アプリで査定金額がわかる「ガリバーオート」の3つの注意点とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中古車買取・販売大手ガリバーがスマホのアプリ上で車の査定金額がすぐにわかる「ガリバーオート」というサービスを開始しました。

「ガリバーオート」では車の画像と簡単な項目のみでAIが自動で査定金額を算出してくれます。

実際に試したところ、約5分で査定金額が提示されました。

査定金額に納得すれば、そのまま売却することもできます。

「ガリバーオート」は同様のサービスで先行している「DMM AUTO」に比べて、入力項目が少なく、より簡単に査定金額がわかります。普通車であれば車検証も不要です。

ただ、算出される金額は相場よりも低めな印象です。

実際、ガリバーオートで査定金額を出した車を、大手買取店ビッグモーターとカーセブンに実車査定に出したところ、ガリバーオートの金額はビッグモーターよりも16万円、カーセブンよりも11万円低い金額でした。

また、ガリバーオートの利用時に注意すべき点は下記3つです。

注意点① 査定金額は保証されない
注意点② 引き渡し期限までにガリバー店舗に持ち込まなければならない
注意点③ チャットで営業される

本日は、スマホで車査定が完結する「ガリバーオート」の査定金額と手続きの流れ、利用時の注意点について、他社の金額と比較しつつみていきます。

 

ガリバーオートで査定金額が出るまでの時間は約5分

ガリバーオートで査定金額が出るまでの流れはとても簡単です。同様のサービスである「DMM AUTO」よりも画像の取得枚数や入力項目が少なく、約5分で査定金額が算出されます。

実際の流れをみていきます。

ガリバーオートで査定金額が出るまでの流れ

① アプリをダウンロードする

スマホでAppStoreもしくはGooglePlayからアプリをダウンロードします。

 

② SMS認証を行う

ガリバーオートを利用するには、SMS認証が必要なため、携帯の番号を送信しSMSで確認コードを受け取ります。

携帯の番号を送信するのは、少し抵抗があるかもしれませんが、営業電話が掛かってくることはないと明示されています。

 

③ 車の画像を撮る

車の正面からの全体画像とスピードメーターの画像を撮りアップロードします。車両情報(車名、初年度登録、車検期限、車両番号)が自動で読み取られます

 

④ 色などの項目を選択する

外装色、シフト、駆動、走行距離、修復歴の有無、車両状態、キズ・へこみ・シミの数、オプションについて選択します。

 

⑤ 査定金額算出

全ての入力項目が終わると自動で査定金額が算出されます。1つのガリバーオートアカウントで3台まで査定金額を出すことができます。

査定金額の有効期間は7日間であり、有効期間を過ぎると再度査定を行う必要があります。

 

ガリバーオートの査定金額は実車査定よりも安め

今回、実際にガリバーオートで査定金額を出した車を、他社(ビッグモーター、カーセブン)で実車査定を受けたところ下記金額となり、ビッグモーターより16万円、カーセブンより11万円安い金額でした。

ガリバーオートではキズやへこみの状態を細かく申告しません。

そのため、ある程度のキズやへこみはあるものとして査定金額を算出していると思われ、状態の良い車では査定金額が安く出る傾向があります。

今回査定に出した車(ノート)はキズやへこみがほとんどない車だったため、大きく差が出たものと思われます。

 

ガリバーオート利用時の注意点3つ

注意点① 査定金額は保証されない

ガリバーオートで算出された査定金額は、買取金額として保証されるわけではありません。

実際に売却を申し込むと車の引き渡し後に、ガリバーが再度査定(再査定)を行います。

その際に、車両の状態がアプリで入力された内容と異なっていると査定金額が変更されます。

修復歴無しとの申告なのに実は修復歴有りであったとか、キズやへこみが多すぎるという場合は査定金額が下がります。

車両の不具合がある場合や、微妙なキズ・へこみがある場合などは前もってアプリ上のチャットで相談しておいたほうが良いです。

 

注意点② 引き渡し期限までにガリバー店舗に持ち込まなければならない

査定を受けて売却をする場合は、査定日から7日以内に売却申請を行う必要があり、売却申請を行った後は引き渡し申請を2日以内に行います。

そして、引き渡し申請を行った後は、12日以内に車と書類をガリバーに引き渡さなければなりません。

また、引き渡しはガリバーの店舗に車を持ち込む必要があり、近隣にガリバー店舗が無い地域は帰りの交通手段に注意が必要です。

 

注意点③ チャットで営業される

ガリバーオートのチャット機能により、ガリバーから適時チャットで連絡が入ります。

実際、査定金額が算出された後に「査定金額」と「売却タイミング」についてのアンケートが送られてきて、回答すると「乗り換え」についてのヒアリングが数回ありました。

入力内容に誤りがあった際など、すぐにチャットで修正連絡がきて便利な面もありますが、「査定金額のみを知りたい!」という方には、わずらわしく感じるかもしれません。

 

アピール査定で価格の見直しが可能

ガリバーオートでは「アピール査定」という、内装やオプションで特にアピールしたい箇所があれば、画像を追加で送信できるという機能があります。

アプリ上では判断できない、内装の状態や社外品パーツなどを細かく申告できることで、査定額アップにつなげられます。

 

高く売りたいのであればオークション方式の買取サービスがおすすめ

ガリバーオートは手軽で簡単ですが、より高く売りたい場合はオークション方式の買取サービスをおすすめします。

オークション方式の買取サービスとは、ユーザーの車を欲しい買取店がネット上のオークションで競り合うという新しい買取サービスであり、相場よりも高値で売れると評判が良いです。

下記のように流通コストを削減し、高値の売却につなげています。

ユーザーの個人情報が流れず、複数買取店との交渉が不要というメリットもあります。

オークション方式の買取サービスでおすすめは下記2社です。

①ユーカーパック

オークション方式の買取サービスを2016年4月に開始し、提携買取店5,000社超からの入札を受けることで高値売却につなげています。

エリアも全国に拡大しており、提携するガソリンスタンド等で査定を受けることが可能です。一部エリアでは出張査定にも対応しています。

↓ユーカーパックに査定依頼してみる↓

ユーカーパックの詳細については下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

下取りより50万円も高く売れた!「ユーカーパックの実際の評判」は?

 

②セルカ

オークション方式の買取サービスとしては後発ですが、急速に提携買取店を増やし買取件数を伸ばしています。

セルカでは利用実績を伸ばすため、提携買取店に積極的な入札を呼び掛けており、良質車においては特に高く売れると評判が上がってきています。

↓セルカに査定依頼してみる↓

 

最後に

ガリバーオートはAI査定で先行するDMM AUTOに比べて入力項目が少なく、より簡単に自動で査定金額がわかります。

DMM AUTOでは必要な車検証画像もガリバーオートでは不要です(軽自動車はガリバーオートでも車検証必要)。

ただ、査定金額はビッグモーターなどの大手他社実車査定に比べると安めです。

これは、実車査定では競合も考慮して高値を提示するのに対し、ガリバーオートではあくまで必要最低限の情報で利益を見込んだ査定金額を提示しているため安価となると考えられます。

より高く売りたい場合はビッグモーターやカーセブンなどの大手買取店と交渉したほうが良いです。

交渉するのが面倒という方は、オークション方式の買取サービスをおすすめします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車を売る新しい方法【ユーカーパック】

あなたの車を欲しい買取店がネット上で入札!
個人情報が流れず営業電話が掛かってこない!
複数買取店と商談したくない方向け


50万円も高く売れた!ユーカーパックの評判とデメリットを分析!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*