ビッグモーターの12か月点検を受けた感想・費用レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビッグモーターで車を購入したり、車検を受けると、納車(車検完了)1年後に12か月点検の案内連絡がかかってきます。

12カ月点検とは法律で定められた点検であり、車の所有者が実施する義務があるとされています。

筆者は約1年前にビッグモーターで車検を受けたため12か月点検の連絡があり、頻繁に案内の連絡が入るのと店舗が近隣であったため、実際に受けてみました。

電話での案内時は、「12か月の点検費用は9,900円(税込)です!」との話でしたが、実際の支払総額は29,920円かかりました。

ビッグモーターで12か月点検を受けた主な感想としては、積極的に追加作業を勧めてくる、というものです。

点検費用の9,900円という金額は他社相場と同じ位ですが、追加作業の費用は若干高めです。安く抑えたいという場合は、イエローハットなどの他社と比較したほうが良いです。

本日は、ビッグモーターで12か月点検を実際に受けた感想と、費用等の詳細をみていきます。

 





12か月点検の実施率は20~30%程度

自動車の12か月点検は法律で定められているものの、罰則がないため実施率は20~30%程度と言われています。

実際、筆者が所属していた大手中古車販売店でも、販売したお客さんが12か月点検で入庫される確率は20%程度でした。

ほぼ100%実施される24か月点検(車検時)に比べると、圧倒的に低い数字です。

定期点検は必ず受けなけれならない車検で実施すれば良い、そもそも12か月点検の存在を知らない、案内がないからやらない、という方も多いです。

車を長く安全に乗るためには定期的な点検が重要ですが、近年の車は故障しにくく、まめに点検せずとも普通に乗れるため、点検の重要性が低く見られるという現状があります。

 

実際にビッグモーターで12か月点検を受けた費用レビュー

今回、実際にビッグモーターで受けた12か月点検の費用内訳は下記となり、総額で29,920円でした。

受付時にオイルエレメント(フィルター)を勧められたので、お願いしました。オイル交換は無料でやってもらえますが、オイルエレメントは有料(2,420円)となります。

点検の結果、発生した追加作業は下記3つでした。

①エアクリーナー交換

エンジンに送り込まれる空気内の異物を除去するフィルターであるエアクリーナーの交換です。

1年に一度は交換したほうが良いと言われ、交換しました。

エアクリーナー交換の目安は2~3万キロに一度と一般には言われており、1年に一度はやりすぎかと思いましたが、3年くらい替えていなかったので、今回お願いしました。

 

②エアコンフィルター交換

こちらもエアクリーナー同様、1年に一度は交換したほうが良いと言われ、交換しました。

エアコンフィルターに関しても、エアクリーナーと同様3年くらい替えていなかったので、今回お願いしました。

 

③マフラーサビ止めコート

今回点検してもらった車は初年度から約8年が経過しており、下回りのサビが目立ち始めていました。

年式からしても、下回り全体のサビ止め(17,600円)を行ったほうが良いと強く勧められました。

ただ必要性の理解はしたものの、予算的にマフラーのみの施工(8,800円)にしてもらいました。

施工前、施工後を比較すると見た目もだいぶ変わりました。

◆施工前

◆施工後

 

ビッグモーターの12カ月点検実施の流れ

ステップ1 予約

12か月点検は予約制であり、飛び込みでは基本受け付けてもらえません。ビッグモーターで購入後、車検完了後には、定期的に予約確認の連絡がきます。

もちろんビッグモーターを過去に利用していなくても予約は可能です。電話もしくは店舗にて予約できます。

 

ステップ2 受付

ビッグモーターで車両購入したり、車検を受けたことがある場合は、名前と車のカギを渡すのみで受付してもらえます。

初めて依頼する場合は、受付票の記入と、車検証の提出を求められます。

 

ステップ3 点検結果確認

法定項目点検の結果、交換や修理をしたほうが良い箇所について案内があります。リフトで上げられた車を下から眺めながら確認します。

12か月点検の場合、部品を交換・修理しなければ検査に通らないということはないため、交換・修理は依頼者の任意となります。

点検時にどれだけ追加作業を取れるかということは、ビッグモーターの収益に大きく影響し、整備士の評価にもつながっています。

そのため、エアクリーナー、エアコンフィルターなどの消耗品は交換を勧められます。

また、上記下回りのコーティングなど、予防措置についても勧められます。

予算上の関係等で不要な際はきちんと断ることが必要です。

 

ステップ4 作業完了~支払い

点検記録簿とともにカギを返却されます。請求内容を確認し支払いを行います。

クレジットカードでの支払いもOKです。

受付から支払いまでは、だいたい1時間程度です。

何も追加作業が発生しなければ30分程度です。

 

12カ月点検の値引きはナシ

ビッグモーターは車検時であれば、平日入庫、早期入庫、早期予約などの割引を行っていますが、12カ月点検の割引はありません。

12か月点検は車検(24か月点検)と比べて、利用するユーザーが圧倒的に少ないのと、利幅が狭いため、割引に対応していないと考えられます。

 

安く抑えたい場合は他社比較してみる

12か月点検の費用は多くの中古車販売店では1万円前後のため、ビッグモーターが特に高いという訳ではありません。

ただ、車検の速太郎などの格安車検チェーンでは、点検料が7千円程度と安価に提供しているところもあります。

また、追加作業の工賃に関しても、イエローハットなどの車用品販売店のほうがより安価です。

12か月点検、追加作業の料金をサイト上に掲示している店舗も多数ありますので、安く抑えたい場合は比較してみることをおすすめします

また、エアクリーナーやエアコンフィルターなど消耗品の交換は、パーツをamazonや楽天で購入し、自分で行うことも可能です。

作業はそれほど難しくはないので、とにかく安く抑えたいという場合は自分で対応することをおすすめします。

 

最後に

今回、ビッグモーターに12か月点検を依頼した理由のひとつに、車検と同様に電話案内の方の対応が良かったことがあります。

ただ、実際に店舗に車を持ち込むと、受付の女性が極めて事務的な対応であり、残念な気分になりました。

また、エアクリーナー・エアコンフィルター交換、下回りコーティングの追加作業はかなり強気で勧められました。

今回、点検に出した車は年数も経過しており、まあ頼んでもいいかな、と思える状況でしたが、断るにはなかなか断りづらい雰囲気でした。

備スタッフも予算を達成するため、かなりのプレッシャーをかけられている状況かと思われ、追加作業の積極的な勧め方にとまどう方もいるのではと感じました。

ビッグモーターで車を購入もしくは車検を受けたからといって、12か月点検をビッグモーターで受けなければならないということはありません。

12か月点検をより安価に済ませたいとか、追加作業を積極的に勧められたくないという方は、他社での点検を比較したほうが良いと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大手10社を徹底比較!1番高く買い取る業者は

 

【買取金額】【会社規模】【接客対応】【販売力】でランキング!

最も評判の良い業者はどこなのか?


中古車買取大手10社をガチでランキング!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*