レンタカー上がりの中古車は安い?レンタアップ車を高く売る方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

カーセンサーやグーネットで中古車を探すと、「レンタアップ車」という表示を見かけると思います。そもそも「レンタアップ車」とは何なのでしょうか?

レンタアップ車とは過去にレンタカーとして使用していた車を言います。最近はカーシェアリングが普及していますが、カーシェアリングで過去に使用していた車も同じです。

言い方を変えると、過去に「わ」ナンバーで過去に使用されていた車を言います。

レンタアップ車の最大の特徴は価格が安いということです。ただ一方で売るときに安いとか、外装に傷があることが多いなどのデメリットもあります

本日は、レンタアップ車のメリット・デメリットと購入時、売却時の注意点を確認していきます。

 

レンタアップ車のメリット・デメリットとは

過去にレンタカーとして使用されていたレンタアップ車ですが、メリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

メリット① 販売価格が安い

レンタアップ車の最大の特徴は販売価格の安さです。レンタアップ車でない同様の車と比較して10~20%程度安いです。販売価格の安い理由のひとつにイメージがあまり良くないということがあります。

レンタアップ車は不特定多数の人が過去に利用していたということで、「雑な使われ方をしてたのでは?」というマイナスのイメージがあり販売価格の安さにつながっています。

 

メリット② きちんと整備されている

レンタカーは自家用の車よりも厳しい定期点検が義務付けられていて日常点検もしっかりとされています。車検の期限も普通車が2年のところ、1年となっており都度細かい点検を受けています。

そのため、消耗部品も定期的に交換されており、安心して乗ることができます。

 

メリット③ 内装がキレイ

レンタカーは貸し出す都度、内外装の清掃をしっかりしています。近年のレンタカーは禁煙車両も多く、内装には非常に気を使っています。

一昔前だと、複数の人が利用しているから内装が汚いという評判が多かったですが、最近では一般の車と比較しても問題ないレベルです。

 

デメリット① 走行距離が多い

レンタカーとして利用されてきたことから、レンタアップ車は走行距離が多いことがほとんどです。

極端に走行距離が多いと、ハンドルのスレやシートのへたりなどが見られる場合があります。消耗品はきちんと交換されているため、安心できますが、購入する際は実際に現車を見て判断することをおすすめします。

 

デメリット② 外装に傷が多い

人はレンタカーを利用するときは、あまり気をつかいません。そのため、細かいこすり傷やへこみなどがよくあります。大きなものは鈑金修理で直していますが、細かい傷はそのままであることがほとんどです。

また、洗車を頻繁に行っているため、細かい洗車キズが多いのも特徴です。

 

レンタアップ車を少しでも高く売る方法とは

購入価格が安いレンタアップ車ですが、売却価格(買取価格)も一般の車と比べて安くなります。業者間の売買であるオートオークションの相場もレンタアップ車は安めです。

そのため、オートオークションの相場を基準として査定額を出す大手買取店ではレンタアップ車を高く買うのは難しいです。

そこで、オートオークションを介さず、ネット上でレンタアップ車を欲しい業者が直接入札し競り合うオークション方式の査定サービスのほうが高く売れる確率が高いです。

オークション方式の査定サービスとは、近年台頭してきた新しいサービスであり、ハマれば非常に高く売れると評判が上がってきています。

オークションを運営する業者で査定を受けてネット上に出品した後は、複数業者からの入札を待つのみです。個人情報が複数業者に流れないということや、交渉や駆け引きが不要というメリットもあります。

オークション方式の査定サービスでおすすめできるのは下記2つです。

①ユーカーパック

2016年4月にサービスインした新しいサービスですが、提携買取店が2,000店舗を超え規模を急速に拡大してきています。

エリアも全国に拡大し、全国各地からの入札を見込むことで高値入札を実現しています。

ユーカーパックの詳しい内容は下記記事にまとめていますので参考にしてください。

車を売る新しい方法ユーカーパックの評判は?

↓ユーカーパックに査定依頼してみる↓

②カープライス

独自のインターネット・ライブオークションシステムにより、国内外の800店舗以上の業者から入札を受けることができます。

カープライスの特徴は、海外の業者が多数参加していることにより、国内で売れにくい走行距離が多い車両なども高く売れる確率が高いことです。自宅への出張査定サービスも行っています。

カープライスの主要株主は三井物産という安心感もあります。

↓カープライスに査定依頼してみる↓

 

上記のオークション方式の買取サービスは、高く売れる可能性がある反面、希望金額まで達しなく売れるまで時間がかかるというデメリットもあります

複数の買取店から直接話を聞いて交渉したい!という方は、下記カーセンサーネットを利用して査定を依頼すると良いでしょう。

リクルート社が運営しており実績があり、複数の大手買取店を絞り込んで査定を依頼することができます。

↓ 複数買取店を検索してみる ↓

 

レンタアップ車を売るときの注意点は

レンタアップ車を売るときには、レンタアップ車であるということを前もって伝えておいたほうが良いです。

レンタアップ車は車検の期限が、下記のように異なるため、

レンタアップ車:新車初回車検2年 以降は1年ごと

一般の車:新車初回車検3年 以降は2年ごと

車検の期限を見ればレンタアップ車とわかることがあります。

また、整備手帳があれば過去の整備時の記録で「わ」ナンバーの記載があれば、そこでわかります。

ただ、業者が見ても判断できない場合もあります

レンタアップ車は一般の車よりも買取金額が下がるため、レンタアップ車なのにレンタアップ車でない一般の車として買取契約をすると後に買取金額の変更をめぐりトラブルとなる可能性があります

業者がプロとして査定したのだから、後からレンタアップだとわかっても、業者の責任でしょと、思われるかもしれません。

しかし、だいたいの買取契約書には「瑕疵担保責任」といって売り手側の隠れた欠陥、つまりレンタアップ車であるということは、売り手が責任を負うという記載があります。

それにより、レンタアップ車だと契約金額が下がりますと、業者から後から言われトラブルになることは実際にあります。

 

レンタアップ車を買うときの注意点は

レンタアップ車を買うときには、整備記録を確認することをおすすめします。整備記録には過去の所有者名が記載されています。

その所有者名が大手レンタカー会社などであれば、きっちり整備がされており問題ないと思われます。

一方で、整備記録が全くないなどという車は避けたほうが良いでしょう。

 

最後に

レンタアップ車の流通台数は一昔前に比べて増加しています。車種もコンパクトカーのみが主流でしたが、近年はミニバンやスポーツカーのレンタカーも多く出回っています。

不特定多数の人が利用していたことや走行距離が多い、外装の多少のキズなどが気にならないようであれば、購入を検討しても良いかと思います。

↓カーセンサーでレンタアップ車を探してみる↓


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車を売る新しい方法【ユーカーパック】

あなたの車を欲しい買取店がネット上で入札!
個人情報が流れず営業電話が掛かってこない!
複数買取店と商談したくない方向け


元業界人が解説!ユーカーパックの評判は?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*