KINTO

KINTOでレクサスISを利用前に知るべきポイントを解説

月額定額で新車が利用できるトヨタのサブスク「KINTO」はレクサスもラインナップされており、2020年11月にマイナーチェンジをした新型レクサスISも利用可能です。

「KINTO」での新型レクサスISの月額利用料は108,900円~と、金額だけ見ると高い!という印象です。

実際、「KINTO」の利用期間である3年の残価設定ローンを組んで購入した場合の、総支払額で比較すると、「KINTO」の利用料総額のほうが高くなるケースがほとんどです。

ただし、「KINTO」の利用料には、車両保険コミの任意保険料が含まれており、年齢が若いとか保険の等級が低く任意保険料が高額となる方であれば、「KINTO」の利用料総額のほうが安くなり、メリットが大きくなるケースもあります。

新型レクサスISを「KINTO」で利用する際に向いている方と、そうでない方は下記のような方々です。

◆「KINTO」に向いている方
・手続きをラクにしたい方
・任意保険料が高額な方

◆「KINTO」に向いていない方
・支払額をとにかく安くしたい方
・短期間で手放し、乗り換えの可能性がある方
・利用頻度が高い方

本日は、マイナーチェンジ後の新型レクサスISを「KINTO」で利用する際に、押さえるべきポイントについてみていきます。

 

続きを読む

KINTOで中古車利用する前に絶対に知るべき7つの注意点

トヨタが提供するサブスクリプション「KINTO」のラインナップにトヨタの中古車も加わりました。

新車ではなく、中古車をサブスクリプションの対象とすることで、月々の利用料を抑える戦略です。

ただし、中古車のKINTO利用と、同様の車両を残価設定型ローンで購入した場合と比較すると、支払総額で約50万円も差が出るケースがあり、経済的なメリットとしては薄いです。

2020年11月現在、KINTOでの中古車の扱いは、群馬トヨタが提供している「U-Car KINTO ONE」と直売カーセンサーの「中古車KINTO ONE」の2つの取り扱いとなっています。

その中で、ネット上に利用料を公開し、全国での納車が可能な、直売カーセンサーの「中古車KINTO ONE」について5つのメリットと7つの注意点を見ていきます。

 

続きを読む

トヨタ「KINTO」の価格は意外と安め!5つのメリットを解説

トヨタのサブスクリプションモデル「KINTO」とはどのようなサービスなのでしょうか。また、どのようなメリットがあるのでしょうか。

「KINTO」とは、毎月定額の利用料で車を利用できるというサービスです。

近年主流の毎月定額でサービスを利用できる「サブスクリプションモデル」として、トヨタが提供することで話題になっています。

利用できる車種は全てトヨタの新車であり、点検・整備もトヨタディーラーで受けられます。

そのため、利用料が高めなのでは?というイメージもありますが、他社カーリースの利用料と比較すると意外と安価な価格設定となっています

利用料を含めた「KINTO」のメリットは大きく下記5つです。

メリット① 利用料が安め
メリット② 必要な費用がコミコミの定額払いでラク
メリット③ トヨタディーラーでの点検・整備で安心
メリット④ 任意保険料も利用料に含まれる
メリット⑤ 利用料はクレジットカード払いでOK

一方、「KINTO」のデメリットは下記3つです。

デメリット① 途中解約時には違約金が発生する
デメリット② 走行距離の制限がある
デメリット③ 利用できる車種が限られる

「KINTO」は当初契約期間は3年プランのみでしたが、2020年5月より、5年と7年のプランも追加され、より多くのニーズに対応できるようになってきています。利用できる車種も大幅に増えています。

本日は、テレビCM等で話題のトヨタが提供する新サービス「KINTO」について、中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む

50万円も差が出る?新型ハリアーをKINTOで利用すると割高

トヨタが提供する月額固定で車が利用できる「KINTO」のラインナップに「新型ハリアー」が追加されました。

新型ハリアーをKINTOで利用するのと、近年主流の割賦購入方式である「残価設定型ローン」で購入するのとどちらがおトクなのでしょうか?

結論から言うと、残価設定型ローンで購入した方が総支払額は安価となり、KINTOで利用すると割高となります。

残価設定型ローンのほうが安価な理由は、一定期間経過の車両価値(残価といいます)が高いためです。

ハリアーは中古車市場での人気が高く、再販価格が高いことから、ディーラーも残価を高く設定しています。

ネッツトヨタ広島WEBサイトの残価設定型ローン支払い例の5年後残価は、新車価格の43%で設定されています。43%という数字は他の車種に比べてかなり高めであり、総支払額が安くなる最大の理由となっています。

一例ですが、同じグレードでKINTOを5年間利用した場合と5年間の残価設定型ローンを組んだ場合の総支払額では、約50万円もの差が出ます

本日は、新型ハリアーをKINTOで利用する場合と残価設定型ローンで購入する場合との比較を主に、中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む