自動車保険でおすすめな会社は?ダイレクト系5社の保険料を比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自動車保険でおすすめな会社はどこなのでしょうか?

自動車保険は大きく「代理店系自動車保険」と「ダイレクト系自動車保険」に分かれます。近年はネットで簡単に手続きができ、営業コストを削減することで保険料も安い「ダイレクト系自動車保険」の評判が良いです。

ただ、「ダイレクト系自動車保険」といっても提供している会社も複数あり、どこが良いのか気になるところです。

本日は、おすすめな自動車保険について、ダイレクト系自動車保険5社の特徴を比較しつつ解説していきます。

 

ダイレクト系自動車保険とは

「ダイレクト系自動車保険」とは通販型自動車保険とも呼ばれ、ユーザーが各保険会社と直接申し込み・契約することで、「代理店系自動車保険」に比べ保険料が安いというメリットがあります。

一方、「代理店系自動車保険」とは車を買うディーラーや中古車販売店、若しくは保険代理店を介して加入する保険で、ディーラーや中古車販売店等が保険会社の代理店となっていることから「代理店系自動車保険」と呼ばれます。

「ダイレクト系自動車保険」の保険料が安い主な理由は、人件費を含む代理店のコストが掛からないという点です。代理店のコストは保険会社からの販売手数料(キックバック)でまかなっており、その分の費用が掛からないため保険料が安くなります

ダイレクト自動車保険5選

ダイレクト系自動車保険でおすすめなのはどこの会社なのでしょうか?筆者が最もおすすめするのは「イーデザイン損保」です。保険料の安さに加えて、東京海上グループのノウハウも合わせ持ち、事故対応の評判も良いためおすすめします。

イーデザイン損保を含めたダイレクト系自動車保険でおすすめできる5社を下記に記載します。

1.イーデザイン損保

保険料の安さと東京海上グループというノウハウ、全国1,100カ所の工場ネットワークに強み。オリコン調査2015・2016年第1位。ネットからの申し込みで10,000円割引や走行距離に応じた割引を展開。

 

2.三井ダイレクト

国内大手MS&ADインシュアランスグループ系列。保険料の安さと特約での補償のきめ細かさに強み。三井グループということの安心感とともに、実際の事故対応も業界トップ水準にあり評判が良い。

 

3.ソニー損保

ダイレクト自動車保険の老舗。15年連続売上NO1という長年の実績に定評がある。事故対応やロードサービスに強みがあるが、他社に比べて保険料は高め。万が一の事故時の対応を優先する方におすすめ。

 

4.アクサダイレクト

世界規模の保険グループ「アクサ」系列の外資系自動車保険。ダイレクト系自動車保険では老舗。保険料の安さと補償の充実さを両立したプランに強み。長年の実績から事故対応についても評判が良い。

 

5.SBI損保

2006年設立であり自動車保険としては後発組。ソフトバンクグループとあいおい損害保険が出資している。保険料の安さに強み。事故対応はソニー損保など国内大手損害保険会社より劣るという評判が多い

 

ダイレクト系自動車保険5社の保険料比較

ダイレクト系自動車保険5社の年間概算保険料を下記比較しました。車両保険とは自分の車の修理費等を保証する保険です。車種、保険等級、年齢条件を固定し、車両保険の有無で比較しました。

社名 車両保険無 車両保険有
イーデザイン損保 37,420 70,260
三井ダイレクト 41,110 73,990
ソニー損保 52,470 101,700
アクサダイレクト 37,650 75,180
SBI損保 51,760 94,390

※日産ノート 6等級新規 30歳以上本人限定で比較 単位(円)

最も安価であったのが「イーデザイン損保」であり、最も高価となったのが「ソニー損保」でした。上記は一例であり、車種や条件によっても結果が異なります。

上記の各社から見積もりを取って、保険の加入を検討してみるという場合は、下記の一括サイトで見積もりを取得し比較することをおすすめします。

↓↓一括見積もりを取得してみる↓↓

 

各社のオリコンランキングは?

代理店系自動車保険とダイレクト系自動車保険を合わせたオリコンランキングは下記となります。ダイレクト系(下線)の会社が上位を占めています。

順位 社名 点数
1位 イーデザイン損保 75.69
2位 セゾン自動車火災保険 75.57
3位 ソニー損保 75.50
4位 チューリッヒ保険 75.34
5位 アクサダイレクト 74.82
6位 AIU損害保険 74.73
7位 三井ダイレクト 74.66
8位 富士火災海上保険 74.54
9位 SBI損害保険 73.97
10位 日新火災海上保険 73.95

※2016年オリコン調べ

1位の「イーデザイン損保」の口コミは、「事故時の対応スピードが速かった」「連絡がすぐに取れて助かった」「契約の手続きがスムーズだった」などがあり、保険料の安さのみならずスタッフの対応が良いとの声が多いようです。

2位「セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)」や3位「ソニー損保」の口コミにもスタッフの対応が迅速だったという声が多く、ダイレクト系自動車保険の対応力が上がってきており、代理店系自動車保険よりも上位にきています。

 

ダイレクト系自動車保険のデメリットは

代理店系の自動車保険に比べて保険料が安く、事故時の対応も問題ないダイレクト系自動車保険ですが、デメリットはあるのでしょうか?デメリットは大きく2つです。

デメリット① 自分で保険の内容(補償内容)を決めなければならない

保険の内容は非常に複雑です。ある程度仕組みを理解している方は問題ないですが、「補償内容がわからない」とか「詳しい特約等の内容を知りたい!」という方は、ネット上の詳細な説明文を読んで理解するか、直接サポートセンターに連絡しなければならず結構大変です。

その点、代理店系自動車保険であれば、直接会話ができますのでわからないことも詳しく教えてもらえます。

デメリット② 事故時の対応を自分で行う必要がある

また、万が一の事故時にも代理店系であれば代理店の担当者が保険会社との調整を行ってくれるのに対し、ダイレクト系自動車保険では直接保険会社とのやり取りとなります

とはいっても、事故の相手方と交渉するのは保険会社であるため、保険会社と連絡を取るのみです

ただ、事故の状況によって、自分の責任と相手の責任の大きさ(過失割合といいます)が判断しづらいこともあり、保険会社の判断のみでは不利になるケースもあります。

そんな時に、代理店の担当者が保険会社と調整を行ってくれることで補償が拡大することもあります。

代理店系自動車保険はユーザーと保険会社の間で柔軟な対応を行ってくれることがあるのに対し、ダイレクト系自動車保険ではユーザー自身が対応しなければならないという特徴があります。

 

最後に

「代理店系自動車保険」と「ダイレクト系自動車保険」はそれぞれに特徴とメリットがありますが、近年は保険料の安さと事故対応力の向上から「ダイレクト系自動車保険」への申し込みが増えています

今加入している自動車保険との比較も簡単にできますので、自動車保険の見直しを考えている方は一度見積もりを取得してみてはいかがでしょうか。

↓↓見積もり取得してみる↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*