車の買取は下取より得なのか?それぞれのメリット・デメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車の買取と下取ではどちらが得なのでしょうか。結論から言うと、買取のほうが得な場合が多いです。買取が得な理由は、買取を専門に行っている買取店の買取のほうが高く再販するノウハウを持っているため、高く買い取ることができるからです。

また、ビッグモーターやガリバーなどの買取店は、自社の販売店で直接販売することにより、下取よりも高値を付けることが多いです。

本日は車買取業界に15年所属した筆者が、買取と下取の違いとそれぞれのメリット、デメリットについて解説します。

 

車の買取と下取の違いとは

買取とは買取店に車を売って代金を受け取ることを言い、下取とは次の車を買う販売店(ディーラー)に車を売ることで、売却金額を次の車の代金に充てることを言います。

販売店はあくまで車を販売することがメインのため、買取を専門に行う買取店のほうが高値で買い取ってくれる場合が多いです。買取、下取のそれぞれのメリット、デメリットは下記となります。

 

買取と下取りのメリット、デメリット

買取と下取のメリット・デメリットは大きく下記となります。

%e8%b2%b7%e5%8f%96%e3%80%80%e4%b8%8b%e5%8f%96%e3%80%80%e6%af%94%e8%bc%83%e8%a1%a8

買取のメリット① 金額が高い

買取店はビッグモーターのように直接販売することや、ガリバーのように大量に買取をすることでオークションコストの削減するなど買取に関するノウハウを持っており、一般の販売店(ディーラー)より高値を付けることが多いです。

また、一括査定サービスの普及により、買取店同士が競合し買取金額が高くなるメリットがあります。

買取のメリット⓶ 社外品パーツが評価される

買取店は原則どんな車でも買い取ります。アルミホイールやナビなどの社外品のパーツも評価することが多く、買取金額にプラスとなります。

 

買取のデメリット① 労力がかかる

複数の買取店と商談、比較することは時間を要し大きな労力が掛かります買取店同士の競い合いにより、トラブルに発展する場合もあります。

買取のデメリット⓶ 車の引き渡し時期が早い

買取店への売却時は車を早期に引き渡す必要があり、次の車の納車まで一時的に車が無い期間が発生することがあります。代車で対応してもらえる場合もありますが、納車時の入れ替えと比べると手間が掛かります。

 

下取のメリット① 手間が無く、労力が少ない

次の車を買う販売店に車を売ることで、手続きがスムーズで労力が掛かりません。手続きに必要な書類も纏めて提出することができ非常にラクです。

下取のメリット⓶ 車を納車の時まで乗っていてよい

車の引き渡しは次の車の納車時となることがほとんどのため、車の入れ替えがスムーズです。荷物の載せ替えなどもラクに行えます。

下取のデメリット① 金額が安い

販売店(ディーラー)は車を買い取ることが専門ではないため、買取店に比べてノウハウが少なく高い金額を提示できないことが多いです。また、下取の場合、査定料や下取手数料という項目で費用が発生することがあります

下取のデメリット⓶ 社外パーツは評価されない

車に社外品のパーツが付いていたり、改造をしている場合は金額がマイナスとなることがあります。特にディーラーは厳しく、車検に通らない車は下取することができないことが通常です。

 

注意が必要、ディーラーの下取が高い場合もある

ディーラーの下取は買取店より安価であることが多いです。ただし、下記の2つのケースではディーラーの下取のほうが高いことがあります

①売却する車と購入する車のメーカーが同じ時

ディーラーはメーカーが同じだと高く買うことが多いです。輸入車ディーラーは特にその傾向があります。理由としては、ディーラーは近年中古車販売にも力を入れており、認定中古車として直接販売するためです。トヨタのU-Car、ホンダのオートテラスなどの販売店で再販します。

特に輸入車は安心度の高さからディーラーの中古車を希望するユーザーが多いため、下取金額を高くして仕入れに力を入れることが多いです。メルセデス・ベンツやBMW、アウディの認定中古車は人気が高いです。

②ノルマを達成したい時や下取キャンペーンを行っている時

ディーラーには販売台数目標に一定の比率を掛けた下取台数目標があります。そのため、どうしても台数を確保する必要がある時があります。また、下取のキャンペーンを定期的に行うメーカーも多いです。販売店にもよりますが、ある特定の時期に下取の台数を確保するために、無理やり高値で仕入れることがあります。

 

車の乗り換え時には、下取金額を確認しておくべき

上記のように買取のほうが下取よりも高値が付く場合が多いですが、下取のほうが高い場合もあります。そのため、車の乗り換え時には買取と下取の両方の金額を確認することをおすすめします。

複数の買取店を比較して、さらに下取の金額まで確認するのは面倒と思われる方はネットで簡単に相場を調べられるサイトがあるため、そこで確認し販売店と交渉するとよいでしょう。詳細のサイト名などは下記記事にまとめていますので参考にしてください。

個人情報入力なしで車の買取相場が一瞬でわかるサイト3選

下取の場合は、販売店から次の車の値引き額と合わせて提示され、下取の金額がわかりづらくなることがありますので、明確に分けて提示してもらったほうがよいです。下取の金額と値引きの金額を別々に考えることで、トータルの出費が少なくなります。

 

最後に

買取、下取それぞれメリット、デメリットがあります。

とにかく高く売りたいという方は下記のような買取店が入札方式で買取を行うサービスもあります。

下記ユーカーパックはユーザーの車を提携買取店5,000社以上が入札することで、買取相場よりも高値で売れると評判が上がってきています。

↓ 入札方式で高く売るユーカーパック ↓

複数の買取店を比較して検討してみたいという方はカーセンサーネットを利用して依頼すると良いでしょう。

リクルート社が運営しており実績があることと、簡単に買取店を絞り込み依頼できるためおすすめできます。

筆者の経験上高値を出す確率が高い「ビッグモーター」を含めて比較すると、高く売れる確率が高まります。

↓ 複数買取店を検索してみる ↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大手10社を徹底比較!1番高く買い取る業者は

 

【買取金額】【会社規模】【接客対応】【販売力】でランキング!

最も評判の良い業者はどこなのか?


中古車買取大手10社をガチでランキング!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*