中古車KINTOは利用料が高めで現時点ではメリット薄い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トヨタが提供するサブスクリプション「KINTO」では、「KINTO ONE(中古車)」として、2022年7月27日から中古車の取り扱いを本格的に開始しました。

「KINTO」のサービス開始から約3年が経過し、「KINTO」で利用終了となった良質の中古車を利用した、新たなサブスクサービスとしています。

ただし、現時点では月額利用料が高めなことに加え、利用時には月額利用料6カ月分の申込金が必要となるため、コストメリットは薄いです。

月額利用料はKINTOの新車利用時(解約金フリープラン)と同等若しくは若干高いです。

「KINTO ONE(中古車)」のメリットと注意点は大きく下記となります。

メリット① 利用料が月額定額でわかりやすく、申込時の手続きもラク
メリット② 任意保険(車両保険付き!)が付いている
メリット③ 中古車のため納期が早い
メリット④ クレジット払い可能
注意点① 利用料が高め
注意点② 月額6カ月分の申込金が発生する
注意点③ 2年間しか利用できない
注意点④ 利用できる車種が少ない
注意点⑤ 走行距離の制限がある
注意点⑥ 利用エリアは東京近郊のみ

本日は、中古車の利用を本格的に開始したトヨタのサブスク「KINTO ONE(中古車)」のサービス詳細をみていきます。

 






トヨタのサブスク「KINTO」の中古車版は、群馬トヨタなど一部店舗で試験的にサービス提供されていましたが、本格的に「KINTO ONE(中古車)」としてサービス開始しました。

新車のKINTOと被るものもありますが、「KINTO ONE(中古車)」のメリットは大きく下記4つです。

「KINTO ONE(中古車)」のメリット4つ

メリット① 利用料が月額定額でわかりやすく、申込時の手続きもラク

「KINTO ONE(中古車)」は利用料がサブスク方式の定額でわかりやすいということがあります。

利用料に車両代、諸費用、税金、強制保険料、任意保険料、メンテナンス代が含まれており、個別で税金や保険料の支払いをする手間がありません

毎年税金(自動車税)や保険料を払うのは意外と面倒なため、それらを省けるのは大きなメリットです。

特に保険の更新は、毎年保険料が変動することや、保険会社からのアップグレート提案など、わずらわしく感じることもあり、それらに頭を悩まされることが無いのはありがたいです。

また、メンテナンスも定期的にトヨタディーラーで受けられるため、安心できます。

申込時の手続きはネット+郵送で完結できるため、販売店に訪問したり、営業マンと商談したりという手間が発生しません。

 

メリット② 任意保険(車両保険付き!)が付いている

通常、他社リース契約では利用料に含まれない任意保険が「KINTO ONE(中古車)」の利用料には含まれています。

しかも、付帯される任意保険は対人・対物の相手方への補償だけではなく、自身の車も補償する「車両保険」も付いており、充実した内容となっています

運転を誤ってガードレールや電柱などに衝突するという、いわゆる自損事故や当て逃げ、車庫入れ失敗による破損なども対象となります。(自己負担額は最大5万円)

また、事故を起こしたからといって、利用料が上がるということもありません。

任意保険料は若い人ほど保険料が高額となり、車両保険を付帯すると更に高額となります。

仮に20台前半で初めて任意保険に入る場合は、月に2~3万円となることもあるため、保険料が高額となる若い人や、過去の事故等で任意保険等級が低く保険料が高額となる人に特にメリットがあると言えます。

 

メリット③ 中古車のため納期が早い

KINTO ONE(中古車)」は新車に比べて納期が短いというメリットがあります。

世界的な半導体不足の影響もあり、新車の場合は、約2~3カ月程度、人気車種であれば5~6カ月かかる場合もあり、納期が長いです。

その点、「KINTO ONE(中古車)」では納期が約4~6週間ということで、早めに手元に欲しいという方に適しています。

 

メリット④ クレジット払い可能

「KINTO ONE(中古車)」は新車と同様にクレジット払い対応となっています。

手続きが便利であるとともにクレジットカードのポイントも貯まります。

 

「KINTO ONE(中古車)」の注意点6つ

注意点① 利用料が高め

「KINTO ONE(中古車)」の利用料は高めです。

下記表のように、KINTOで新車を利用した際(解約金フリープラン選択時)と比較して同等若しくは若干高めです。

◆ヤリスクロス(KINTO ONE中古車)

◆ヤリスクロス(KINTO ONE新車)

 

◆ルーミー(KINTO ONE中古車)

◆ルーミー(KINTO ONE新車)

「KINTO ONE(中古車)」の利用車種は、現時点では新車登録から1~2年以内のものが多いことからか、利用料が高めです。

新車とほぼ変わらない利用料であれば、利用するメリットが薄いです。

 

注意点② 月額6カ月分の申込金が発生する

「KINTO ONE(中古車)」の利用時には月額6カ月分の申込金が発生します。

これは、「KINTO ONE(新車)」の解約金フリープランと同様の形態であり、2年間という契約期間の中でいつ解約しても解約金が発生しない代わりに、申込金が必要となるというものです。

ただ、サブスクサービスという性質上、月額利用料以外に費用が掛かるというのは、ユーザーとしては違和感があります

しかも、6カ月分という安くはない金額のため、まとまった金額を用意するのも大変です。

せめて、「KINTO ONE(新車)」のように初期費用フリープランと選択できるようにしたほうが、ユーザーは利用しやすいと思われます。

 

注意点③ 2年間しか利用できない

「KINTO ONE(中古車)」は、利用から車検満了期限の2年後には契約が終了し、それ以上の利用はできません。

車両が気に入ったからといっても、2年後には返却しなければならないため注意が必要です。

 

注意点④ 利用できる車種が少ない

「KINTO ONE(中古車)」の利用車種は、現時点(2022年7月末)では33台と少ないです。

しかも、「ルーミー」、「ヤリス」、「RAIZE」の3車種が多く占めており、幅広い車種からの選択はできません。

サービスイン当初のため仕方ないかもしれませんが、よりラインナップが広がると利用しやすくなると思います。

 

注意点⑤ 走行距離の制限がある

新車のKINTOと同様に中古車利用時も月間走行距離1,500キロという制限があります。

超過した場合には、満了時に1kmあたり11円の追加料金が発生します。

通勤や通学で利用し、年間数万キロ走るという方には不向きです。

 

注意点⑥ 利用エリアは東京近郊のみ

「KINTO ONE(中古車)」の利用対象者はトヨタモビリティ東京が運営する「KINTO」取り扱い店舗のみであり、東京近郊のユーザーに限定されます。

徐々にエリアを拡大していく予定ということですが、現時点(2022年7月末)では、利用エリアが限定されています。

 

今乗っている車を高く売るには「オークション方式の買取サービス」を試してみる

乗り換えを考えており、今乗っている車を高く売るには「オークション方式の買取サービス」という新しいサービスがあります。

「オークション方式の買取サービス」とは、ユーザーの車に興味がある買取店が、ネット上のオークションで競り合うことで、高く売れるという買取サービスです。

「オークション方式の買取サービス」を展開する「楽天Carオークション」は全国の提携買取店最大1,000社から入札を受けることができ、ハマれば驚くほど高く売れるという評判があります。

「楽天Carオークション」はサービスとしては後発ですが、買取に非常に力を入れており、提携買取店に積極的な入札を呼び掛けています。次に販売しやすい人気車種や状態の良い車は特に高く売れる可能性があります。

ユーザーが決める最低落札価格まで入札が入らず、売買が成立しないという場合もありますが、査定料や出品料や無料であり、時間に余裕がある方は試してみてはどうでしょうか。売買成立時には手数料として2万円(税別)が発生します。

楽天IDを持っていると申込がよりスムーズにでき、成約時には1,000ポイントの付与があります。査定依頼は下記公式サイトから可能です。

楽天Carオークション公式サイト

「楽天Carオークション」について詳しくは下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

ハマれば驚くほど高く売れる!楽天Carオークションの全容を解説

買取店と交渉して、確実に売りたいという場合は、下記リクルート社が運営する「カーセンサーネット」を利用すると、複数の買取店を簡単に絞り込んで査定依頼することができます。

買取店の中で高値を提示する確率が高いのは、自社での販売が好調な「ビッグモーター」、「ネクステージ」です。高年式、走行距離が少ないなどの販売店向きの車は積極的に値段を提示してきます。

頻繁に営業電話が掛かってくるのを避けたい!という際は、1社のみへの依頼も可能です。

カーセンサーネット公式サイト

 

最後に

「KINTO ONE(中古車)」は利用料が定額でわかりやすく、充実した任意保険も付帯されるというメリットがあるものの、利用料が高めであり、かつまとまった申込も必要ということで、コストメリットは薄いです。

特に、申込金が必要というのは、手軽に利用するのが難しく、申込金が不要なプランを新設するなどしないと利用者は限られそうです。

KINTOサービス開始時からの返却車両が本格的に戻ってくるのはこれからと思われ、年数が経過した中古車をラインナップに加えて利用料が大きく下がれば、利用者拡大が見込めそうです。

中古車ではない、トヨタ・レクサス新車のサブスク「KINTO」については下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

トヨタ「KINTO」の価格は意外と安め!5つのメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車高く売るなら楽天Carオークション

 

あなたの車を欲しい複数買取店がライブオークションで入札!

ハマれば驚くほど高く売れる!

成約で楽天ポイント1,000ポイント付与!

ハマれば驚くほど高く売れる!楽天Carオークションの全容を解説

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*