中古車業界

販売手当最高100万!年収高めのネクステージの待遇を解説

車販売買取大手ネクステージの年収や働く環境はどのようなものなのでしょうか?

ネクステージの直近で公表されている平均年収は517万であり、業界他社に比べて高めです。

特に営業のインセンティブが他社に比べて高く、トップ営業ともなるとインセンティブだけで月100万円程度、営業全体平均でも約16万円(2019年3月実績)と、やればやっただけ評価される給料体系となっています。

一方働く環境は、平均残業時間が20時間強と少ないことや、車業界では珍しく月2回は土日祝日に休みが取れるということで、ワークライフバランスにも配慮されています。

少子高齢化やシェアリングサービスの台頭等で中古車業界は厳しいと言われる中、ネクステージは従業員の働く環境を整備し、満足度を上げることで、業績の拡大につなげています。

本日は、急成長を継続するネクステージの給料体系や働く環境について、中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 

続きを読む

中古車販売・買取業界の年収を公開!各部門の給料体系の違いは

中古車販売・買取業界の年収(給料)はいくらくらいなのでしょうか?

業界の平均としては、メーカーや金融、商社などの業界に比べて低い水準にあります。

ただし、中古車販売・買取業界は営業実績が大きく評価される業界であり、営業部門の給与水準は比較的高めです。

営業部門の給与体系は、実績に応じたインセンティブ体系を取っている所がほとんどです。

優秀な営業マンになると年収で1,000万以上という突出して高くなるケースも多いです。

本日は、中古車業界に15年所属した筆者の実際の年収を公開し、業界と各部門の給与水準について解説していきます。

 

続きを読む

中古車業界の現状と展望【転職・就職を考えている方向け】

中古車業界は厳しい時代と言われています。少子高齢化に加え、若者の車離れ、消費税増税などマイナスの要素が非常に多いです。

しかし、マイナスの要素だけではありません。例えば業界大手のガリバーのようにIotを活用した次世代サービスについて積極的に取り組み、新しいサービスを生み出そうとする企業もあります。

自動車業界の発展に伴い、中古車業界の進化も期待されており、成長の可能性は十分にあります

また、中古車業界は実力主義の業界であり、車好きには勿論、車への興味が薄い方にとってもやりがいのある業界なのです。

本日は業界の現状と展望とともに業界の魅力や待遇などの詳細について、中古車業界に15年所属した筆者が実際の経験をもとに、解説していきますので、転職や就職を考えている人に参考になればと思います。

もし、本気で検討している方は、志望動機や業界研究の参考にしてください。

 

続きを読む