プロに任せて安心!車の個人売買サイト「カババ」を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トラブルなく安心して車の個人売買ができるサイトはあるのでしょうか?

車の個人売買というと、売り手は高く売れ、買い手は安く買えるというメリットがある反面、車の品質や手続き・支払いに関するトラブルが懸念され、国内ではあまり浸透していません。

そんな中、査定や相場に精通するプロが仲介することで、安心な取引を実現する「カババ」というサービスが新たに始まりました。

「カババ」の最大の特徴は、出品車をプロが鑑定し、品質と価格の妥当性をチェックしていることです。

品質についてはサイト上の動画で詳しく紹介され、価格については類似車両との比較から妥当性が示されています

また、個人売買にもかかわらず、購入時にはローンも利用できるということで、幅広いニーズに対応しています。

本日は、個人売買をプロが仲介することで、安全・安心な取引を実現する個人売買サイト「カババ」についてみていきます。

 

プロに任せる個人売買「カババ」の3つのメリット

個人売買の仲介というと業界大手のガリバーが「ガリバーフリマ」というサービスで先行していますが、カババは「ガリバーフリマ」よりも、さらに安心・安価なサービス内容で、利用者数の拡大を目指しています。

カババの主なメリットは下記3つです。

メリット① 出品車両は全てプロが鑑定

「カババ」の出品車両は全てプロの査定士がチェックしています。

個人売買で最も気になる点は、買おうとする車の品質に問題がないかどうかということです。

「カババ」ではプロが修復歴やエンジン回り、キズの状態などを細かくチェックしています。

車両の状態はサイト上に詳しくアップされ、「車両紹介」、「テストドライブ」など動画も複数アップされています。

鑑定の資格を有するカババの代表取締役自らが査定し細かく解説している動画もあり、車両情報の公開にはかなりの力が入っています。

プロの査定+動画での車両説明という個人同士の売買では得られない情報を公開することで、売り手と買い手双方に安心感を与えています

 

メリット② 適切な値付けができる

個人売買が成立しにくい理由の一つに、適切な値付けがされていないということがあります。

多くの場合、値付けが高めに設定されすぎて、個人売買なのに販売相場と大きく変わらず買い手のメリットが薄くなっています

通常、買取店の買取価格と販売店の販売店には大きな差があります。理由は流通コストが高額であり、販売価格にその分上乗せされているからです。

100万円クラスの車であれば、下記例のように買取価格(80万円)と販売価格(130万円)の差は50万円程度あります。

個人売買となると流通コストが無くなる分、適切な値付けで売買が成立すると、売り手と買い手双方にメリットが生じます。買い手に消費税が発生しないというメリットもあります。(下記 カババでの売買価格を115万円と仮定)

値付けを安く設定し過ぎると売り手のメリットが少なくなり、逆に高く設定し過ぎると買い手のメリットが無く売買が成立しません。

「カババ」では、プロが適切な値付けをアドバイスしてくれるとともに、出品する車と同様の価格情報を比較し、サイト上に掲載することで価格の妥当性を示しています

そうすることで、買い手も納得しやすく、売買成立につながりやすくなっています。

 

メリット③ 購入時にローン利用可

「カババ」では買い手の購入時に現金だけでなく、ローンの利用も可能としています。

「カババ」が提供するローンの金利は3.9%ということで、ビッグモーターやガリバーなど大手中古車販売店の9%台と比べてかなり安いです。

ローンの支払回数も6回から最長120回まで選択でき。一般のローンより自由度が高いです。

ローンのシミュレーションや審査についてもサイト上で簡単にでき、手続きも簡単です。

ローンの金利は1%変わるだけでも、総支払額が数万~数十万変わってくる場合があります。

「カババ」の提供するローン金利は大手中古車販売店より安いですが、とにかく総支払額を抑えたい!という場合は、損害保険ジャパン日本興亜が提供する「ジャパンダ・ネットマイカーローン」を選択することをおすすめします。

「ジャパンダ・ネットマイカーローン」は金利が1.9%~2.85%(審査による決定)と低い上に、手続きも簡単ということで近年利用者が増えてきています。

審査は下記サイトから簡単にできるため、ローンでの購入を検討している方は試してみてはどうでしょうか。

「ジャパンダ・ネットマイカーローン」について詳しくは、下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

27万円も差がつく!金利が安く手続きも簡単なオートローンを紹介

 

カババで購入時(買い手)の手数料は3万円

カババ利用時の手数料としては、購入時(買い手)に3万円(税別)で設定されています。(2020年9月現在)

売る側の手数料は発生しません。

競合サービスである「ガリバーフリマ」では売り手と買い手双方に手数料がかかる上に、手数料額も高額なため、カババのほうが利用者としては使いやすいです

購入時(買い手)には名義変更手数料(5万円)や車庫証明取得代行料(2.5万円)が発生しますが、大手中古車販売店で発生する「未経過分自動車税」や「リサイクル料」は発生せず、販売店の諸費用と比較すると安価です。

 

整備付き(1年保証)での購入も可能

個人売買が敬遠される理由として、整備に不安があるということがあります。

カババでは購入時のオプションとして、整備付き納車を選択することができます。

保証の対象範囲は業界最多水準であり、24時間365日のロードサービスも付帯されます。

個人売買でも安心して乗りたいという方に適しており、売買のしやすさにつながっています。

ただ、一部車両は保証対象外となるため注意が必要です。

 

出品中にカーシェアとして掲載することも可能

カババのサイトに出品(掲載)した際に、カババの運営会社「株式会社アラカン」が提供するオーナーズカーシェアクラブに同時掲載することも可能です。

売り手としては、出品し売れるまでにカーシェアで稼ぐことができるというメリットがあり、一方買い手としては、気になっている車を実際に乗ってみて判断できるというメリットがあります。

 

カババのサービスは魅力的な反面マッチングする確率は低い

カババの運営会社の代表取締役いわく、カババを通してクルマの流通コストを現状の30万円から3万円と、10分の1まで下げることが目標とのことです。

また、個人売買で生じる車のアタリ、ハズレを無くし、アタリだけにするとともに魅力的な値付けで取引を増やしていくとのことです。

確かに、アタリの車しか出品されておらず、かつ値段も安いということであれば、販売店を利用する必要はありません。

カババはより安心でき、より経済的メリットがある仕組みで、車の売買方法を改革しようとしており、今後の展開に期待されます。

一方、カババの懸念点としては、サービスインして間もないため、掲載台数が圧倒的に少ないということです。

近年はネット上で多大な情報を検索できることから、ユーザーの欲しがる条件が細かいことが多いです。

現状では、ユーザーの希望する車がカババの在庫とマッチングする確率が低いと思われます。

そのため、確実に売却したいという方には不向きです。

確実に売却したいという場合は、一括査定サイトを利用し、複数の買取店と直接商談し、売却することをおすすめします。

一括査定の中では、下記リクルート社が運営するカーセンサーネットを利用すると、簡単に複数買取店を絞り込んで依頼することが可能です。

複数買取店と商談するのは面倒という場合は、1社のみへの依頼も可能です。

カーセンサーネット公式サイト

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*