車を売る時に納税証明書を紛失していたら?再発行方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自動車税を納めていても、控えである納税証明書を紛失していることがあるかと思います。

そもそも車を売る時に納税証明書は必要なのでしょうか?結論から言うと、買取店に車を売る場合は通常必要となります。必要となる主な理由は、次に車検を受ける時に納税証明書が必要となるためです。

ただし、納税証明書を紛失していても大きな問題はありません。なぜなら買取店側の納税確認のみで済む場合もありますし、納税証明書の再発行は簡単にできるからです。

本日は車を売る時に納税証明書が必須となるケースや不要なケース、また再発行の手続きについて解説します。

 

納税証明書とは

車の売買で必要な納税証明書とは自動車税の納税証明書であり、所得税や法人税の納税証明書ではありません。毎年4月1日現在で車を所有する個人(法人)に対して掛かる自動車税を支払ったという証明書となります。

自動車税は車の排気量によってかかる税金であり、2,000CCクラス(1501CC~2,000CC)であれば年額39,500円となります。

毎年5月上旬に車の所有者に1年間分(4月~翌年3月)の納付書が送付され、納付をした書面(金融機関の受領印があるもの)を納税証明書として利用します。

必要となる納税証明書は当年度のものであり、過去のものは必要となりません

 

納税証明書が必須となる場合は?

納税証明書は名義変更には必要ありません。では、なぜ買取店に売る時に納税証明書は必要となるのでしょうか。それは、次に車検を受ける際に納税証明書が必要となるからです。

前所有者が自動車税を支払っていないため、次に購入した人が車検を通すことが出来ない」というトラブルを防ぐため、買取店では納税証明書原本の提出を求めます。

次の車検が翌6月以降の場合は、当年度の納税証明書を必要としないため、買取店での納税確認のみで済むこともあります。

また、車に所有権が付いている場合は、所有権先に所有権解除を依頼する書類として納税証明書が通常必要となります。所有権先によっては電話等で納付の確認ができていれば不要という所もあります

 

納税証明書を紛失していても大きな問題はなし

納税証明書を紛失していても大きな問題はありません。筆者の経験上5人に1人くらいは買取時に納税証明書を紛失されていました。上記のように納税証明書が必須となるのは、車検の期限が近い(翌5月末までに車検が切れる)時と所有権が付いている時です。

自動車税を納めているかどうかは第三者でも電話で確認できます。そのため、自動車税をしっかり納めていれば買取店側が電話で確認することで、納税証明書は不要となることも多いです。

ただし、買取店によっては車検期限や所有権の有無にかかわらず納税証明書を必須とする所もあるため確認したほうがよいでしょう。

 

中古で購入し納税義務が発生する前に車を売る場合は

中古で購入した場合は次の4月が到来するまでは自動車税の納税義務が発生しないため、本人の納税証明書はありません。

当年度に車検がくる場合は、購入した販売店から納税証明書を受け取っていると思われます。無い場合は、購入した販売店に問い合わせたほうが良いでしょう。

 

直近で車検を通していて納税証明書が無い場合は

直近で車検を通している時はその時に納税の確認ができているため、無くても大丈夫です。買取店に提出を求められても、その旨を伝えれば大丈夫です。

 

新車で購入してすぐ売る時に納税証明書が無い場合は

新車で購入して翌5月が到来するまでに車を売る時には、購入時にすでに支払っていることが確実のため納税証明書は不要です。

 

納税証明書の再発行方法は

普通車の場合はナンバープレート記載の都道県税事務所にて、軽自動車の場合はナンバープレート記載の市役所(区役所、町役場)にて無料で即日発行してもらえます。車の登録番号(ナンバーの番号)と所有者(使用者)名義が必要となります。

普通車の管轄は都道府県単位です。都市圏では税事務所が複数ありますが、同じ都道府県内であればどこの税事務所でも取得可能です。軽自動車の管轄は名義人住所を管轄する市区町村役場となります。

 

納税証明書は原本が必要か

車検が近い(翌5月前に切れる場合)以外はコピーでも可能です。車検が近い場合は、車検を通す際に納税証明書原本が必要となるため原本が必要となります。

 

最後に

いかがでしょうか。車を買取店に売却する場合は通常納税証明書が必要ですが、無くてもそれほど大きな問題ではありません。買取店側での納税確認で済むこともありますし、買取店が代行して取得してくれることもあります。

ただし、自動車税を支払っていない場合は売るまでに支払う必要があります。基本的に全額納付する必要がありますが、廃車(抹消)することが確実な場合や輸出することが確実な場合は全額ではなく月割りでの支払いで済むことがあります

その対応は買取店によって異なりますので、事前に確認したほうが良いでしょう。複数の買取店に確認する場合は下記カーセンサーネットを利用することで簡単に依頼ができます。リクルート社が運営しており実績があることと、簡単に買取店を絞り込めるためおすすめできます。

↓ 複数買取店を検索してみる ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車を売る新しい方法【ユーカーパック】

あなたの車を欲しい買取店がネット上で入札!
個人情報が流れず営業電話が掛かってこない!
複数買取店と商談したくない方向け


元業界人が解説!ユーカーパックの評判は?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*