ガリバーアウトレットの中古車は高いか?3つのデメリットを徹底分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ガリバーアウトレットの中古車は高いのでしょうか?諸費用についても気になるところです。

結論から言うと、販売価格、諸費用ともに他社に比べると高めです。

ガリバーは、買い取った車をそのまま自社で販売することに注力しています。

ユーザーから直接買い取った車は、オートオークションで落札してくる車両よりも質が良いとされており、ガリバーアウトレットでは質の良さを理由に販売価格を高めに設定しています。

ただ、買い取った車を自社で直接販売する流れは近年の主流となっており、ガリバーアウトレットだけが特に質の良い車を扱っているとは言えません。

本日は、実際にガリバーアウトレットを訪問した感想も踏まえて、ガリバーアウトレットのメリット・デメリットを見ていきます。

 

ガリバーアウトレットの主なデメリット3つ

デメリット① 販売価格が高め

ガリバーアウトレットは、もともとガリバーの各店舗での販売時に必須であった保証や整備のオプションを、付けるか付けないかを選択でき総額を抑えた買い方ができる、というコンセプトで始まりました。

しかし、そのコンセプトが好評であり、近年ではガリバーの各店舗でも保証や整備を選択できるようにしており、ガリバーの各店舗とのガリバーアウトレットの違いはほぼ無くなっています。

ガリバーアウトレットの販売価格は、ガリバーの各店舗の基準と同じであり、一般の中古車販売店の価格に比べると高めです。

販売価格を高めに設定している理由は、ユーザーから買い取った直後の良質な車両を販売しているという理由になります。

ただ、最近ではビッグモーターやカーセブンをはじめ、買い取った車を直接販売している販売店は多くありますので、ガリバーの優位性は低くなってきています

 

デメリット② 諸費用が高い

ガリバーアウトレットの諸費用は、一般的な中古車買取店に比べて高めです。主な項目の金額を下記に記載します。

※車検ありとは車検が付いている車を購入する場合で、車検なしとは車検が付いていなく購入時に新たに2年付ける場合

※車両はプリウスクラスを仮定

①名義変更費用46,000円

車の名義を変更する費用です。

他社ではだいたい2~3万円のところが多く、ガリバーアウトレットでは高めです。

 

②納車整備費用45,000円

車検が付いている際の整備費用となります。法定12か月点検に準ずる作業と消耗品の交換費用となります。

他社ではだいたい2~3万円のところが多いです。

 

③車検整備費用65,000円

車検を取る際に整備をする費用です。法定24か月点検と消耗品の交換費用、不具合個所の修理費用となります。

他社でもだいたい5~6万円であり、大差はありません。

消耗品の大小に関わらず定額での費用となります。

 

④車検代行費用19,000円

車検を代行する手数料になります。

他社では車検整備費用に含まれ、費用が発生しないことが多いです。

 

⑤納車費用28,000円

納車時の洗車やクリーニングなど、納車準備にかかる費用です。他社では1万円前後か掛からない場合もあります。

特別な作業をするわけではないので、交渉により値引きもしくは削除できる場合があります。

 

⑥車証明庫代行費用19,000円

名義変更に必要となる「車庫証明書」の取得をガリバーに依頼した場合の費用になります。

自分で警察に行って取得するのであれば、この費用は削ることができます。

車庫証明の取り方は下記にまとめていますので参考にしてみてください。

車の買い替えや引越時に車庫証明は必須か?申請書の書き方は?

 

⑦10年保証85,000円

ガリバーでは10年という長期保証を有償で提供しており、その費用となります。

10年保証を付けるかどうかは選択できます。付けなかった場合は3か月のみの保証(国産車)となります。(輸入車は1か月)

10年保証で対象となる部品は、メーカーの保証に準じています。

詳しい対象部品は下記に記載されています。

ガリバー公式サイト保証項目

注意したいのは、2年目以降に保証を受ける際には免責金額が発生することと、2年毎の車検をガリバーで受ける必要があるということです。

 

⑧10年保証ワイド160,000円

10年保証ワイドは10年保証の保証内容に加えて、10年保証でカバーしていない、オーディオやナビなどの電装系部品も保証してます。

10年保証ワイドも、10年保証と同様の適用条件があります。

 

⑨メンテナンスパッケージ2年90,000円

定期的な点検作業とオイル交換などの消耗品交換をしてくれる費用となります。

メンテナンスパッケージを付けていると、ガリバーで車検を受ける際の追加整備費用が発生しません。

ただ、営業の担当いわく、費用が高額なためこのパッケージを選択する人は少ないようです。

 

デメリット③ ローン金利が高い

ガリバーアウトレットのローン金利は9.8%ということで、銀行系やディーラー系のローンと比較して高めです。

ガリバーアウトレットでは最長7年という長い期間でローンを組むことも可能ですが、期間が長いと金利が大きくふくらみます。

1例ですが、180万円のローンを84回(7年)で組んだ場合には、金利の安いローン(金利2.8%)と比較すると約50万円も差が出てきます。

金利 利息総額
ガリバーローン 9.8% 694,502円
他社ローン 2.8% 183,228円
差額 511,274円

支払総額を抑えたい場合は、下記のような金利の安い自動車ローンを選択したほうが良いです。ジャパンダ・ネットマイカーローンは信販系のローンと銀行系のローンのいいとこ取りをしたようなローンで、評判が良いです。

↓ 審査依頼してみる ↓

ガリバーのローンについては下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

ガリバーのローン金利は高すぎ?利息を50万円安くする方法は

 

ガリバーアウトレットの最大のメリットは実車を確認できること

ガリバーアウトレットの最大のメリットは実車が確認できることです。

全国にある買取がメインの店舗では、在庫が少ないため、他店舗の在庫をネットで確認しながらの商談となります。

画像での商談時は、車のチェックシートを見ながら状態の確認をしますが、チェックシートだけでは伝わらないことが多いです。

実際に車が届いてみたら、思ったよりもキズが多かったとか室内の汚れが気になるということで、クレームになることがあります。

内装の使用感や、室内の臭いなどは画像ではわからないため、実車を確認できるほうが安心感は圧倒的に高いです。

また、試乗もできるため、乗り心地や取り回しのしやすさなどの細かい部分が気になる方にも安心です。

 

値引き交渉も可能?

ガリバーアウトレットでは、店舗の責任者に値引きの権限が与えられているとのことです。

販売店ではどれだけ早く在庫を回転させるかが、実績を出すポイントです。

売れ残ってオートオークションで処分すると、利益率が低くなるため、1日も早く販売したいというのが本音です。

店舗毎に販売予算が決まっており、月末になると数字の達成を本部から追い込まれるため、多少の値引きであれば応じて販売したいという思いがあります。

実際、筆者が訪問した際も、「月末で数字が追い込まれているため、値引き頑張ります」との言葉がありました。

特に、長期間在庫として残っている車両は値引き額が大きいようです。

 

接客対応は問題なし

ガリバーは東証一部上場ということもあり、教育・研修に力を入れています。

筆者も実際に店舗を訪問しましたが、スタッフの対応は親切であり、一台一台丁寧に車を紹介してくれました。

多少値段が高くても、安心して車を購入したいという方には良いかと思います。

 

今乗っている車を高く引き取ってもらうためには

ガリバーアウトレットは車の買取も行っています。ガリバーアウトレットで次の車を購入する場合は、買取(下取り)も合わせて依頼することで、より良い条件を引き出せます。

ただ、車の買取はガリバーアウトレットのみでの価格で決めてしまうのはもったいないです。

他社の買取店を比較することで、より高く売れる可能性があります。

また、他社の提示した金額を交渉材料にすることで、購入時の良い条件を引き出すことも可能です。

ガリバーアウトレットで商談をする前に、下記のような一括査定サイトで見積もりを取っておくと良いです。

カーセンサーネットはリクルート社が運営しており実績があるとともに、複数買取店の中から簡単に絞り込んで依頼できるためおすすめです。

カーセンサーネット公式サイト

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*