元大手中古車買取スタッフが教える!車を高く売る8つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車を売るなら1円でも高く売りたいですよね?どうすれば、乗っている車を高く売ることができるのでしょうか。

車を売る際には下記のように様々な理由があるかと思います。

「子供が出来たから、車を買い替えなきゃ!」
「今の車飽きたから、新しい車が欲しい!」
「そろそろ車検だから買い替えようか」

あるいは

「都内に転勤だから車はもう必要ない」
「仕事が変わってお金が必要」

その際に、大半の人は手続きが大変だったり、面倒という理由でなんとなくディーラーの下取りに出したり、知っている中古車業者に連絡して言われる査定金額で売却していることが多いです。しかし、何も調べず車を売却してしまうのはもったいないです。

本日紹介する8つの「車を高く売る方法」を実践すれば、最終的に売却金額は最大で10万円以上もかわってくるのです。大手中古車買取業者に15年所属していた筆者が、業界の裏情報を含めて車を高く売る8つの方法を解説していきます。

目次

中古車買取業者の事情・本音

車を高く売る8つの方法
(1)中古車業者を競合させる。
(2)車を綺麗にする。
(3)車業界に知り合いがいるフリをする。
(4)事前に自分の車の買取相場を把握する。
(5)中古車業者には厳しく接する。
(6)中古車が高く売れる時期を把握する。
(7)大手の中古車業者を選ぶ。
(8)車を売る意思を見せる。

中古車買取業者の事情・本音

車を高く売る方法を実践する上で、中古車業者の事情や本音を把握しておくと交渉を優位に進められます

中古車業者の車の平均買取単価はおおよそ50万から60万円です。買取価格は営業マンとの駆け引きもあり、最終的な査定額は各社により5万円前後の差がだいたい出てきます。100万円以上の価格帯になると、各社によって10万円前後変わることも多くあります。

買取の営業マンは査定額を下から提示していくのが鉄則です。なぜなら営業マンには「利益」を出す目標があるからです。その利益によって営業マンのインセンティブ報酬が決まってきます。

下記は、営業マンの月間インセンティブの一例です。

月間利益0~100万円⇒利益の5%
月間利益100~200万円⇒利益の6%
月間利益200~300万円⇒利益の7%

例えばあなたが100万円で車を売却して、その車がオートオークションで120万円で売れたとすると、営業マンの獲得利益は20万円となります。

営業マンの平均獲得利益は月間で150万~200万円くらいですので、上記の目安に当てはめると利益の6%が営業の獲得報酬となります。そうすると20万円×6%で12,000円が、あなたの車を買い取ったことに対する営業マンの報酬となります。

もちろん、業者によってインセンティブ体系は異なり、1台買ったらいくらとか、一定の台数を買い取ると大きな報酬が発生する体系となっている場合もありますが、上記のように利益に対して報酬を決定する業者が多いです。

中古車事業者の経費

中古車業者には月々色々な経費がかかります。主な営業マン一人あたりの月額経費は下記となります。

営業マンの人件費(保険料等含む)⇒50万円
店舗家賃や光熱費、消耗品費⇒20万円
広告費用や本社の振り替え費⇒40万円
間接部門の人件費負担⇒20万円

合計で、営業マン一人あたり約130万程度の経費が発生します。営業マンがその額以上の利益を出すことにより、店舗が黒字化します。大手になればなるほど、広告費用や本社の振り替え費が大きいため、営業マン一人あたりの経費は大きくなります。よって、営業マンは毎月約150~200万前後の利益予算をもたされることとなります。

そのため、営業マンは利益が出るか出ないかわからないギリギリの金額では買取をしたがりません。ある程度利益が見込める金額で買い取ることを目指します。

これらはあなたが車を売却する上で直接役にたつ数字ではありませんが、念頭に入れておいた方がいいでしょう相手の状況を分析する事で交渉で優位に立ち、車を高く売ることにつながるからです。

 

実践することで車を高く売れる8つの方法

それでは車を高く売る方法を一つずつ解説していきます。

 (1)中古車業者を競合させる。

中古車業者を競わせる

なぜ業者を競合させると車が高く買い取ってくれるのでしょうか?最も大きな理由は業者同士が競争するからです。比較する業者数は5社がいいでしょう。その根拠はこれ以上少ないと価格が上がりきらない可能性があります。逆にこれ以上多いと面倒ですし、そして業者も見込が低いと思われ、力をいれてこなくなります。ですので、ある程度絞った方がいいでしょう。

5社との商談の仕方

①一括査定サイトで、まとめて同じ日の同じ時間に出張査定にきてもらう。

メリット:その場で結果が出る
デメリット:安く買い取られる可能性がある※業者間で談合の可能性あり

②一括査定サイトで、別々の日程で出張査定にきてもらう。

メリット:各業者とじっくり商談できる
デメリット:時間が掛かる/営業マンにねばられる

③自分で業者の店舗を回る

メリット:自分の都合で訪問、退去できる
デメリット:訪問する労力が掛かる

筆者がおすすめするのは③の方法です。業者にとって一件の見込み情報を獲得するコストが、来店(あなたが店舗を回ると)は圧倒的に安いのです。来店してくれるお客様はすごくありがたいのです。一括査定サイトに支払う手数料を買取金額にまわすことができ、結果として高値で売却できる可能性があります。

とはいえ、5社も回るのは面倒という方も多いでしょう。また、近所に買取査定の店舗が無い場合は、探すのも一苦労です。その場合は、②の方法でいきましょう。下記のような大手の一括査定サイトで業者を呼んで別々に交渉することをお勧めします

業者によっては他の業者と同じ時間をあえて好む所もありますが、別々に交渉するほうが結果として高値で売れる確率が高いです。なぜなら、同じ時間に複数の業者を呼ぶと、業者間で談合され安い金額を提示される可能性があるからです。また、各社の出方をうかがうあまりに余力を残した提示となることもあります。

複数の業者に査定を依頼する場合は、カーセンサーネットの無料一括査定を利用することをお勧めします。中古車雑誌のカーセンサーを長年発行しているリクルート社が運営しており、加盟店が最も多いためお勧めです。複数の買取業者を簡単に絞り込んで選択できます。

筆者が買取店の責任者をしている時も、このサイトから申し込みをされるケースが、結果として高い値段を提示することが最も多かったです。

↓↓ 複数の業者を検索してみる ↓↓

 

(2)車を綺麗にする。

IMG_7245

車を綺麗にすることは高く売るために大事です。

業者は買い取った車をオークションに出すにしろ、直接販売するにしろ内外装の清掃をします。大手は清掃する専門業者を雇っています。一台あたり1,500~2,500円程度です。雇っていない業者はその店舗のスタッフや店長が行うのですが、時間が掛かり面倒です。

車をどこまで綺麗にすればいいのか?

外装は水洗い洗車(500円~800円)でよいでしょう。自分でやることも可能です。白い車の水垢は目立つので落としておいたほうがいいでしょう。ワックス掛けは必要ありません。なぜなら外装が綺麗かそうでないかは、業者のパッと見た感覚で決まるので、ワックス掛けまでしなくても十分です。

中古車業者は内装を重視します、においとかシミはNGです。車のにおいは完全に除去するのは難しいので、あまりににおいがきつければ、それは査定のマイナスポイントになります。ファブリーズやカー用品店の芳香剤を使うと若干改善されるためおすすめします。

シミもマイナスポイントです。、中性洗剤を含ませた雑巾で何回もこすりシミを目立たなくしておく事をお勧めします。ペット毛は大きなマイナスポイントです。これは掃除機で極力吸いましょう。毛が無いくらいに吸い取っておくことをおすすめします。

こういった細かい所が査定額に影響してきます。

 

 (3)車業界に知り合いがいるフリをする。

中古車業者の知り合いがいる振り

車の相場について、ある程度の下知識があるということを、業者に暗に伝えます。そうすることで、買い取り価格を低く提示され、足元をみられる事を防ぎます。

具体的な言い方

「親戚にディーラーに勤めている人がいるんですよ~、車を売りに出すなら相談しろっていわれてるんですけどね、でも親戚でお金のやり取りってなんか嫌じゃないですか」

と、査定に入る前に軽くジャブのように言っておきましょう。そうすると業者もうかつに値段を安く提示することはなくなります。

ちなみにその親戚について業者が突っ込んできても、軽く受け流したり、「近くの国産ディーラーです」と言ったりして話をはぐらかしましょう。

 ※言い方は下記音声を聞いて参考にしてください。

 

(4)事前に売却する車の買取相場を把握する。

業者に足元を見られないように、前もって自分の車の買取相場を把握しておいたほうが良いです。把握の仕方は、下記のふたつの手順です。

①カーセンサーで自分の車の小売り価格を調べる。

実際に自分の車の小売り価格を調べてみましょう。

カーセンサーのURL
http://www.carsensor.net/

なぜカーセンサーネットかと言うと、日本で中古車掲載台数が1番であり、自分の車に近い中古車が掲載されているからです。

調べ方としては、自分の車の

①車種
②グレード
③年式
④走行距離
⑤色

を選択しましょう。全てがわからなくても大丈夫です。検索した結果、自分の車と近い状態の中古車が検索結果としてでてきますので、その値段が小売価格の相場です。

②自分の車の小売り価格から、自分の車の買取相場を調べる。

①で調べた自分の車の販売価格を下記の販売価格帯にあてはめましょう。そして、右側に進んだ自分の車の車種別欄の金額を販売価格から差し引いた金額帯が買取相場となります。

例えば自分の車が普通車で販売価格が120万円だったとします。そうすると、120万円の価格帯の普通車欄は30~40万円ですので、120万円から30~40万円を差し引いた80~90万円が買取相場となります。目安ではありますが、この相場を事前に把握しておくことで交渉を有利に進めることができます。

自分の車の販売価格帯 軽自動車 普通車 輸入車
0円~100万円 15万円~25万円 25万円~35万円 35万円~50万円
100万円~200万円 20万円~30万円 30万円~40万円 40万円~60万円
200万円~300万円      ― 40万円~50万円 50万円~80万円
300万円以上      ― 50万円~70万円 60万円~100万円

※軽自動車は排気量660CCの国産車
※普通車は軽自動車以外の国産車

上記で調べることが面倒な方は、ネット上おおよその査定額が即わかるサイトがありますので、下記記事を参考に査定額を把握しておくことをお勧めします。

 

(5)中古車業者には厳しく接する。

厳しく接する

中古車業者に優しく接しても、査定額が高くなることはありませんなぜなら営業マンは先に述べた利益達成予算があり、1円でも安く買えそうな”優しいお客様”には必ず安い値段を提示してくるからです。

ですので、車を高く売る方法としては、査定額に納得するまで決めないという姿勢を持ちつづけることが重要です。そうすることによって、業者も最後にはたとえ利益が少なくても、他の業者に売却するよりは、高くても買った方が成績になるため査定額を吊り上げてきます。

ほとんどの中古車業者では、利益とともに何台買ったか?も営業マンの評価の対象になるからです。

こういった背景があるので、業者には厳しく接しましょう。ただしそれは失礼な態度で交渉に臨むことではありません値段で妥協しないといことです。

 

(6)中古車がを高く売れる時期を把握する。

2月のイメージ

中古車業界の繁忙期は1月から3月です。この時期は車を高く売るためにおすすめな時期です。なぜならほとんどの業者が年度末の3月が決算であり、車の納車を考えると、1月から2月に車の販売が最も活発化するため、中古車の仕入れにも力を入れるためです。

ですのでこの時期は、業者は多少金額が高くても、無理して買い取る傾向にありますとはいえ、もし4月になっても翌年の1月まで待つのはおすすめできません。なぜならその期間に相場が下落するからです。

繁忙期以外で車を売る時には、なるべく月末に買取を依頼するほうが良いです。なぜなら、業者には月毎に予算があり、月末に数字を追いこんで実績を確保する必要があるからです。

車を売るのに有利な時期については、下記記事に詳しくまとめていますので参考にしてください。

車を売る時期はいつが良いのか?高く売れるのは2月と9月!

 

(7)大手の中古車業者を選ぶ。

なぜ大手の中古車業者がいいのでしょうか?ひとつは販売ルートをしっかりと持っているということです。業界大手のガリバーやビッグモーターは大型販売店を自ら持ち、買い取った車を直接販売しています。

特にビッグモーターは大型販売店を多数持ち、大型販売店で展示できる車両は特に高値で買取をしています。中古車業者が買い取った車は多くの場合、オートオークションに出品されます。大型販売店を通して直接次のユーザーに販売できることで、オートオークションに出品する中間マージンを削れるため高く買い取ることができます。ビッグモーターやガリバーの強みは下記記事を参考にしてください。

買取日本一規模のビッグモーターの評判は?

ガリバーの評判・口コミは真実なのか?

中古車の売却時には以下の書類が必要になります。

①車検証(自動車検査証)
②自賠責保険証
③自動車税納税証明書
④印鑑証明書
⑤委任状
⑥譲渡証
⑦住民票等(車の購入時から引っ越しをしている場合)
⑧免許証コピー(所有権が付いている場合)

※軽自動車の売買には上記書類の一部が不要です。

これらのほとんどは重要書類です。大手業者は登録に行政書士を使っていることが多く、記載ミス等の誤りが起こることが少ないため安心できます。

さらに、代金送金の際も大手業者のほうが安心度が高いです。売却金額は基本的に銀行振り込みですので、資金力のある大手業者のほうが送金トラブルに巻き込まれる可能性が低いです。

実際に、車を書類を引き渡して現金が支払われないというトラブルは過去に発生しています。

 

(8)車を売る意思を見せる。

売る意思

中古車業者の営業マンも人間ですから、売る見込みのなさそうな人にはそれなりの対応しかしません。しかし売る意思が見られる人には、営業マンも必死になります。ですので、すべての業者に売る意思をみせる必要があります。

ではどうやって売る意思を示せばいいのでしょうか?具体的には下記のとおりです。

売る意思を見せる具体的な例

あなた「納得する金額が出ればすぐ決めます!車もすぐ渡せます!書類もすぐ揃えます!」

業者「納得する金額はちなみにおいくらでしょうか?」

あなた「それは数社比較して、一番高いとこに売ります!」

業者「わかりました、精一杯がんばります」

という流れになります。

また、業者は必ず車を手放す時期を商談の冒頭に聞いてきます。手放す時期は早ければ早いほど業者はありがたいのです。なぜなら買取業者は買い取った車をすぐにオークションに出す、若しくは展示して販売したいからです。

オークションの売買では時期が早ければ早いほど高値で売れる確率が高く、また展示する場合も時期が早いほど売れる確率が高くなるという理由があるためです。そのため、手放しは金額次第で即可能と答えることが理想です。

※言い方は下記音声を聞いて参考にしてください。

 

 

最後に

以上が車を高く売る8つの方法になります。上記のことを踏まえて、下準備をして適切な行動を取ることで、車を高く売却することが可能となります。

高く売るために複数の業者に査定を依頼する時は、下記カーセンサーネットを利用することで複数の業者を簡単に絞り込んで依頼することができます。

時間が無い!という方は1社のみの選択も可能です。その場合でも依頼された業者側からは複数の競合があると思うため、足元を見られることもありません。

車の売却を考えている方は一度試してみることをおすすめします。

↓↓ 複数の業者を検索してみる ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大手10社を徹底比較!1番高く買い取る業者は

 

【買取金額】【会社規模】【接客対応】【販売力】でランキング!

最も評判の良い業者はどこなのか?


中古車買取大手10社をガチでランキング!

SNSでもご購読できます。