所見としては、外観の迫力は増したが、内装の質感は今一歩という印象です。

本日は、実車公開された「クラウンクロスオーバー」の現車を確認しつつ、内外装・サイズ・価格等についてみていきます。

 

続きを読む

所有者死亡時の車売却手続きは?必要書類を解説【書式ファイル付き】

所有者が亡くなっている車を売却する際には、どのような手続きが必要なのでしょうか。結論から言うと、通常の売却書類に加えて戸籍謄本などの書類が追加で必要となります。

また、亡くなっている人の家族構成によっては、さらに書類が必要となる場合があります。

所有者死亡時の名義変更は普通車と軽自動車で大きく異なります。普通車の複雑な名義変更に比べて、軽自動車は認印のみでOKのため簡単です。

本日は所有者が亡くなっている車の売却手続きに必要な書類とあわせて、任意保険、税金の手続きについて、中古車業界に15年所属した筆者が解説します。

 

続きを読む

元業界人が教える!大阪でおすすめな車買取店5選!

大阪で車を高く買い取る大手買取店はどこなのでしょうか。筆者が大阪で最もおすすめするのはユーポスです

理由としてはユーポスは販売店を持たないため、ビッグモーターやガリバーよりも運営コストが軽く、その分を買取価格に反映し高値買取を実現しているからです。

また、大阪市内にある大手オークション会場のベイオークと密な連携をしていることもあげられます。

本日は車買取業界に15年所属し実際に大阪市内で勤務した経験から、大阪で車買取をおすすめできる大手買取店5社について解説します。

 

続きを読む