ガリバーで車購入時によくある4つのクレームを分析!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中古車買取で有名なガリバーは、全国に展開する自社の店舗で販売も積極的に行っています。

ただ、販売時の評判はあまりよくありません。

ヤフー知恵袋などの口コミサイトにはガリバーで車購入時の数々のクレームがあります。

ガリバーで車を買った際のよくあるクレームは下記4つのケースです。

クレーム① 購入時の説明が不十分
クレーム② 購入後のフォローがない
クレーム③ ローン金利が高い
クレーム④ 保証の制限が多い

ガリバーは元々、中古車買取専門でスタートしましたが、近年は収益拡大のため自社での販売に力を入れています。

伴って、「WOW!TOWN」「ガリバーアウトレット」「LIBELARA」などの、コンセプトの異なる販売店も多数出店してきました。

ただ、上記のような販売をメインで行う店舗以外の買取をメインで行う店舗では、営業担当者の忙しさから販売時のフォローが十分にできないという状況があります

そのことが、購入者からのクレームにつながるひとつの要因になっています。

本日は、ガリバーで車を買う際によくある4つのクレームと注意点についてみていきます。

 

クレーム① 購入時の説明が不十分

ガリバーで車を買う際はほとんどの場合、実車を見ることなくガリバーのシステム上で画像を確認するのみで購入します。

なぜなら、「WOW!TOWN」や「ガリバーアウトレット」などの大型販売店以外の買取をメインで行う店舗では、店舗の在庫台数が少ないため、他の店舗にある在庫を紹介されるからです。

その際、車の状態についてしっかりと説明がされず、クレームになることが多いです。

一番多いのが、内外装の状態についてです。例えば「こんなキズがあるのは知らなった!」とか「内装がこんなに汚れているとは思わなかった!」というものです。

車の内外装の状態は、車のチェックシートで確認しますが、チェックシートの記入は各店舗の裁量にまかせられており、一定の基準はあるものの、チェックする人によって大きな差があります。

そのチェックシートを説明する営業担当者によっても差があり、細かいところまで説明がされない場合があります。

また、ナビやオーディオ等の装備品についても、担当者によって細かい点まで説明がされない場合があり注意が必要です。

画像で確認して購入する際には、営業担当者に現車確認(現地にある車を確認してもらう)を電話で行ってもらうほうが良いです。

そうすることで、認識の違いを防ぐことができます。

 

クレーム② 購入後のフォローがない

ガリバーで車を買った後のフォローがほとんどない!というクレームがあります。

販売をメインで行っている「WOW!TOWN」や「ガリバーアウトレット」などの店舗では販売後のフォローもしっかりとしていますが、買取をメインで行っている買取店ではフォローが十分になされないことがあります。

その要因としては、買取店は買取台数のノルマがあり、買取の査定、商談、書類整理などの業務に日々追われ、販売後のフォローにかける時間がないことがあげられます

筆者の経験からも、買取店でも販売の実績を本社から求められますが、販売のフォローに十分な時間を取ることはできませんでした。

買取の業務をしながら販売のフォロー業務もしっかり行うのは非常に難しいです。

買取がメインの店舗は、買取台数の数字を追いがちです。

購入後のフォローは特に不要という方は問題ないですが、しっかりフォローしてほしいという方は販売をメインで行っている「WOW!TOWN」や「ガリバーアウトレット」などの店舗で購入することをおすすめします。

 

クレーム③ ローン金利が高い

ガリバーのローン金利は9.8%ということで、銀行系やディーラーのローン金利に比べると高めです。

ガリバーに限らず、中古車販売店の金利はだいたい8~9%前後であり、長期間のローンを組むとローン利息だけで数十万円となることがあり、かなりの高額となります。

クレームの中には、月額の支払い額しかほとんど説明されず、支払総額を見たら思いもかけない高額で驚いた、というものもあります。

ローンを組む際には、月々の支払とともに利息がどのくらい発生するかをしっかり確認したほうが良いです。

ガリバーのローン金利についての詳細は、下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

ガリバーのローン金利は高すぎ?利息を50万円安くする方法は

 

クレーム④ 保証の制限が多い

ガリバーは10年間という長期間の保証を有償で提供しています。ただ、その保証を受けるには下記制限があります。お金を払って保証に加入したのだから、故障時には無料で修理してもらえるはず!という購入者の認識があり、クレームにつながる場合があります。

① 保証を受ける際に免責金額が発生する

車を買ってから1年以内は無償での保証適用となりますが、2年目以降は10,000円の免責金額が発生します。

よって、保証を受ける場合には10,000円を購入者が負担する必要があり、10,000円を超えた分をガリバーが保証してくれます。

購入時にその説明がしっかりと伝わっていない場合に、免責金額をめぐりクレームになることがあります。

 

② 車検をガリバーで受ける必要がある

ガリバーの長期保証を適用し続けるには、2年に一度の車検をガリバーで受ける必要があります。

近所の格安車検などで車検を受けてしまうと、保証が切れてしまいます。

ガリバーの車検内容に納得ができない場合でも、ガリバーで車検を受けないと保証が継続できないということで、クレームになることがあります。

 

③ 対象となる部品が限られている

保証の対象となる部品は限られています。保証部品はメーカーの保証に準じており、消耗部品は対象外となります。

ライトやバルブ、ゴム類などの消耗品も保証してくれると勘違いする購入者もいます。

有償での保証を付ける場合には、どの範囲まで保証されるのかをしっかりと確認することをおすすめします。

 

実車を見て購入するのがおすすめ

ガリバーで車を購入する際は、店舗に在庫として置いてある車を実際に見て購入したほうが良いです。

なぜなら、ガリバーでの購入時のクレームで最も多いのは、商談時に説明を受けた時と車の状態のイメージが違っていたというもののためです。

ただ、ガリバーの買取店で展示されている車は数が限られます。だいたい20~30台程度です。

よって、在庫を多数展示している「WOW!OWN」、「ガリバーアウトレット」などの大型展示場で購入することをおすすめします。

店舗に在庫が無く、遠方にある車が欲しい場合には、現地の担当者に車をしっかりと確認してもらったほうが良いです。

ガリバーアウトレットの詳細は下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

リバーアウトレットの中古車は高いか?3つのデメリットを徹底分析

 

チャットで相談ができるクルマコネクト

実際に店舗に行くのは面倒だし、そもそも車のことはよくわからない・・・という方には、好きな時間にチャットで相談できる「クルマコネクト」というサービスがあります。

希望する条件を伝えるだけで、ガリバーの専門アドバイザーがチャットで回答してくれます。対面で営業されるのは苦手という方や店舗に訪問する時間が無いという方に適しており、未公開の在庫情報をいち早く教えてもらえます。

ローンの審査もチャット上で可能です。

↓ チャットで相談してみる ↓

クルマコネクトの詳細は下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

チャットで簡単に相談できる!クルマコネクトの3つのメリットとは

 

最後に

ガリバーは全国の店舗をあげて販売の推進をしていますが、数々のクレームも発生しています。

ガリバーの買取店で車を購入する場合には、買取店の業務が忙しいことから販売フォローが十分になされない場合があります。

販売後のフォローをしっかりとしてほしい!という方は、ガリバーの大型展示場での購入をおすすめします。

大型展示場は整備工場も併設しており、車両トラブル時への迅速対応も可能です。

ガリバーの買取を含めた評判は下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

元業界人が教える!ガリバーの悪い評判・口コミは真実か?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車を売る新しい方法【ユーカーパック】

あなたの車を欲しい買取店がネット上で入札!
個人情報が流れず営業電話が掛かってこない!
複数買取店と商談したくない方向け


50万円も高く売れた!ユーカーパックの評判とデメリットを分析!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*