ネット上で車検予約が完結!Goo車検の評判は?カード払いが便利

Goo-Netを運営するプロトコーポレーション社が提供する車検取次サービス「Goo車検」の特徴や評判はどんなものなのでしょうか。結論から言うと、ネット上で車検予約が完結し、費用の全額をクレジットカードで支払い出来たり、自宅で引取、納車が出来るため店舗に行く必要が無いという手軽さから評判が良いです。

さらに、車検基本料金が「全車一律8,800円」という費用の安さにもメリットがあります。

車検というと、店舗に出向いて説明を受けたり、改めて車を持ち込んだりと面倒な思いしている方も多いかと思います。そんな今までの車検手続きの手間を省いたサービスが好評のGoo車検について解説していきます。

 

続きを読む

中古車販売店のローン金利は高い!銀行ローンや自社ローンと徹底比較

中古車購入を検討していて、現金支払いではなく自動車ローンを組むことを検討していませんか?

中古車購入時には販売店で自動車ローンをすすめられますが、中古車販売店の自動車ローン金利は5.9~9.8%程度と割高です。一方、銀行や保険会社などが提供している自動車ローンは金利が2~3%程度と安いです。

中古車販売店の自動車ローン金利が高いのは、中古車販売店のマージン(収益)が上乗せされているからであって、金利だけを考えると銀行系の自動車ローンを利用するほうが良いです。

ただ、中古車販売店の自動車ローンは購入者の手間が少ないなどのメリットも存在します。

また、「ローンが通らない方も大丈夫!」という広告を掲げる中古車販売店の「自社ローン」という方法もあり、それぞれのメリット・デメリットが気になるところです。

本日は中古車販売店ですすめられる自動車ローンや銀行等で取り扱う自動車ローン、中古車販売店の自社ローンの違いとともに、ローンを組む際の注意点について、中古車業界に15年所属した筆者が紹介していきます。

 

続きを読む

自動車保険でおすすめな会社は?ダイレクト系5社の保険料を比較

自動車保険でおすすめな会社はどこなのでしょうか?

自動車保険は大きく「代理店系自動車保険」と「ダイレクト系自動車保険」に分かれます。近年はネットで簡単に手続きができ、営業コストを削減することで保険料も安い「ダイレクト系自動車保険」の評判が良いです。

ただ、「ダイレクト系自動車保険」といっても提供している会社も複数あり、どこが良いのか気になるところです。

筆者がおすすめするのは、「イーデザイン損保」です。なぜなら、保険料の安さとともに、事故対応能力も高く、バランスが良いためです。

本日は、おすすめな自動車保険について、ダイレクト系自動車保険5社の特徴を比較しつつ解説していきます。

 

続きを読む

元大手中古車買取スタッフが教える!車を高く売る8つの方法

車を売るなら1円でも高く売りたいですよね?どうすれば、乗っている車を高く売ることができるのでしょうか。

車を売る際には下記のように様々な理由があるかと思います。

「子供が出来たから、車を買い替えなきゃ!」
「今の車飽きたから、新しい車が欲しい!」
「そろそろ車検だから買い替えようか」

あるいは

「都内に転勤だから車はもう必要ない」
「仕事が変わってお金が必要」

その際に、大半の人は手続きが大変だったり、面倒という理由でなんとなくディーラーの下取りに出したり、知っている中古車業者に連絡して言われる査定金額で売却していることが多いです。しかし、何も調べず車を売却してしまうのはもったいないです。

本日紹介する8つの「車を高く売る方法」を実践すれば、最終的に売却金額は最大で10万円以上もかわってくるのです。大手中古車買取業者に15年所属していた筆者が、業界の裏情報を含めて車を高く売る8つの方法を解説していきます。

続きを読む

Goo買取は一括査定より優れている?5つのメリットを解説

Goo買取と一括査定の違いはどのようなものなのでしょうか。最大の違いは、Goo買取では売りたい車の買取に強い1社のみとコンタクトを取ることで、一括査定のように複数買取店からの営業を受けないという点です。

他にも、自宅近隣の買取店の口コミや評判を簡単に調べられたり、半年後までの車の相場推移を確認できたりというGoo買取ならではの特徴があります。

本日は、一括査定とは異なるサービスを展開するGoo買取サイトの特徴について解説していきます。

 

続きを読む

車の買取契約キャンセルはできるか?キャンセル料金は?

車の買取店と売買契約を交わしたものの、事情があってキャンセルしたいと思うこともありますよね。売買契約のキャンセルは可能なのでしょうか。結論から言うと、契約書の定めにもよりますが、多くの買取店では契約後一定期間であれば、契約キャンセルを認めています

また、キャンセル料は車の引き渡し前であれば発生せず、車の引き渡し後であれば買取店で実際に掛かった費用がキャンセル料として発生することが基本です。

本日は買取店との売買契約後のキャンセルについて、申し入れるタイミングやキャンセル料などの注意点を踏まえて解説していきます。

 

続きを読む

車を売った後に代車は借りられるか?代車を借りる時の注意点は?

車の買い替え時に買取店に車を売り引き渡したものの、次の車がまだ納車されないということがあります。

そんな時、次の車がくるまでの期間の代車があったら助かりますよね?車を売った買取店あるいは車を買う販売店から代車を借りられるものなのでしょうか。

結論から言うと、交渉により代車を用意してもらえることは可能です。本日は、車の買い替え時において車が一時的に無くなってしまう不便さの解消方法と代車を借りる際の注意点について解説します。

 

続きを読む

個人でも簡単に出来る!車を売る手続きと必要書類を完全紹介!

車を個人売買やネットオークションで売る場合など、手続きに不安はありませんか?車を売る際にはどのような書類や手続きが必要となるのでしょうか?

車を売る手続きには、大きく分けて2つの項目があります。

(1)名義変更に必要な書類をそろえる
(2)名義変更を行う

業者に車を買い取ってもらう場合は、(2)は業者が代行してくれるため、(1)のみご自身で行う必要があります。一方、個人売買で車を譲り渡す場合は、(1)と(2)の両方を当事者間で行う必要があります。

通常は業者に任せる「(2)名義変更の手続き」も、あなたが個人売買で車を売る場合は、ご自身若しくは買い手が(1)も(2)も行う必要がありますので、結構大変と思われるかもしれません。

しかし、ご安心ください。本日は中古車業界に15年所属していた筆者が、どんな手続きが必要なのかを、一つずつ丁寧に解説してまいりますので、この記事を読んで概要を理解すれば、一人でもサクッと手続きができるようになるはずです!

 

続きを読む

車を売る時によくある20の質問|プロが教える中古車買取ブログ

車を売る時には意外と色々な疑問が出てくることがあります。

そこで、本日は車の売却時によくある質問をまとめてみました。筆者が中古車買取の営業を行っていた時によく受けた質問や、友人知人からの質問、相談を基にまとめています。車の売却を考えている方は参考にしてみてください。
続きを読む

【2017東京モーターショー】最新&未来のクルマ15選

2017年東京モーターショーで注目のクルマを集めてみました。モーターショーというとコンセプトカーに注目が集まりますが、実際の会場では市販車にも注目が集まっていました。

EV化と自動運転の流れが激しさを増してきていますが、取り組み方は各社様々です。マツダとスバルは既存エンジンに磨きをかける、日産と三菱、ホンダはEV化をより推進する、トヨタはハイブリッドと燃料電池で勝負といったような各メーカーの姿勢が感じられます。

会場での人だかりを含めた雰囲気と個人的に気になった最新&未来クルマ15台をご紹介します。

 

続きを読む

買取査定時に事故車と伝えると安くなる?事故車を高く売る方法は?

事故を起こした車は全て事故車となり、買取価格も安くなると思われていませんか?実は、乗っている車が過去に事故を起こしていても事故車となる場合と、ならない場合があります。

筆者の経験上、ユーザーが事故車と思っている車は、事故車でないことがほとんどです。なぜなら多くの場合、事故車とならないバンパー、ボンネット、ドア、トランクなどを修理しているだけの車がほとんどのためです。

本日は業界での事故車の定義とともに、車をぶつけた際に事故車となるかどうかの判断基準とともに、買取に出す際に少しでも高く売却するために押さえておきたいポイントを中古車業界に15年所属した筆者がご説明します。

 

続きを読む

車買取時のよくある3つのトラブルを解説!回避方法は?

車の買取を依頼する際には、どんなトラブルが想定されるのでしょうか?

ほとんどの方はトラブルなど起こらないと思われるかもしれませんが、車の買取時のトラブルは意外と多いです。

車の買取時によくあるトラブルとしては以下の3つがあります。

(1)買取契約成立後に契約金額の減額を迫られるトラブル
(2)複数業者との二重契約に関するトラブル
(3)契約金額送金時や名義変更に関するトラブル

実は、それぞれのトラブルも契約交渉時にわずかな手間を行うだけで確実に回避することができるのです。本日はそのトラブル回避法を中古車買取業界に15年所属した筆者が解説いたします。

 

続きを読む

車を廃車にして手取り10万円超!廃車時の手続きや還付金を解説!

車を廃車にする理由はどのようなものがあるのでしょうか?

・車が古い上に、不要である。

・車が動かなくて、放置している。

・車検が切れている。

・車の所有者が亡くなってしまった。

など人によって廃車にする理由は様々ですが、廃車手続きや動かない車を移動するのは個人では難しいですので、業者に頼むのが一番です。しかも廃車にすると業者からお金がもらえます。

動かない古い車がどうしてお金になるのでしょうか?しかも手続きまで代行してもらっているのに不思議に思いませんか?実は業者にとって廃車はお金になるからです。業者に足元をみられないためにも、本日解説する各項目を押さえておきましょう。

また廃車にすると、車両の買取金額と還付金等で10万円程になるケースがありますので、還付金等についてもケース毎にしっかりおさえておきましょう。

本日は廃車にする際の手続きや還付金について、中古車業界に15年所属した筆者が解説いたします。

 

続きを読む

軽自動車を高く売る方法とは?3つのポイントを解説

軽自動車の売却を考えていませんか?軽自動車は普通車に比べて値落ちが少ないので、購入した値段に対して比較的高値で売却が可能です。

では、普通車に比べてどのくらい値落ちが少ないのでしょうか?実際の例を見てみましょう。

下記表は新車価格と2年後の買取価格の例です。赤字の価格維持率をご覧ください。

メーカー名 スズキ ダイハツ ホンダ トヨタ 日産 マツダ
車名 ワゴンR タント N-BOX プリウス セレナ アテンザ
グレード FX X カスタムG G ハイウェイスター
S-HV
20S
新車価格 119万円 135万円 148万円 259万円 264万円 276万円
買取価格 93万円 102万円 115万円 165万円 170万円 172万円
価格維持率 78.2% 75.6% 77.7% 63.7% 64.4% 62.3%

ご覧のとおり、軽自動車の方が値段が落ちにくいのです。なぜ値段が落ちにくいのでしょうか?
それは軽自動車のマーケット需要がものすごく高い業界背景があるからです。

本日はその業界背景とともに、「軽自動車を高値で買い取ってもらえる3つのポイント」を中古車業界に15年所属した筆者が解説いたします。

 

続きを読む

カレコのカーシェアリングはミニバンもお得!【ヴォクシー利用レポート】

車を購入して所有するのではなく、使いたい時にだけ利用するカーシェアリングの人気が高まってきています。サービス普及当時はコンパクトカーの貸出が主流でしたが、最近はミニバン、スポーツタイプ、輸入車など様々な車種を揃えるカーシェア業者が増えてきました。

カーシェアリングというと短時間の利用というイメージですが、実は12時間や24時間という長時間利用にも適しており、レンタカーよりも安価な料金設定がされています

本日は、特に多彩な車種を揃えるカーシェアリング大手のカレコでミニバン「ヴォクシー」を実際に利用し、サービスの使い勝手や他社との利用料金の比較を行っていきます

 

続きを読む