ガリバーの個人売買サービス【ガリバーフリマ】のメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ガリバーが運営する個人売買サービス【ガリバーフリマ】とはどんなサービスなのでしょうか?簡単に言うと、車の個人売買をガリバーが仲介するというサービスです。

車の個人売買の最大のメリットは、売り手は車を高く売れ、買い手は車を安く買える、というものです。

ただ、国内では車の個人売買はあまり普及していません。理由は、代金の支払いや名義変更の際、また納車後の車の不具合等でトラブルになるケースが多いからです。個人売買を仲介する大手業者が不在ということもあります。

ヤフーオークションやモバオクなどの個人売買サービスもありますが、中古車売買の主流にはなっていません。

今回、中古車業界最大手のガリバーが個人売買の仲介するということで、車の個人売買が増えてくるのでしょうか?

サービスの詳細はユーザーにメリットがあるものなのでしょうか?本日は、中古車業界に15年所属した筆者が、ガリバーの個人売買サービス【ガリバーフリマ】について解説します。

 

ガリバーフリマのメリット、デメリットとは?

ガリバーフリマのサービスのメリット、デメリットはどのようなものなのでしょうか。主なメリット・デメリットは下記となります。

メリット① 売り手は高く売れ買い手は安く買える
メリット② 代金の回収や名義変更の手続きをガリバーが行ってくれる
メリット③ 面倒な出品手続きはガリバーに依頼できる
メリット④ 出品価格の概算をシステムで算出してくれる
メリット⑤ 売れなかった場合はガリバーが買い取ってくれる
デメリット① 手数料が発生する
デメリット② 売買成立まで時間が掛かることがある
デメリット③ 出品車両情報は出品者次第

メリット① 売り手は高く売れ買い手は安く買える

中古車の買取価格と販売価格では通常大きな差異があります。100~200万円の価格帯であれば、50万円程度の差異があります。理由は買取価格に買取店やオートオークション、販売店の利益が加算されるためです。

例えば、下記のように買取価格が80万円であれば、買取店利益15万円、オートオークション利益5万円、販売店利益30万円が上乗せされ、販売価格は130万円程度となります。

個人売買では上記のような、間に入る業者の利益(手数料)が大幅に圧縮されるため、売り手は高く、買い手は安く買うことができます

上記の例で、仮に100万円で売買が成立したとすると、ガリバーに支払う売り手手数料6万円と、買い手手数料6.8万円を差し引いても、売り手は94万円(100万円-6万円)で売れ、買い手は106.8万円(100万円+6.8万円)で買えることになります

つまり売り手は14万円おトクに、買い手は23.2万円おトクになります。

 

さらにガリバーフリマは個人売買のため、消費税が発生しないという特徴もあります。車を買う時の消費税は意外と高額であり、馬鹿にならないため買い手としては大きなメリットとなります。

売り手側としては、買取店に売る際も消費税分がプラスで貰えることはなく、特に関係がありません。


メリット⓶ 
代金の回収や名義変更の手続きをガリバーが行ってくれる。

個人売買でトラブルになる多くのケースが、代金の回収や名義変更の手続きです。買い手と売り手ともに、きちんと取引がなされるのか不安があります。特に名義変更には印鑑証明書などの重要書類を扱うため個人間のやり取りでは不安が残ります。

その点をガリバーが代行することでトラブルを防ぐというものです。また、購入時にローンを組むこともサービスとして提供しています。

 

メリット③ 面倒な出品手続きはガリバーに依頼できる。

自分の車を出品する(ネット上にアップする)手続きは、ネット上や専用アプリから行う必要がありますが、ガリバーに依頼することも可能です。

ガリバーの店舗で査定を受けると、画像のアップや詳細情報の入力をガリバーが全て行ってくれるため、負担がありません。もちろん手数料は無料です。

 

メリット④ 出品価格の概算をシステムで算出してくれる

売り手が出品価格をいくらに設定するかということは非常に重要であり、難しいもので。実はガリバーフリマの中にある【相場ナビ】というシステムで中古車市場の相場情報を教えてくれます。それを基に、出品価格を設定することで、買い手と売り手双方にメリットのある価格設定が可能です。

 

メリット⑤ 売れなかった場合は、ガリバーが買い取ってくれる。

一定期間出品して売れなかった場合はガリバーが買い取ってくれます。ガリバーの店舗で査定を受けると、買取保証金額を提示してもらえます。

ただし、当然ながら出品時の金額よりは下がってしまいます。納得できない場合は、売らなくても大丈夫です。

 

デメリット① 手数料が発生する

個人売買が成約となった場合には売り手、買い手ともにガリバーへの手数料が発生します。買い手にはこの手数料に加えて、名義変更手数料等が発生するため、出品価格より15~25万円が加算されることが多いようです。

◆売り手手数料

出品者受取価格 購入者手数料
~200,000円 20,000円
200,001円~300,000円 30,000円
300,001円~400,000円 40,000円
400,001円~500,000円 50,000円
500,001円~1,000,000円 60,000円
1,000,001円~ 出品者受取価格の6%

◆買い手手数料

出品者受取価格 出品者手数料
~100,000円 18,000円
100,001円~200,000円 28,000円
200,001円~300,000円 38,000円
300,001円~400,000円 48,000円
400,001円~500,000円 58,000円
500,001円~1,000,000円 68,000円
1,000,001円~ 出品者受取価格の6%

 

出品時にはこの手数料を計算に入れた値付けが必要です。買い手がつかないからといって出品価格を下げ過ぎると、通常の買取相場と変わらなくなってしまう可能性もあります。

購入時には、各種税金や車検費用が発生する場合もありますので、細かい諸費用を含めて購入を検討することをおすすめします。

 

デメリット⓶ 売買成立まで時間が掛かることがある

ガリバーフリマの検索ページで出品台数を検索すると現時点(平成30年2月)現在では約11,000台となっています。1年ほど前は約2,000台でしたので、急速に出品台数が増加しています。

ただ、この出品台数をもってしても、買い手が欲しい車を探した時に、ぴったりの車が見つかる訳ではありません

そのため、出品してもなかなか買い手がつかず売買成立まで時間が掛かることがあります。

50,000台位の出品数になると、より活性化すると思います。

 

デメリット③ 出品車両情報は出品者次第

出品車両の詳細情報が出品者が責任を負うとされています。(ガリバーフリマ利用規約第29条:出品車両の詳細情報は品情報は、出品者の責任において開示されるものとします)

そのため、アプリやサイト上から出品した場合で、内容に間違いがあると、出品者の責任になります。車の年式や走行距離の記載間違いは金額に直結するため注意が必要です。

出品時の間違いなどを防ぎたい方は、ガリバー店舗で査定を受けて出品してもらうことをおすすめします。ガリバーに出品を代行してもらえば間違いはありません。

一方、購入時にガリバーでの査定を受けていない出品車両を希望する際には、ガリバーでの査定を出品者に依頼することも可能です。車両情報の相違からのトラブルを防ぎたい方は、ガリバーでの査定依頼をしたほうがよいでしょう。

↓ガリバーフリマに登録してみる↓

購入時の支払いはクレジットカード払いやローンを組むこともできる

ガリバーフリマで車を買う時の支払いはなんとクレジットカードでも可能です。個人売買では現金一括で支払うことが通常ですが、クレジットカードが使えることで非常に便利です。ネット上で決済ができ手続きもスムーズです。

また、現金やクレジットカードはちょっと・・という方向けに、オートローンも選択できます。気になる金利も4.8%と、中古車購入時のオートローンとしては安いです。一般の中古車販売店の金利は7~9%前後です。

ただし、オートローンを利用する場合にはガリバーが売り主となるため、消費税が発生します

 

同じようなサービスが無かった理由は?

車の個人売買は昔からある手法でしたが、ガリバーフリマのようなサービスは何故存在しなかったのでしょうか?理由は大きく2つあります。

①出品車両を多く集めることができない

個人売買で車を売りたい人を多く集めることは意外と難しいです。一般の人はイメージの悪い個人売買で車を売ろうとは思いません。出品車両が集まらないと、サービスとして成立しません。

⓶個人売買が普及すると中古車業者の買取や販売での売上が減少する懸念がある

ほとんどの中古車買取業者は車を買い取って、オークションに出品することで利益を得ています。中古車販売業者は下取りやオークションから車を仕入れ、販売することにより利益を得ています。販売時の整備や保険は主な収益です。

個人売買が普及すると、今まで買取や販売で収益を上げていた中古車業者の取引が減少し、売上が減少する恐れがあります

ガリバーは上記の問題を、知名度と規模で出品者を確保するとともに独自の料金体系により収益を獲得することで解消しようとしています。

 

最後に

ガリバーフリマのサービスは、従来からあった個人売買の懸念事項をガリバーが代行することで、売り手と買い手が安心して取引ができることを強みとしています。個人売買には無い購入時の整備や保証もオプションで付けることができます。

出品台数は1年前に比べて急速に増加しており、今後の展開に期待という感じです。

すぐに車を売らなければならないという方には、すぐに買い手が見つかる可能性が低いためお勧めできませんが、いい値段が付けば売ってもいいと思われている方は、出品は無料でリスクは無いため、とりあえず出品しておいてもよいかと思います

↓ガリバーフリマに登録してみる↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

買取実績No.1のガリバー

中古車買取台数No.1のガリバー
スケールメリットを活かした買取に強み
世界規模の豊富な販路で高価買取



ガリバーとビッグモーターではどちらが車を高く買取するか

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*