車を売る時に住民票は必要か?必要枚数は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車を売る時に住民票は必要なのでしょうか。結論から言うと、現住所(住民票上の住所)と車検上の住所が異なる時に住民票原本が必要となります。理由は、陸運局で名義変更をする際に現住所と車検証の住所のつながりを証明する必要があるためです。

一方で上記は普通車を売る場合であり、軽自動車の場合は現住所と車検証上の住所が異なっていても不要であることがほとんどです。

現住所と車検証上の住所が同じであれば住民票は不要です。

本日は、車を売る時に住民票が必要となるケースについて解説していきます。

住民票とは

住民票とは現在の住所を証明する書面であり、管轄の役所や行政サービスコーナーで取得できます。最近は一部コンビニでも取得可能です。住民票には現在の住所とともに、以前(直前)の住所も記載されており、転居履歴が分かるようになっています

車検証と現住所が異なる時に住民票が必要

陸運局での名義変更時に現住所と車検証上の住所が異なる場合は、住所のつながりを証明する必要があります。その書面として住民票が必要となります。そのため車を売る(譲る)時に住所変更がある際は必ず住民票が必要となります。

住民票以外の必要書類については下記記事にまとめていますので、参考にしてください。

個人でも簡単にできる!車を売る手続きと必要書類を完全紹介!

軽自動車を売る際は住民票が不要の場合がほとんど

軽自動車の名義変更時には売る側(旧所有者)の現住所と車検証の住所が異なっていても証明する書面は不要です。そのため、住民票も必要ありません。

買取店への提出書類も軽自動車の場合は、免許証コピー裏面の転居履歴で対応してくれ、住民票は不要なことが多いです。ただし、買取店の方針によっては住所が異なる場合は住民票を必須とする所もあり、確認が必要です。

車検証上の住所から転居が2回以上の場合は別途書類が必要

住民票では現在の住所と以前(直前)の住所しか記載されません。そのため、車検証上の住所から2回以上転居している場合は、住民票を取っても車検証上の住所が記載されません。その場合は下記2つのいずれかの対応が必要です。

①住民票の除票を取得する

以前(直前)に住んでいた住所で旧い住民票を取ることで転居履歴をつなげることができます。住民票の除票といい転居前住所と転居先住所が記載されています。

車検証上の住所から転居が2回であれば現住所の住民票と前住所の住民票の除票で車検証上の住所までのつながりを示せます。転居が3回以上であれば、転居してきた住所で住民票の除票をそれぞれ取得する必要があります。

同一市区町村内での転居の場合で、現住所の住民票に複数の転居履歴が記載されていて。車検証上の住所までつながるという場合は、その住民票のみで大丈夫です。

住民票の除票は役所での保管期間が定められていますので、一定期間(5年程度)経過すると取得できなくなります。その場合は、下記②の方法で対応します。

②戸籍の附票を取得する

過去の転居から長期間が経過し住民票の除票が取れない場合や、複数の地域で住民票の除票を取得するのは面倒という場合は、戸籍の附票を取ることで代用できます。

戸籍の附票とは本籍地で取得できる書面であり、過去の転居履歴が全て記載されています。ただし、車の購入後に本籍地を変更していた場合は、変更した時からの転居履歴しか出ませんので、旧本籍地でも戸籍の附票を取得し住所をつなげる必要があります。

また、戸籍の附票は改製されることがあり、普通に取ると改製後の転居履歴しか出ないことがあります。改製後のもので車検証上の住所まで載っていない場合は、改製される前のもの(改製原の戸籍の附票と言います)も取得し、車検上の住所までつなげる必要があります。

戸籍の附票で住所のつながりを示すことができれば住民票は不要です。

住民票(除票)や戸籍の附票は郵送での取得も可能です。管轄市役所のホームページから申請用紙をダウンロードし本人確認書類と手数料(郵便為替等)を送付することで対応してもらえます

所有権が付いている場合は、所有権先への確認が必要

上記は車検証名義が本人のケースであり、所有権が付いている(車検証上の所有者欄がディーラーやローン会社等になっている)場合は、所有権先が指定する書類が必要となります

だいたいの場合、陸運局の基準に準じているため。住所に変更がある際は住民票が必要となり、対応は同じです。所有権先によっては免許証コピー裏面の転居履歴で対応してくれる場合もあります。

住民票が必要な場合は1枚でよいのか

1枚のみ必要となります。自動車税の還付時にも住所移動を証明する書面が必要となりますが、こちらはコピーで対応可能なため複数枚取得する必要はありません。

住民票の有効期間は

住民票の有効期間は取得後3か月間となります。買取店によっては期限がギリギリのものは受け付けてもらえないことがあります。名義変更時には住民票と印鑑証明書がセットで必要となり、有効期間はどちらか短い方の期間となります。

印鑑証明書の詳しい解説は下記にまとめていますので、参考にしてください。

車を売る時に印鑑証明書は必要なのか?必要枚数は?

住民票は本人のもののみでよいのか

住民票は本人のみ記載のものでも、世帯全体が記載されたものでもどちらでも大丈夫です。一般的には本人のみ記載のもので対応します。

住民票に本籍地の記載は必要か

住民票に本籍地の記載は不要です。本籍地の記載があっても大丈夫です。

最後に

いかがでしょうか。車検証上の住所から転居がある際は基本的に住民票が必要となります。複数回の転居がある際は、全ての転居履歴を示す必要があります。

車を購入してから長年経過し、転居も複数回ある場合は本籍地で戸籍の附票を取ることをおすすめします。

軽自動車を売る際は売却先の買取店によって、転居履歴の必要有無が分かれますので複数の買取店に相談してみるのがよいでしょう。

複数の買取店に査定を依頼する際は、下記カーセンサーネットを利用することをおすすめします。リクルート社が運営しており実績があることと、簡単に複数の買取店を絞り込んで依頼できるため利用してみてはいかがでしょうか。

↓ 複数の買取店を検索してみる ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大手10社を徹底比較!1番高く買い取る業者は

 

【買取金額】【会社規模】【接客対応】【販売力】でランキング!

最も評判の良い業者はどこなのか?


中古車買取大手10社をガチでランキング!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*