若い人に有利!カーリース利用料に任意保険込のサービスとは

近年利用者数が増加している「カーリース」ですが、利用料に任意保険料は含まれているのでしょうか?

結論から言うと、ほとんどのカーリースでは任意保険料は含まれおらず、ユーザー自身で契約する必要があり、手間が掛かります。

一方、カーリースと同様に月額定額で車を利用できる、トヨタ「KINTO」、スバル「SUBARUサブスクプラン」、ホンダ「マンスリーオーナー」、の利用料には任意保険料が含まれており、ユーザーでの保険契約は不要です

また、任意保険料が定額の利用料に含まれるということは、任意保険料が高くなりがちな若い人や保険等級が低い人には、特にメリットがあると言えます。

本日は、カーリース利用時の任意保険について中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む

ハマれば驚くほど高く売れる!楽天Car車買取の全容を解説

車の買取というと複数の大手買取店が競合する一括査定サービスが主流ですが、ユーザーの車を買いたい中古車販売店がオークション方式で競り合うという、新しい買取方式が台頭してきています。

オークションというとBtoB(業者対業者)の取引が主でしたが、ユーザーの車を直接中古車業者が競り合うというCtoB(ユーザー対業者)の「オークション方式の買取サービス」が普及し、利用者が増加してきています

インターネットサービス大手「楽天」も「楽天Car車買取」というサービスを展開し、車買取に力を入れています。

「楽天Car車買取」の前身は長くに渡ってオークション方式の買取サービスを展開してきた「カープライス」であり、「カープライス」のノウハウと楽天の知名度・規模感を合わせることで、付加価値の向上につなげています。

「楽天Car車買取」の一例では、お客様希望金額より68万円も高く売れたという事例もあり、ハマれば驚くほど高く売れる売れる可能性があります。

本日は独自のライブオークションでユーザーと中古車販売店を直接つなぎ、車の高値売却を実現する「楽天Car車買取」の特徴をみていきます。

 

続きを読む

【実車確認】新型ステップワゴンのサイズ・見積もりレビュー

ステップワゴンが7年ぶりとなるフルモデルチェンジを機に、エクステリア・インテリアとも大幅に刷新し、注目を集めています。

2月中旬から開催されている先行展示会に訪問したところ、内装を見るために30人待ち(約1時間待ち:北関東エリア)という盛況ぶりでした。

今回のフルモデルチェンジに伴いボディサーズも大きく変更され、車幅の拡張により、従来の5ナンバーサイズから3ナンバーサイズに変更となりました。

ボディサイズ全長も4,800mmと長くなり、上位車種のオデッセイ(4,855mm)に迫る大きさとなっています。

一方、価格としてはベースグレードの「AIR」が車体本体価格で300万円を切る形となり、装備面を踏まえると競合のノア・ヴォクシーと比較して安価な値段設定としてきた印象です。

新型ステップワゴンの展示会で実車を確認した所感とともに、サイズ、見積もり、残クレを組んで購入した際の支払月額についてみていきます。

 

続きを読む

残クレを契約する前に絶対に知るべきデメリット5つ

トヨタや日産などのディーラーで車を購入する際に、残クレ(残価設定型ローン)での購入を検討していませんか?

各ディーラーは月々の支払いが安いことを理由に残クレでの購入を積極的に勧めてきます。

ただし、残クレにはデメリットがあり、ローン契約をする前に必ずおさえておきたいです。

残クレのデメリットは大きく下記5つです。

デメリット① ローン利息が高い
デメリット② 残価が安め
デメリット③ 走行距離の制限がある
デメリット④ 終了時に追加精算金が発生する場合がある
デメリット⑤ 所有権がつく

上記デメリットの中で最も重要なのは「ローン利息が高い」ということです。

残クレはローン契約満了時に一定の金額を残価として据え置きますが、据え置いた残価に対しても利息が発生し、支払総額が通常のローンより高額となります

本日は、ディーラーでの購入時に残クレ(残価設定型ローン)を組む前におさえておくべき5つのデメリットを中心に見ていきます。

 

続きを読む

利用料がとにかく安いカーリース「クルカ」の5つの注意点を解説

モノを「購入」するより、月々定額の利用料を払うことでモノを「利用」するサービスの需要が高まってきています。

車業界においても現金やローンで車を購入するより、ランニングコストを含めた月額利用料を払うことで車を利用する「カーリース」の注目度が高まっています。

「カーリース」のメリットのひとつとして、現金やローンで購入するより、支払総額が安いということがあります。

一例として2022年1月にフルモデルチェンジした新型ノアを3年の残価設定ローンで購入した場合と、カーリースの「クルカ」で利用した場合の支払総額では、約72万円もの差が出ます

※グレードはS-G 外装色パールホワイト オプションは快適利便パッケージ(MID)、バックガイドモニター、フロアマット 3年後残価は新車価格の60% ローン金利は3.9%で試算

※クルカ公式サイトより

さらに、カーリースの場合は、購入時のローン手続きや税金支払いの手間などが無いというメリットもあります

本日は、需要が高まってきている「カーリース」の中で、利用料が安い「クルカ」について、安さの理由と5つの注意点をみていきます。

 

続きを読む

新型ノアをKINTOで利用するメリット大のケースを解説

月額定額で車が利用できるトヨタのサブスク「KINTO」のラインナップに「新型ノア」が追加されました。

トヨタ最新の安全技術や運転支援システムが盛り込まれ、エクステリア・インテリアともに進化した新型ノアは発売前から注目されており、受注状況は好調です。

新型ノアをディーラーで勧められる「残価設定型ローン」で購入するのと「KINTO」を利用するのとでは、どちらがメリットがあるのでしょうか?

総支払額では、残価設定型ローンで購入するのと「KINTO」を利用するのではほぼ同じです。

ただし、「KINTO」の利用料には車両保険付きの任意保険料が含まれているため、保険料が高くなる若い人や保険の等級が低い方は、「KINTO」を利用する方が総支払額を抑えられ、税金払いなどの手間が少ないことも考えると、特にメリットが大きいです。

具体的な保険料としては、車両保険コミで年5万円以上支払うようであれば、「KINTO」のほうが良さそうです。

新型ノアのKINTOでの利用料は他車種「ハリアー」などよりも抑えられており、KINTOでの利用メリットが増してきています。

本日は、新型ノアをKINTOで利用する場合と残価設定型ローンで購入する場合との比較とともに、KINTOを利用することで特にメリットが出るケースについて、みていきます。

 

続きを読む

ビッグモーターのローン金利は高い?利息を39万円節約する方法とは

ビッグモーターで車を買う際に組むローンの金利は高い!という口コミがネット上に多くあります。

ビッグモーターに限らずガリバー、ネクステージなど中古車販売店大手のローン金利は8~9%と割高です。

世間は低金利にもかかわらず、長年に渡り中古車販売店大手のローン金利水準は高いままです。

それでも、販売店の営業マンに勧められるままにローンを組む方は多いです。

そのローンを金利の安い別な所で組むだけで、利息の支払いが安くなります

仮に200万円を5年(60回)のローンで組むと、金利が2.9%と9.9%では下記のように約39万円も支払う利息の差が出ます。(銀行系のローン金利を2.9%と仮定)

本日は、ビッグモーターでローンを組んだ人の口コミや評判をふまえて、ローンを組む際の注意点とともに金利の安いローンを紹介します。

 

続きを読む

コンプリートーカー販売「クールレーシング」の評判は

車のカスタムやコンプリートカー販売を手掛ける「KUHL Racing(クールレーシング)」の評判はどのようなものでしょうか?

オリジナルのエアロやホイール、マフラーの質が良いのと、接客が良いという評判があります。

車購入の需要が減少していると言われている中、人とは違った車に乗りたい!という方から支持を受け、販売台数が年々増加しています。

また、「KUHL Racing TV」というYouTubeチャンネルは約22万人のチャンネル登録数(2022年1月現在)を誇り、多くの方から支持されています。

本日は、カスタムカー製作・コンプリートカー販売の「クールレーシング」について、コンプリートカーの内容や接客の評判を中心にみていきます。

 

続きを読む

ネクステージの中古車は良質だけど諸費用とローン金利が高めで要注意

ネクステージ

中古車販売店大手「ネクステージ」の中古車は高いのでしょうか?安いのでしょうか?

販売時の諸費用やローン金利についても気になるところです。

結論から言うと、車体本体価格は安めですが、諸費用やローン金利は高めです。

また、オプションや有償保証が高額であり、全て付けると支払総額が高額になります。

ネット上の口コミでは、オプションや有償保証を強く勧めてくるという声が複数あり、評判があまりよくありません

本日は、ネクステージの販売店を実際に訪問した感想を含めて、ネクステージで中古車を購入する際におさえておきたいポイントをみていきます。

 

続きを読む

KINTOの解約金フリープランを選ぶメリットが薄い理由を解説

トヨタのサブスクリプション(サブスク)サービス「KINTO」は2021年12月14日から「解約金フリープラン」という初期費用を払うことで中途解約金がゼロになる新プランを追加しました。

「KINTO」に限らず車業界のサブスク(リース)では、3年・5年といった利用期間が前提になっており、期間途中で解約すると中途解約金が発生します。

今回、「KINTO」は「解約金フリープラン」を追加することで、中途解約金が発生しないという、より使いやすいサブスクとし利便性を高める狙いがあります。

ただし、「解約金フリープラン」では利用開始時に初期費用として月額利用料5カ月分の申込金を支払う必要があり、中途解約金の先払いと見られ、メリットは薄いです。

実際、3年という契約期間中において、いつ解約しても支払総額は「初期費用フリープラン」とほぼ変わりません。

本日は、「KINTO」の新プラン「解約金フリープラン」を選ぶメリットが薄い理由についてみていきます。

 

続きを読む

ネクステージの元スタッフが語るやばい口コミ3選を解説

ネクステージ

中古車販売買取大手「ネクステージ」は、業績好調で拡大路線を継続しています。

コロナ禍による新車の納期遅れから中古車相場が高まっている中でも、販売台数を着実に伸ばし、過去最高益を叩き出しています。

そんな「ネクステージ」ですが、販売時におけるネット上の評判はあまり良くありません。中にはネクステージやばい、と苦言を述べているものもあります。

やばいと思われる最も大きな事例は、「オプションなどの付帯収益を強烈に勧める」というものであり、とにかく収益を追求するという会社方針による要因が大きいです。

本日は、販売時の苦言につながっていると思われるネクステージの環境について、ネクステージ元スタッフからの口コミを参考にみていきます。

 

続きを読む

ホンダのサブスク「Honda ON」の注意点5つを解説

2021年10月、ホンダは新車のオンラインストア「Honda ON」 を開設し、サブスクリプションサービスでの新車提供を始めました。

トヨタや日産などの競合他社でもサブスクリプションサービスを行っていますが、「Honda ON」の特徴はどのようなものがあるのでしょうか。

結論から言うと、先行する他社サブスクリプションサービスであるトヨタ「KINTO」、日産「ClickMobi」 と比べて、特段の違いはありません

他社サブスクリプションサービスと同様に、定期メンテナンスや自動車税の支払い等が月々の利用料に含まれており、手続きの手間が少ないということをウリにしています。

一方、「Honda ON」の主な注意点としては下記5つです。

注意点① 利用料に任意保険料は含まれない
注意点② 残価設定型ローンを利用したほうが支払総額としては安い
注意点③ 中途解約時には中途解約金が発生
注意点④ 走行距離の制限がある
注意点⑤ 契約対象エリアが東京都に限られ、車種も限定されている

「Honda ON」の料金については、他社とほぼ同等の料金設定にしていますが、「Honda ON」の料金には任意保険料が含まれず、任意保険料が含まれている「KINTO」に比べるとその分は割高と言えます。

本日は、ホンダの新サービス「Honda ON」について、先行する他社サブスクリプションサービスと比較しながら見ていきます。

続きを読む

「楽天Car直販店」で車購入時のメリット・注意点を徹底解説

楽天市場で有名な楽天は中古車の販売にも力を入れています。

楽天の車関連サイト「楽天Car」では、全国の中古車販売店と提携し、約10万台の在庫を掲載しています。

その中で、「楽天Car直販店」はネット上で、車選び~購入手続きが完結するEC(電子商取引)店舗であり、従来型の来店~商談というスタイルから一線を画しています。実店舗も存在しません。

販売契約から購入時のローンについても楽天グループ内でネット上にて完結でき、車業界のEC化が進むかどうかも注目されています。

ただ、「楽天Car直販店」の在庫台数は約60台(2021年8月現在)と、全体からするとごくわずかであり、利用者数はまだまだ少ないです。オープンしてから約1年が経過しますが、在庫台数の拡大は引き続き課題です。

「楽天Car直販店」以外の在庫を購入する際は、「楽天Car」サイトに出品している販売店との契約となり、「カーセンサーネット」や「グーネット」などの他サイトと購入時の流れは同じです。

「楽天Car直販店」の主なメリットは下記6つです。

メリット① 手続きがネット上で完結できる
メリット② 無料で保証(1年)がついてくる
メリット③ 楽天ポイントが貯まる
メリット④ ローン利用時の金利が安め
メリット⑤ 諸費用が細かく明示されている
メリット⑥ 納車後の返品可能

一方、主な注意点としては下記5つです。

注意点① 車両価格が若干高め
注意点② 在庫台数が少ない
注意点③ 実車が確認できない
注意点④ パーツ変更ができない
注意点⑤ 下取りができない

本日は、楽天の中古車EC店舗「楽天Car直販店」について、中古車業界に15年所属した筆者がメリットと注意点についてみていきます。

 

続きを読む

キャンピングカー専門「ダイレクトカーズ」の特徴3つを解説

キャンピングカー販売専門店「ダイレクトカーズ」の特徴はどのようなものなのでしょうか。

「ダイレクトカーズ」では、ハイエースを中心としたキャンピングカーのカスタムを手掛けており、独自のノウハウからユーザーの支持を得ています。

そんな「ダイレクトカーズ」の特徴は大きく下記3つです。

特徴① 蓄積されたノウハウで様々なニーズに対応
特徴② 専門知識を持ったスタッフが接客
特徴③ 購入時のローン金利が安め

本日はキャンピングカー販売専門店「ダイレクトカーズ」の店舗を実際に訪問した所感とともに、特徴をみていきます。

 

続きを読む

ビッグモーターの12か月点検を受けた感想・費用レビュー

ビッグ

ビッグモーターで車を購入したり、車検を受けると、納車(車検完了)1年後に12か月点検の案内連絡がかかってきます。

12カ月点検とは法律で定められた点検であり、車の所有者が実施する義務があるとされています。

筆者は約1年前にビッグモーターで車検を受けたため12か月点検の連絡があり、頻繁に案内の連絡が入るのと店舗が近隣であったため、実際に受けてみました。

電話での案内時は、「12か月の点検費用は9,900円(税込)です!」との話でしたが、実際の支払総額は29,920円かかりました。

ビッグモーターで12か月点検を受けた主な感想としては、積極的に追加作業を勧めてくる、というものです。

点検費用の9,900円という金額は他社相場と同じ位ですが、追加作業の費用は若干高めです。安く抑えたいという場合は、イエローハットなどの他社と比較したほうが良いです。

本日は、ビッグモーターで12か月点検を実際に受けた感想と、費用等の詳細をみていきます。

 

続きを読む