車を売る時によくある20の質問|プロが教える中古車買取ブログ

車を売る時には意外と色々な疑問が出てくることがあります。

そこで、本日は車の売却時によくある質問をまとめてみました。筆者が中古車買取の営業を行っていた時によく受けた質問や、友人知人からの質問、相談を基にまとめています。車の売却を考えている方は参考にしてみてください。
続きを読む

【2017東京モーターショー】最新&未来のクルマ15選

2017年東京モーターショーで注目のクルマを集めてみました。モーターショーというとコンセプトカーに注目が集まりますが、実際の会場では市販車にも注目が集まっていました。

EV化と自動運転の流れが激しさを増してきていますが、取り組み方は各社様々です。マツダとスバルは既存エンジンに磨きをかける、日産と三菱、ホンダはEV化をより推進する、トヨタはハイブリッドと燃料電池で勝負といったような各メーカーの姿勢が感じられます。

会場での人だかりを含めた雰囲気と個人的に気になった最新&未来クルマ15台をご紹介します。

 

続きを読む

買取査定時に事故車と伝えると安くなる?事故車を高く売る方法は?

事故を起こした車は全て事故車となり、買取価格も安くなると思われていませんか?実は、乗っている車が過去に事故を起こしていても事故車となる場合と、ならない場合があります。

筆者の経験上、ユーザーが事故車と思っている車は、事故車でないことがほとんどです。なぜなら多くの場合、事故車とならないバンパー、ボンネット、ドア、トランクなどを修理しているだけの車がほとんどのためです。

本日は業界での事故車の定義とともに、車をぶつけた際に事故車となるかどうかの判断基準とともに、買取に出す際に少しでも高く売却するために押さえておきたいポイントを中古車業界に15年所属した筆者がご説明します。

 

続きを読む

車買取時のよくある3つのトラブルを解説!回避方法は?

車の買取を依頼する際には、どんなトラブルが想定されるのでしょうか?

ほとんどの方はトラブルなど起こらないと思われるかもしれませんが、車の買取時のトラブルは意外と多いです。

車の買取時によくあるトラブルとしては以下の3つがあります。

(1)買取契約成立後に契約金額の減額を迫られるトラブル
(2)複数業者との二重契約に関するトラブル
(3)契約金額送金時や名義変更に関するトラブル

実は、それぞれのトラブルも契約交渉時にわずかな手間を行うだけで確実に回避することができるのです。本日はそのトラブル回避法を中古車買取業界に15年所属した筆者が解説いたします。

 

続きを読む

車を廃車にして手取り10万円超!廃車時の手続きや還付金を解説!

車を廃車にする理由はどのようなものがあるのでしょうか?

・車が古い上に、不要である。

・車が動かなくて、放置している。

・車検が切れている。

・車の所有者が亡くなってしまった。

など人によって廃車にする理由は様々ですが、廃車手続きや動かない車を移動するのは個人では難しいですので、業者に頼むのが一番です。しかも廃車にすると業者からお金がもらえます。

動かない古い車がどうしてお金になるのでしょうか?しかも手続きまで代行してもらっているのに不思議に思いませんか?実は業者にとって廃車はお金になるからです。業者に足元をみられないためにも、本日解説する各項目を押さえておきましょう。

また廃車にすると、車両の買取金額と還付金等で10万円程になるケースがありますので、還付金等についてもケース毎にしっかりおさえておきましょう。

本日は廃車にする際の手続きや還付金について、中古車業界に15年所属した筆者が解説いたします。

 

続きを読む

軽自動車を高く売る方法とは?3つのポイントを解説

軽自動車の売却を考えていませんか?軽自動車は普通車に比べて値落ちが少ないので、購入した値段に対して比較的高値で売却が可能です。

では、普通車に比べてどのくらい値落ちが少ないのでしょうか?実際の例を見てみましょう。

下記表は新車価格と2年後の買取価格の例です。赤字の価格維持率をご覧ください。

メーカー名 スズキ ダイハツ ホンダ トヨタ 日産 マツダ
車名 ワゴンR タント N-BOX プリウス セレナ アテンザ
グレード FX X カスタムG G ハイウェイスター
S-HV
20S
新車価格 119万円 135万円 148万円 259万円 264万円 276万円
買取価格 93万円 102万円 115万円 165万円 170万円 172万円
価格維持率 78.2% 75.6% 77.7% 63.7% 64.4% 62.3%

ご覧のとおり、軽自動車の方が値段が落ちにくいのです。なぜ値段が落ちにくいのでしょうか?
それは軽自動車のマーケット需要がものすごく高い業界背景があるからです。

本日はその業界背景とともに、「軽自動車を高値で買い取ってもらえる3つのポイント」を中古車業界に15年所属した筆者が解説いたします。

 

続きを読む

カレコのカーシェアリングはミニバンもお得!【ヴォクシー利用レポート】

車を購入して所有するのではなく、使いたい時にだけ利用するカーシェアリングの人気が高まってきています。サービス普及当時はコンパクトカーの貸出が主流でしたが、最近はミニバン、スポーツタイプ、輸入車など様々な車種を揃えるカーシェア業者が増えてきました。

カーシェアリングというと短時間の利用というイメージですが、実は12時間や24時間という長時間利用にも適しており、レンタカーよりも安価な料金設定がされています

本日は、特に多彩な車種を揃えるカーシェアリング大手のカレコでミニバン「ヴォクシー」を実際に利用し、サービスの使い勝手や他社との利用料金の比較を行っていきます

 

続きを読む

タイムズカーレンタルで実際にプレマシーを利用した評判・レビュー

タイムズカーレンタルの評判やサービスの特徴はどのようなものなのでしょうか?知名度としては「ニッポンレンタカー」や「トヨタレンタリース」の大手に比べると低く、初めて名前を聞く人も多いかもしれません。

しかし実はタイムズカーレンタルの前身は「マツダレンタカー」であり、全国に400店舗以上を持つ大手レンタカー会社なのです。しかも、近年は首都圏を中心に店舗数を増やし、高級輸入車レンタルなどの独自サービスが評判を呼び、利用者数が増加しています。

本日は、タイムズカーレンタルでレンタカーを借りて、実際の利用しやすさや他社との料金比較をしながら、評判や特徴を解説していきます。

 

続きを読む

車買取の出張査定で4人に1人は即決している?即決のメリットは?

車買取の出張査定で1社目にきた買取店で決める人はどのくらいいるのでしょうか?筆者の約15年の経験からいうとだいたい4人に1人は1社目の買取店で即決しています。

そもそも即決するメリットはどのようなものなのでしょうか?ひとつは複数買取店と交渉する時間と手間が掛からず労力が少ないという点です。

しかし、1社目で即決すると買取店の言い値であり、買取金額が安いのではという懸念もあると思います。

そこで、本日は1社目で即決することで時間と労力を抑えながらも、安く買い叩かれないためのおすすめな方法について紹介していきます。

 

続きを読む

タイムズカーレンタルで名車に乗れる!ポルシェケイマン利用レポート

ポルシェやロータスなどの高級輸入車を手頃な値段でレンタルできると評判の、タイムズカーレンタルServiceX(サービスエックス)の利用料や利用しやすさはどうなのでしょうか?

実際にポルシェケイマンSを利用してみた感想としては、手続きが思ったよりもスムーズで利用しやすい印象です。

また、利用料も高級輸入車を扱う他社に比べて割安です。

本日は、タイムズカーレンタルの名車レンタルサービス「ServiceX」を実際に利用した感想を基に、使い勝手について解説します。

 

続きを読む

中古車販売・買取業界の年収を公開!各部門の給料体系の違いは

中古車販売・買取業界の年収(給料)はいくらくらいなのでしょうか?

業界の平均としては、メーカーや金融、商社に比べて低い水準にあります。ただし、中古車販売・買取業界は営業実績が大きく評価される業界であり、営業部門の給与水準は比較的高めです。また、優秀な営業マンになると年収で1,000万以上という突出して高くなるケースも多いです。

本日は、中古車業界に15年所属した筆者の実際の年収を公開し、業界と各部門の給与水準について解説していきます。

 

続きを読む

車買取大手が軒並み減益!買取が低迷する中での今後の展望は  

中古車買取大手のIDOM(ガリバー)、アップル、カーチスの直近決算が発表され、各社ともに減益となっています。それぞれ買取台数の伸び悩みが続いているようです。

背景としては、売却案件自体の減少や一括査定以外のサービス台頭などがあげられます。

また、オートオークション相場の低迷が中古車買取大手の収益を圧迫しています。そのため、オークション販売ではなく小売(直接販売)により力を入れていくようです。

本日は、中古車買取大手と中古車オークション運営大手の直近決算を踏まえて、業界の現状と今後の展望について考えます。

 

続きを読む

カーシェアリングで車の維持費をカット!おすすめカーシェア業者は?

車の維持費が高くてキツイ!と思っていませんか?車の維持費を削減する方法のひとつとして、車を手放してカーシェアリングを利用するということがあります。

一昔前までは、カーシェアリングというと「借りる場所(ステーション)が少ない」とか「土日に予約ができない」とか「車種のバリエーションが少ない」というデメリットが複数ありました。

しかし、近年は各社のステーション数が大幅に増加し、利用車種も様々であるなど、サービス拡充が進み、利用者数も年々増加しています。

本日は、車の維持費を削減する方法のひとつとして、カーシェアリングを利用するメリットについて紹介していきます。

 

続きを読む

車検時に納税証明書は必要?紛失時の再発行方法は?

車検を依頼する時に自動車税の納税証明書が必要になるのでしょうか?結論から言うと、車検の代行業者が納税の確認をするため納税証明書が必要となります。

実は、平成27年4月以降普通車の納税確認が電子化されたため陸運局での車検証更新時に納税証明書提出は不要となりました。そのため、依頼する業者によっては電話確認などで納税の確認が取れれば納税証明書の提出は不要で良いとする所もあります

ただし、業者が都度納税確認を行うのは大変なため、納税証明書の提出を必須とする所がほとんどです。

本日は車検時に納税証明書が必要となる理由とともに、納税証明書が無い場合の再発行方法をケース毎に解説していきます。

 

続きを読む

車を売る時に自動車税を支払っていない場合の対応方法は?

自動車税を支払っていなくても車を売ることはできるのでしょうか?

結論から言うと、買取店に売る時には必要書類として自動車税の納税証明書があり、納税の確認をするため自動車税を支払っていないままでは売れません

ただし、車検の期限が迫っている若しくは車検が切れている場合で抹消登録をすることが確実な時は、売却する月までの月割りで支払えることもあります。

本日は、車を売る時に自動車税を支払っていない場合の対応方法について解説します。

 

続きを読む