2017年の中古車市場動向は?軽自動車不振の影響は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

軽自動車の新車販売台数が激減しています。2016年(1月~12月)の軽自動車(乗用)新車販売台数は前年比で11%減と大きく割り込みました。軽自動車税の増税(年間7,200円⇒10,800円)が影響していると見られますが、要因はそれだけでは無さそうです。

一方で、オートオークションでの中古車全体の取引単価は年々高くなっています。これは高額車両の取引が活発になっているためと思われます。

本日は、2016年におけるカテゴリー別の新車・中古車登録台数やオートオークションの取引単価推移から2017年の中古車市場について、中古車業界に15年所属した筆者が解説します。

 

普通車の新車販売台数は横ばいに対し軽自動車は激減

過去4年間の普通車と軽自動車の新車販売台数推移は下記表となります。

※日本自動車販売協会連合会調べ 台数単位(万)

普通車がほぼ横ばいなのに対して、2015年・2016年と軽自動車の販売台数が激減しています。その理由は、2015年4月から軽自動車の自動車税が増税したことが要因と見られていますが、小型の普通車(コンパクトカー)やハイブリッド車の人気が高まっていることも要因として見られます。

軽自動車のメリットとして、税金・燃費・小回りが利くことがありますが、それを満たすコンパクトカーが増えてきています。最近では、コンパクトカーのノートやアクア、シエンタなどの売れ行きが好調です。

今まで軽自動車を選択していたユーザーが実用的かつ経済的なメリットを踏まえて、コンパクトカーを選択するケースが増えてきたと言えます。

 

中古車市場での輸入車の取引は好調

2016年の中古車(普通車)の登録台数は497万台(日本自動車販売協会連合会調べ)と5年ぶりに500万台を割り込みました。一方で、輸入車の中古車登録台数は増加しています。

2013年 2014年 2015年 2016年
普通車 537 556 504 497
輸入車 50.8 50.4 51.4 53.1

※日本自動車販売協会連合会、日本自動車輸入組合調べ 台数単位(万)

ベンツEクラスなどの高額な価格帯が好調なのに加えて、各社200~300万円台のエントリーモデルが好調であり、国産の同クラスと比較してそれほど価格差がないことが人気を集めているようです。

 

オートオークションの取引単価は年々上昇

国内最大手のオートオークションであるUSSが発表している取引単価(成約車両単価)は年々上昇しています。これは、高額な車両の取引が活発化していることが主要因と考えられます。

※株式会社ユー・エス・エス IR資料:オークションデータより

輸入車の中古車登録台数が増加しており、特に高額輸入車の取引が好調です。ベンツやアウディ、BMWなど高額でも日本車にはない魅力を評価し購入するユーザーが多くなっています。

 

軽自動車は相場が下落する可能性が高い

軽自動車の中古車登録台数推移はほぼ横ばいですが、新車販売台数が大きく減っていることで、今後中古車の登録も減少する可能性があります。中古車販売店で軽自動車が売れなくなると、仕入れに注力できないため相場が下落します。

中古車買取販売大手のガリバーによると、2016年6月の中古軽自動車の平均小売価格は約86万円と5年前に比べて約5万円下がったとのことです。

これは2013、2014年の軽自動車新車販売が200万台を超えたことで供給が過剰となったと見られていますが、コンパクトカーやハイブリッドカーへの人気が継続すると、小売価格がさらに下がっていくと思われます。

 

最後に

いかがでしょうか。国内の新車販売台数は年々減少しています。利用者数を着実に増やしているカーシェアリングや自動運転の技術が進むと、より新車が売れにくくなっていきます

現状では横ばいの中古車の登録台数も今後減少していく可能性が高いです。高額輸入車の取引が活発なように、一部の特徴ある車種や人気のある車種は相場を維持すると思われます。

一方で、値段が落ちないと言われていた軽自動車も相場が下がる可能性が高く、需要が高いコンパクトカーやハイブリッドカー以外は全体的に相場の下落が大きくなると思われます。

過走行や低年式の車は再販が特に難しくなると思われますので、売却を考えている方は早めの検討をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大手10社を徹底比較!1番高く買い取る業者は

 

【買取金額】【会社規模】【接客対応】【販売力】でランキング!

最も評判の良い業者はどこなのか?


中古車買取大手10社をガチでランキング!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*