車売却時の保険手続きは?任意保険と自賠責保険の手続きを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車の売却(買取)を業者にお願いした場合に、保険の手続きはどうすればよいのでしょうか。車の任意保険と強制保険で手続き方法が異なります。特に任意保険は手続きを行わないと、無駄に費用が発生する可能性もあるので注意が必要です。

本日は車の売却(買取)、乗り換え、廃車のケース毎にどんな手続きが必要なのかを解説していきます。

 

車の強制保険と任意保険とは

車の強制保険とは自賠責保険のことであり、車を所有する際は必ず加入しなければいけません。自賠責保険は対人の賠償事故を補償します。しかし、自賠責保険の補償には限度があり、また対物損害は補償されないため、事故に対する補償は十分とは言えません。

そのため、事故への備えとして対人の賠償損害や対物の賠償損害を追加で補償する保険が必要です。その自動車保険を任意保険と呼びます

 

任意保険と自賠責保険でどのような手続きが必要か

車の乗り換え、売却のみ、廃車のケース毎に任意保険と自賠責保険の手続きを自分(本人)がやるのか、業者がやるのか、ということを一覧にしました。

  ①乗り換え ②売却のみ ③廃車
任意保険 業者 本人 本人
自賠責保険 業者 業者 本人

それぞれのケース毎に具体的な手続き方法をみていきます。

①乗り換え(買い替え)の場合

乗り換え時は任意保険を見直すチャンス!

車を新しく乗り換える場合で、加入している任意保険(自動車保険)をそのまま新しい車に引き継ぐ時は、新しい車を購入する販売店で手続きを行ってくれます。この手続きは車両入替と呼ばれ、新しい車の車検証コピーを保険会社に提出するのみですので簡単です。

一方、乗り換えをきっかけに任意保険を見直すことで、保険料が大幅に下がることがあります。新しく車を購入する販売店でも任意保険に入ることができますが、ネットで申し込みができる「ダイレクト系自動車保険」のほうが保険料が安いです。

中古車販売店や新車ディーラーで取り扱う「代理店系自動車保険」と「ダイレクト系自動車保険」の違いと特徴は下記記事にまとめていますので参考にしてください。

車を買い替える時の自動車保険の手続きは?切替時の注意点は?

↓↓安い自動車保険を探してみる↓↓

自賠責保険の手続きは業者任せでOK

自賠責保険は個々の車に掛けられる保険となり、今の車の自賠責保険と次の車の自賠責保険は別物となります。今の車の自賠責保険は車を買取(下取)した業者が行います。

新しい車の自賠責保険は購入者が新しく加入するか、前所有者の自賠責保険を名義変更するかのどちらかですが、そのどちらの手続きも業者が行うため、自分で行う必要はありません。

 

②売却のみの場合

任意保険は中断の手続きを取ることがおすすめ

車を買取店に売却するのみという場合は、任意保険の手続きは自ら行う必要があります。買取店は任意保険の手続きは原則やりません。

車が無くなるため任意保険の解約をする必要があります。車を売っても任意保険の解約をしなければ保険料は発生し続けてしまいます。保険料を年払いで払っている場合は、残存月数により保険料が戻ってきます。

売却のみでしばらく車に乗らないという場合は、任意保険の中断手続きを取ることをおすすめします。中断手続きを取ることで、再度車を購入し保険に加入する時に中断時の等級を引き継げるというメリットがあります。もちろん、車を乗らない期間は保険料が掛かりません。

保険の等級が少しでも進んでいる(7等級以上)場合は、中断手続きを取ったほうが良いでしょう。中断証明書の有効期間は最長で10年です。

車を複数台所有している場合や、同居している家族が車を所有している場合は、その車に今の任意保険を引き継ぐこともできます。今の任意保険のほうが等級が進んでいる場合は保険料が安くなるというメリットがあります。

自賠責保険の手続きは業者任せでOK

車を売った後の自賠責保険の残っている期間は、次の所有者に引き継がれます。その際は自賠責保険の名義変更が必要となりますが、買い取った買取店若しくは次に販売する販売店が行いますので、手続きを自分で行う必要はありません

 

③廃車にする場合

任意保険は売却のみの場合と同じ

車を廃車にする場合の任意保険の手続きは、売却のみのケースと同じです。解約の手続きが必要となります。再度車を保有する可能性がある場合は、中断の手続きを取っておいたほうが良いです。

他に車がある場合は、そちらの車に引き継ぐこともできます。

 

車検が残っている場合は自賠責保険料が戻ってくる!

車を廃車にする場合は、自賠責保険の残り期間(1ヶ月以上)に応じて自賠責保険料が返ってきます。手続きは自分で行う必要があります。廃車にした証明となる抹消証明書コピーと自賠責保険証原本を自賠責保険証に記載のある保険会社に持ち込めばすぐ手続きしてくれます

手続きには身分証明書と認印が必要となります。郵送でも対応可能です。抹消証明書コピーは廃車を依頼した業者からもらうことができます。返金金額は1ヶ月あたり約1,000円のため、1年間残っていると約12,000円となります。

ここで注意したいのが、廃車を依頼する業者に自賠責保険の残り期間の還付はどうなるのかを確認しておくことです。契約時に自賠責保険の残り期間分を含めて買い取るという業者も多く、その場合は保険料が返ってきません。

売却のみの場合でも、車検が短いとか海外に輸出するという場合は抹消登録をすることがあり、その場合は自賠責保険料の返金があるケースがあります。ほとんどの場合、その返金分は業者が取るという契約(自賠責保険未経過分は買取契約に含む)になっていますが、交渉により返金してもらうことが可能です。

 

最後に

任意保険、自賠責保険ともに手続きをすることで、保険料が返金されるケースがあります。自賠責保険料の返金手続きは意外と知られていませんが、簡単にできるため、抹消登録をされる場合は、手続きをすることをおすすめします。

また、乗り換えの際は任意保険の見直しをすると、保険料が大幅に安くなる可能性がありますので、一度見積もりを取って現在の保険と比較してみることをおすすめします。

↓↓安い自動車保険を検索してみる↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大手10社を徹底比較!1番高く買い取る業者は

 

【買取金額】【会社規模】【接客対応】【販売力】でランキング!

最も評判の良い業者はどこなのか?


中古車買取大手10社をガチでランキング!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*