BYD新型セダン「SEAL」の価格は実質300万円台か?

中国の電気自動車製造大手「BYD」が「ATTO3」「ドルフィン」に次ぐ、日本投入第3弾モデル「SEAL」が2024年春頃に発売予定となっています。

「SEAL」はBYDが中国で2022年5月に発売したセダン型の新モデルであり、これまでに世界で10万台以上売れています。

1充電での航続距離は長く、555キロを誇ります。

「SEAL」の日本での販売価格は現時点で未定ですが、本国中国や欧州での販売価格、また競合であるテスラ「モデル3」の価格を考慮すると、480~490万程度となるのではと、筆者は予想しています

CEV補助金や東京都での補助金を考慮すると、実質300万円台となる可能性があります。

本日は、「BYD」の日本投入第3弾モデル「SEAL」についてみていきます。

 

続きを読む

【ネクステージ買取体験談】実際に車売った感想と口コミ分析

車買取販売大手「ネクステージ」の買取実績が近年絶好調です。

直近2023年11月期(2022年12月~2023年11月)の買取実績は202,010台と、前年比で約5万台増と急増しています。

ネクステージの買取は、ガリバーやカーチス、カーセブンなどの他社大手に比べて後発ですが、自社での小売り(販売)台数増加に伴って買取台数も大幅に増加しています

そんなネクステージで、筆者が所有する車(フリード)を実際に買い取ってもらいました。

ネクステージの買取を利用してみた感想としては、大きく下記3つです。

感想① 金額をはっきり提示する
感想② 提示金額が他社より高め
感想③ 契約後の減額がなく安心できる

ネクステージはネット上で販売(購入)時の悪い評判が散見されますが、買取(売却)のほうはあまり見られません。

ネクステージは自社での販売好調により、在庫確保のために良質車は特に高値を提示するということで、顧客満足につなげています

実際に利用した所感としては、中古車買取店にありがちな強引な買取商談はなく、他社と比較して高めの値段をサラッと提示してくれ、単純に高く売りたいユーザーに適しています

ただ一方で、ネクステージが強いのは「高年式」や「走行距離が少ない」等の販売店向きの良質車であり、「低年式」や「走行距離が多い」という再販が難しい車には積極的に高値を提示してきません

そのような場合は、オークション販売に強い「ラビット」や「ユーポス」のほうが高値を提示する可能性が高いです。

本日は、ネクステージの買取を利用した感想とともに、オリコンランキングでの口コミ等について、中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む

ビッグモーターとネクステージに共通の購入時要注意点3つ

中古車販売大手「ビッグモーター」の不正事件をきっかけに、業界大手「ネクステージ」でも保険契約ねつ造が発覚し社長が辞任するなど、ニュースになっています。

「ビッグモーター」「ネクステージ」とも全国で大型販売店を急速に拡大し、豊富な在庫量を背景に売り上げの増加を継続してきました。

「ビッグモーター」は一連の不正事件により、直近で一部店舗を閉鎖するなど、規模を縮小してきていますが、「ネクステージ」は積極的な新規出店を継続し、規模拡大を継続しています。

そんな、両社に共通する購入時の要注意点は下記3つがあげられます。

注意点① 購入時の諸費用が高め
注意点② ローン金利が高め
注意点③ 有償の保証料が高め

また、両社とも販売時の付帯収益(諸費用)で多くの収益を上げており、オプションや有償保証の売り込みが強引という声もあり注意が必要です。

中古車業界での強引な売り込みはどこの会社でも大なり小なりありますが、営業マンによっては課されたノルマのため、かなり強引に営業されることがあります。

本日は、「ビッグモーター」と「ネクステージ」に共通する3つの要注意点を中心に両社の特徴や、買取時の優劣などをみていきます。

 

続きを読む

クラウンスポーツの見積もりレビュー KINTO利用も開始

トヨタの新型クラウン「クラウンスポーツ」が10月6日に新たに販売開始となりました。

2022年に新型クラウンとして発表された4車種(クロスオーバー、スポーツ、セダン、エステート)のうち、クロスオーバーに続く発売となっています。

クラウンスポーツは新しい形のSUVとして、美しいデザインと楽しい走りを追求したモデルということで、前型よりエクステリアが一新されています。

実車を確認した所感としては、クラウンらしからぬ派手さがあり、どちらかというと欧州車のSUVに近いエクステリアで、従来のクラウンユーザー以外からの支持が見込めそうな印象を持ちました。

本日は、クラウンスポーツの見積もりをレビューするとともに、トヨタのサブスク「KINTO」での利用も開始されたことで、支払総額の比較などを行っていきます。

 

続きを読む

実質200万円台BYDドルフィンのメリット・注意点各3つ

中国の電気自動車大手「BYD」がSUV型の「ATTO3(アットスリー)」に続く第2弾として、コンパクトEV「ドルフィン」 の販売を開始しました。

「ドルフィン」はコンパクトボディとしながら、航続距離はスタンダードモデルで400キロ、ロングレンジモデルで476キロと、競合クラスで従来に無い長い距離を走れるということが最大の特徴です。

「ドルフィン」の価格は363万円(スタンダード)、407万円(ロングレンジ)と、国から出るCEV補助金65万円を加味すると、298万円(スタンダード)、342万円(ロングレンジ)であり、さらに各自治体からの補助金も加味すると実質200万円台後半~300万円台前半となり電気自動車としてはかなり価格を抑えてきています。

一方、実車を確認した所感では、フロントフェイスがおとなしすぎることと、インパネ周りが国産車に比べて寂しい印象を受けました。

内外装の質感やデザインは、国産車と大きく異なり、こちらは好みが分かれそうです。

「ドルフィン」購入検討時のメリットと注意点はそれぞれ下記各3つです。

メリット① 車両価格が安い
メリット② 納期が短め
メリット③ ローン金利が安い

一方で、注意点としては下記3つです。

注意点① オプションがほぼない
注意点② カラーバリエーションが少ない
注意点③ 値引きはナシ

本日は、BYDの日本展開第2号であるコンパクトEV「ドルフィン」の購入検討時のメリットと注意点を中心にみていきます。

 

続きを読む

利用料がとにかく安いカーリース「クルカ」の5つの注意点を解説

モノを「購入」するより、月々定額の利用料を払うことでモノを「利用」するサービスの需要が高まってきています。

車業界においても現金やローンで車を購入するより、ランニングコストを含めた月額利用料を払うことで車を利用する「カーリース」の注目度が高まっています。

「カーリース」のメリットのひとつとして、現金やローンで購入するより、支払総額が安いということがあります。

一例としてトヨタノアS-Gを3年の残価設定ローンで購入した場合と、カーリースの「クルカ」で利用した場合の支払総額では、約63万円クルカのほうが安価です

※グレードはS-G 外装色パールホワイト オプションは快適利便パッケージ(MID)、バックガイドモニター、フロアマット 3年後残価は新車価格の60% ローン金利は3.9%で試算

さらに、カーリースの場合は、購入時のローン手続きや税金支払いの手間などが無いというメリットもあります

本日は、需要が高まってきている「カーリース」の中で、利用料が安い「クルカ」について、安さの理由と5つの注意点をみていきます。

 

続きを読む

中古車購入時のローン金利が安い「ジョイカルジャパン」

中古車購入時のローン金利はビッグモーターなどの大手販売店では下記のように高めです。

大手販売店のみならず、街の中古車販売店でも6~9%程度のローン金利で提供している所が多く、業界でだいたい足並みをそろえています。これは昔からの慣習で現在も大きく変わってはいません。

交渉すれば若干下げてもらえる場合もありますが、下がっても1~2%程度であり、大きく下がることはありません。

なぜ、金利が高いかというと、高い金利の一部はキックバックとして中古車販売店の収益となっており、金利を下げると収益が減るので中古車販売店は高い金利を維持しています

そんな中、全国564店舗(2023年8月現在)でサービスを展開する「ジョイカルジャパン」が新にオープンした「ジョイカルU-CAR SELECT 4号草加店」では、2.5%という低金利でローンの提供をしています。

本日は、「ジョイカルジャパン」の認定中古車販売店「ジョイカルU-CAR SELECT」の特徴・注意点について中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む

オリックスのマイカーリースのメリットと注意点各3つを解説

月額定額を払ってサービスを利用する「サブスクリプションモデル」の普及に伴い、クルマを購入するよりも、月額定額でクルマを利用する「カーリース」の利用者が増加してきています。

カーリースの中では、40年近くの歴史を持つオリックスの「マイカーリース」が有名ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

「マイカーリース」の主なメリットは下記3つです。

メリット① 国産全メーカーから選べる
メリット② 中古車からも選べる
メリット③ 契約終了後は車をもらえる

一方、「マイカーリース」の主な注意点は下記3つです。

注意点① ローンで買うより総支払額が高い
注意点② 法定点検等のメンテナンスは付いていない
注意点③ 任意保険は付いていない

オリックスの「マイカーリース」は中古車を含めた豊富な在庫から、リース車両を選べるというメリットがある一方、法定点検等のメンテンナンスはついていないという注意点があります。

本日は、30年以上という長い歴史を持つオリックスの「マイカーリース」について中古車業界に15年所属した筆者が解説します。

 

続きを読む

カーリースを利用すべき本当のメリット5つを元業界人が解説

社会全体がモノを「所有」する時代から「利用」する時代に変化してきており、「Netflix」とか「Hulu」等の月々定額で利用できる「サブスクリプションモデル」というサービス形態が業界問わず台頭しています。

車業界でも、毎月定額の利用料を支払うことで車を利用するという「カーリース」の需要が高まってきています。

従来「カーリース」は法人向けのサービスが主でしたが、近年は個人向けのサービスも多く出てきています。

「カーリース」というと、整備費用等の維持費が全てコミのため割高では・・・というイメージがありましたが、近年各リース会社は月額の支払いを抑えたプランを提供しています

そんな「カーリース」を利用すべきメリットは大きく下記5つです。

メリット① 総支払額が安い
メリット② 車の購入に比べて、手続きがカンタン
メリット③ 月額定額の支払いで、維持費がわかりやく、手間も少ない
メリット④ 点検や整備に悩まない
メリット⑤ 新車に乗り続けられる

本日は、CM等でも話題の「カーリース」のメリット・デメリットについて、中古車業界に15年所属した筆者が解説します。

 

続きを読む

車の買取契約後に査定額の減額を要求されるケース5つ

車の買取契約後に買取店から契約金額を減額されることはあるのでしょうか。

「一括査定サイト」で申し込んだ買取店での契約後に査定額を減額された!という苦情も実際にあります。

きちんと契約を交わしたのに、後から金額が下がるのは納得いかない!と誰もが思いますが、実際に買取店から契約期間額の減額を迫られることはあります。

具体的には、買取契約後に以下のようなケースが発覚した場合に、買取店から契約金額の減額を要求されることがあります

ケース① 事故車であることがわかった
ケース② 走行メーターの巻き戻し(改ざん)があることがわかった
ケース③ 過去に車が水没していたことがわかった
ケース④ 車に大きな不具合があることがわかった
ケース⑤ 過去にレンタカーとして利用されていたことがわかった

買取契約後の減額は買取店とユーザーの間でトラブルになることが多く、前もって予備知識として持っておくことをおすすめします。

本日は買取契約後の減額となりうる内容と、各ケースの対処方法について、中古車業界に15年所属した筆者が解説します。

 

続きを読む

車を売る時は印鑑証明書必須!2枚必要なケースを含めて解説

車を売る時に印鑑証明書は必要なのでしょうか。

結論から言うと、普通車を売る時には印鑑証明書原本が必要となります。

理由としては印鑑証明書が無いと車の名義変更ができないためです。

一方、軽自動車の名義変更には不要なため、軽自動車を売る時には印鑑証明が不要な場合が多いです。ただし、買取店によっては、身分確認のために印鑑証明書を必要とする場合もあり、買取店によって対応が異なります。

また、自動車税の還付委任状に印鑑証明書原本が必要なことがあり、その場合は名義変更用と合わせて2枚必要となります。

本日は、印鑑証明書がなぜ必要かということともに、複数枚必要となるケースや印鑑証明書が取れない時の対応について、中古車業界に15年所属した筆者が解説します。

 

続きを読む

埼玉・千葉で中古車を安く取り揃えている販売店5選

中古車購入を検討しており、とにかく安い販売店を探していませんか?

ロードサイドには多数の中古車店があり、また中古車の価格は車の状態にもより千差万別でどこの販売店が安いのかは、わかりづらいです。

そんな背景もあり、中古車店が乱立する埼玉・千葉エリアで中古車を安価に取り揃えている販売店5店を独自の判断で、選出しました。

ちなみに、大手販売店「ガリバー」「ネクステージ」「ビッグモーター」は販売時の諸費用が高く、総額支払が高くなることが多いため、除いています。

本日は、中古車業界に15年所属筆者が埼玉・千葉エリアで中古車を安価に購入できる販売店5店についてみていきます。

 

続きを読む

オークション価格高騰終了で中古車相場の下落開始

中古車オークション大手「ユー・エス・エス」において32カ月連続で前年同月を上回っていた平均落札価格がついに下落に転じました。

長期に渡り中古車相場が高騰していたことから中古車バブルとも言われた相場が下落に転じ、中古車販売相場にも影響が出始めています

昨年秋頃から新車の供給が回復してきたことが、加熱した中古車需要の減少につながり、今後しばらく中古車相場は下落していきそうです。

中古車購入を検討している方にとっては、販売価格が下がってくるためチャンスと言えます。

一方、車の手放しを考えている方は、相場の下落に伴い高く売るには早めに行動したほうが良いです。

本日は、中古車オークション相場の高騰が終了し、相場の下落が始まった中で、買取(売却)、販売(購入)時の注意点を含めてみていきます。

 

続きを読む

所有者死亡時の車売却手続きは?必要書類を解説【書式ファイル付き】

所有者が亡くなっている車を売却する際には、どのような手続きが必要なのでしょうか。結論から言うと、通常の売却書類に加えて戸籍謄本などの書類が追加で必要となります。

また、亡くなっている人の家族構成によっては、さらに書類が必要となる場合があります。

所有者死亡時の名義変更は普通車と軽自動車で大きく異なります。普通車の複雑な名義変更に比べて、軽自動車は認印のみでOKのため簡単です。

本日は所有者が亡くなっている車の売却手続きに必要な書類とあわせて、任意保険、税金の手続きについて、中古車業界に15年所属した筆者が解説します。

 

続きを読む

事故車買取大手タウの中古車販売「カーテンダー」の魅力3つ

事故車買取実績3年連続NO1の株式会社タウが展開する中古車販売店「カーテンダー」とはどのような特徴があるのでしょうか。

株式会社タウは一般ユーザーの知名度は低めですが、年間10万台以上の買取実績があり、ビッグモーター・ガリバー・ネクステージの大手3社に次ぐ実績を持っています。中古車業界では名が知られている老舗でもあります

タウは、従来買い取った事故車をそのまま販売するのが主でしたが、近年は買い取った車の中で程度の良いものだけを厳選して、中古車としての販売を強化しています。

株式会社タウの中古車販売店「カーテンダー」の魅力は主に下記3つです。

魅力① 販売価格と諸費用が安め
魅力② 保証料が安め
魅力③ 外装がキレイ

一方で注意点としては、在庫が少ないという点があります。

本日は、事故車買取大手株式会社タウが運営する「カーテンダー」について、実際にカーテンダーの店舗に訪問した上での所見を踏まえて、中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む