元業界人が教えるカーセブンの評判!トラブルが起こりにくい理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中古車買取大手のカーセブンの評判はどんなものなのでしょうか?皆様にとってはきっとゆうこりん(小倉優子)がTVCMをやっていてゆかりがあるのではないでしょうか?カーセブンの店舗は全国で約130店舗展開しており、そのほとんどがフランチャイズ店舗です。

カーセブンは規模では大手ベスト5くらいのポジションにいる企業で、特別に高く買取ってくれたり、中古車販売が安いという事はありません。

カーセブンの店舗展開手法は、地場の有力なディーラーや中古車販売店と組み、カーセブンという名前を貸して、買取を行うというものです。そのため、組んでいる業者が買取に力を入れている所は買取価格も高めです。

例えば、埼玉や千葉では、地域で有力なトーサイアポという業者がカーセブンの買取店を運営しており、買取価格が高いという評判です。

また、中古車の買取においてカーセブンはユーザーには非常に安心な取り組みを業界では唯一行っています!それが「車買取安心宣言」です。具体的には下記の5点です。

① 契約金の一部当日払い
② 契約後の代金減額の禁止
③ 車引き渡し後7日間のキャンセル期間設置
④ 電話一本で契約キャンセルできる
⑤ キャンセル料が一切発生しない

これは車を売って、すぐに現金に換えたい方や、その場の雰囲気で「営業マンが強引でつい売ってしまった。他の業者の話も聞きたかった」という方や、契約後の再査定による減額を行わないなど、車を売却する人にとって安心できる宣言なのです。

中古車買い取りの公正化に取り組む一環としたものとのことですが、具体的な内容はどのようなものなのでしょうか。カーセブンの特徴や実際の評判を含めて、中古車業界に15年所属した筆者が解説していきます。

 

ユーザー目線の5つの対応とは?

中古車買い取り業界では、「買取店は安く買いたいが、お客様は高く売りたい」という相反する意識があります。

お客様には業界のルールを押し付け、営業担当には厳しく成果を求めるという体質があるため、消費者と営業の利益が同等となるよう努力し、消費者のためになるような文化を創りたいという思いが、カーセブンの「車買取安心宣言」の動機とのことです。

「車買取安心宣言」の5つのポイントは今まで業界ではなされなかったことであり、ユーザー目線に立った対応となります。この宣言にあたり、社内の反対も多かったようです。ひとつひとつ見ていきましょう。

 

ポイント1:契約金の一部を当日払い(現金が早く欲しい人に嬉しい!)

車を買い取った代金の一部を当日に支払うというものです。中古車の買取では車と書類を預かってから、銀行営業日中3日程度で振り込みを行うという流れが一般的です。お客様としては車も書類も渡したのだから、即時の振り込みや現金で対応して欲しいという方も少なからずいます。

そのようなお客様の要望に対し、買取業者は「現金での対応はやっていない」。「振り込みの手続きに時間が掛かる」などの理由で断っているのが一般的です。中には応じる業者もいますが、大手買取業者は基本的に受け付けません。

なぜ、現金や即時振り込みを受け付けないのでしょうか。最も大きな理由は再査定があるからです。買い取った後の再査定で、事故歴や機関系の不具合が発覚した場合、買取金額が変更となる可能性があるためです。

実際、この支払いの流れや再査定の話で揉めるケースが少なくありません。中古車はメーターの改ざんや機関系の不具合の可能性から、買い取った時点での金額確定が難しい現実がありますが、これは業者側の都合とも言えます。そのため、この安心宣言により、契約金額の一部代金とはいえ、当日に振り込むというのは、ユーザー目線に立った対応と言えると思います。

 

ポイント2:契約後の代金減額禁止(買取後に減額がされない!)

買取契約後に代金の減額をすることを禁止するというものです。中古車業界では買取契約後に買取金額が変更となるということは、少なくありません。色々なケースがありますが、最も多いのは買取時には無事故車ということで契約したものが、実は事故車であったというものです。

これは、ほとんどのケースで営業マンの見落としが理由ですが、査定状況や車の構造の複雑化を理由に、減額の交渉が可能となる契約の内容になっていることが一般的です。これは業者側の都合に他ならないものです

中には悪意があって、事故車を無事故車と偽り買取をさせるユーザーもいますが、極少数です。自分の車を中古で購入し、事故歴があるかどうかは正確にはわからないケースでは、買取後の減額はユーザーにとって全く納得がいかないものです。

その点を考慮し、契約後の代金減額を禁止とするということはユーザーにとってとても安心できると言えます。中古車業界では減額を禁止するというのは、タブー視されていた感もありますので、業界の好ましくない慣習に一石を投じたと言えます。

 

ポイント3:車引き渡し後7日間のキャンセル期間の設置(営業マンの押しに負けた人にも救済措置あり!)

キャンセル期間を車の引き渡し後7日間設置するというものです。中古車の売買はクーリングオフの適用外であり、契約後の解約については原則認めません。契約後の解約はトラブルになることが多くあります。なぜそれほどトラブルになるのでしょうか。

ひとつは業者間での金額の被せあいということがあります。競合が激化する近年では、買取契約後に競合他社が金額を上乗せするという行為が発生しています。

業者からすると、買取契約後の解約を無条件で認めると、契約行為自体が軽く見られ、重契約を推進しかねないという危惧があります。そのため、買取契約後の解約は原則認めないという方針です。

一方で、ユーザーからすると数社比較したいのに、営業マンの押しに負けて契約をしてしまったから契約を解除して他社の査定も受けたいという心理もあります。買取契約後の解除の是非は双方に言い分がありますが、無条件で契約後の解約を認めるというのはユーザーにとっては安心できる内容です。

 

ポイント4:電話1本でキャンセルができる

基本的に買取業者はキャンセルの連絡が入ると必死に阻止しようと説得してきます。”1度店舗や自宅で話をしましょう”と直接対話を提案してきます。買取業者としては”実は他社に売却先を変えるのでは”と疑っていることもあり、詳細な理由を尋ねてきます。

そのような慣習の中、電話1本でキャンセルができることはユーザーに取って手間が少なくありがたいと言えます。

 

ポイント5:キャンセル料が一切掛からない

一昔前は違約金は契約金額に応じて一律に定められるケースが多く、高額の契約金額の場合は、違約金も高額となりトラブルが多発していました。

近年は外部組織からの指摘も入り、業者側に実際に掛かった費用のみが違約金として発生することになっています。

業者側に実際に掛かった費用というのは、車の引き渡しに掛かる陸送費や車の保管料、車の清掃費用などです。カーセブンではこれら一切の費用をユーザーに請求しないということで、ユーザーにとってはありがたい対応です。

 

カーセブンはオリコンランキングで第3位!

カーセブンの実際の評判はどうなのでしょうか?オリコンのランキングでは業界トップを争うガリバー、ビッグモーターを抑えて総合評価3位です。

oricon_ranking

評価項目の中で特に良いのが”売却手続き(78.84点)”、”担当者の接客力(78.21点)”ということで、金額のみならず手続きや接客の評判が良いようです。

 

最後に

「車買取安心宣言」の5つのポイントはどれも業界ではタブー視されてきたものであり、明らかにユーザー目線に立った対応と言えます。上記の方針から、支払方法や買取後の減額、契約キャンセルの関係でトラブルになることはほぼ無いという評判です。

トラブルを避け安心して車を売りたいという人は見積もり業者のひとつにカーセブンを入れてみることをお勧めします。カーセブンに査定依頼する時は下記カーセンサーネットを利用することをおすすめします。リクルート社が運営し実績があり、複数買取店の中から買取店を簡単に絞り込んで依頼することができます。

↓↓カーセブンを検索してみる↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大手10社を徹底比較!1番高く買い取る業者は

 

【買取金額】【会社規模】【接客対応】【販売力】でランキング!

最も評判の良い業者はどこなのか?


中古車買取大手10社をガチでランキング!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*