車検証を紛失してしまったら?再発行方法は?申請フォーマット付き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車検証を誤って紛失した時はどうすればよいのでしょうか。

車を売る時や廃車の手続きをする時など、車の名義変更には車検証の原本が必ず必要です。そのため、車検証を紛失した場合は再発行しなければなりません。

車検証の再発行は個人でも簡単にできます。また、買取店に車を売却する場合は、交渉により買取店が代理で車検証の再発行をしてくれることもあります。

本日は車検証の再発行手続きと掛かる費用について解説します。

 

車検証の再発行はどこでできるのか

車検証の再発行は車の所有者の管轄陸運局でできます。管轄陸運局とは車のナンバーに記載の地名を管轄する陸運局です。横浜ナンバーであれば横浜陸運支局です。

管轄の陸運局がどこにあるかは下記国土交通省HPで調べられます。

国土交通省陸運局一覧

 

車検証再発行時に必要となるものは?

車検証の再発行には下記が必要となります。

①理由書

車検証を再発行する理由を記載する理由書です。フォーマットは下記となります。紛失の理由としては”車内清掃時に不注意で誤って紛失”と記載すれば大丈夫です。警察への届け出は不要です。

再発行理由書フォーマット

登録ナンバーはナンバープレートの番号を書きます。車台番号は車のエンジンルーム内奥に刻印されています。車の保証書がある時は、そちらに記載があります。近年は下記のようなステッカーがエンジンルーム内や助手席ドアを開けた所のピラー(ステップ上部)に貼ってあることが多く、その中に車台番号(FRAME No)が記載してあります。

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc

②申請費用

・証紙代300円

・申請OCR用紙代20円(地域による異なる場合あり)

③印鑑(認印で可)

④身分証明書

⑤委任状(所有者本人が行う場合は不要)

本人以外が申請する場合に必要です。買取店や代書屋に依頼する場合にも必要となります。フォーマットは下記となります。捺印は認印で大丈夫です。

委任状フォーマット

 

上記の理由書、OCR用紙、証紙を貼った紙(手数料納付書:無料)、委任状(必要な場合)を揃えて、陸運局の登録受付窓口に提出すれば30分程度で再発行されます。(混雑している時は約1時間)

OCR用紙の書き方は陸運局内の記載例を参考にできます。また、相談窓口でも親切に教えてくれます。

 

再発行を代書屋に依頼する

陸運局の周辺には代書屋が多くあり、そこに依頼することもできます。費用はだいたい3,000~5,000円程度です。郵送でのやり取りも可能です。必要書類は上記と同一です。

 

車検証を紛失していても買取金額には影響ナシ

車検証を紛失していても買取金額には影響しません。また、車検証が無くても査定を受けることは可能です。なぜなら、車検証が無くても車の型式、車台番号は分かりますし、年式も車検期限などからだいたい分かるからです。

ただ、まれに買取店によっては車検証が無いと査定をしないという所もありますので、依頼時に確認したほうが良いです。

とりあえず、査定を受けてみたいという方は下記カーセンサーネットを利用して依頼することをおすすめします。リクルート社が運営しており実績があるとともに、複数買取店を簡単に絞り込んで依頼できます。複数の買取店が競合することで結果として高く売ることが可能です。

↓複数買取店を検索してみる↓

 

再発行を買取店に依頼してみる

商談時の交渉により、車検証の再発行をサービスで行ってもらえることもあります。具体的な商談の仕方は、「車検証の再発行もやってもらえるなら決めます!」と伝えると良いでしょう。

買取店は定期的に陸運局に訪問していますし、行政書士を利用している所も多いので手続きは簡単にできます。遠方の陸運局でなければ対応してもらえることがほとんどです。

どうしても難しいという場合は、有償で受けてもらえることもあります。その際の費用は、だいたい5,000円程度です。

 

車検証ケースごと紛失してしまった場合は?

車検証を入れおいたケースごと紛失してしまった場合は、車検証ケースに入っていた書類の再発行が必要な可能性があります。通常、車検証ケースに入っている車検証以外の書類は下記となり、再発行の必要有無を記載します。

① 自賠責保険証

車の売買には必須のため、再発行が必要となります。自賠責保険証に記載の保険会社の支店で再発行が無料でできます。郵送でも可能です。車検が切れている場合は不要です。

② 納税証明書

自動車税を支払ったという納税証明書です。当年度(4月~翌3月)に車検がくる場合は原本が必要です。買取店によっては、再発行を買取店側で行ってくれる場合もあります。

納税証明書の必要有無と再発行方法は下記記事にまとめていますので参考にしてください。

車を売るときに納税証明書を紛失していたら?再発行方法は

③ 整備手帳(保証書)、取扱説明書

整備手帳(保証書)は意外と重要視されます。なぜなら、きちんとそろっていると次に売りやすいからです。年式が新しければディーラーで再発行できます。ただし、購入した本人でなければ受け付けてもらえないことがほとんどです。

中古で購入した場合は、再発行は難しいです。取扱説明書はネットなどで買うこともできますが、無くても大丈夫です。

④ 任意保険証券

任意保険証券は売買に必要ありませんので、買取時の再発行は不要です。ただし、車を売ることで車両入替や解約(中断)などの手続きが発生しますので、保険会社に連絡したほうが良いです。

 

最後に

車検証を紛失した場合でも陸運局で簡単に再発行できます。実費は300円程度しか掛かりません。車検証は車に常備してなければなりませんが、長い年月が経過している場合思わず紛失していることがあります。

車検証が無くても査定は可能ですが、スムーズに手続きを進めたいということであれば、前もって再発行しておくことをおすすめします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

加盟店数NO1のカーセンサーネット!メールのみでのやり取りも可!

大手買取店を含む多数の買取店を絞り込んで依頼可能!

地域の優良店や専門店にも依頼可能!


買取一括査定ならカーセンサーネット

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*