外出自粛で車が高く売れない?2020年中古車相場展望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

新型コロナウィルス対策に伴う外出自粛(制限)により、車業界にも大きな影響が出てきています。

2020年4月の新車販売台数(乗用車)は前年同月比で72.5%と大幅に減少しており、5月も同様に大きく減少すると見られています。(日本自動車販売協会連合会発表)

中古車販売大手「ガリバー」でも、2021年2月までの販売台数を大きく下方修正しており、中古車販売も当分前年比割れが続きそうです。

購入の需要が減少すると、販売価格が下がるため、中古車の相場も下落が予想されます。

日本最大のオートオークション(ユー・エス・エス)では成約車両単価・成約率とも右肩下がりで下落しています。

ただ一方で、ウィルスの感染リスクを下げるために公共交通機関より自家用車を利用するという流れも広がってきており、外出自粛(制限)が緩和された後は、相場も回復してくると思われます。

実際、株式会社デルフィスが実施した「コロナ禍における「移動」「クルマ」に関する意識調査(国内1,600名対象)」では、「クルマの購入を中止または延期した人」より、「クルマを購入したくなった人」のほうが多いという結果により、クルマ需要がプラスに転じていると見られています。

本日は、外出自粛(制限)による2020年の中古車相場への影響について、中古車業界に15年所属した筆者がみていきます。

 





新車販売大幅減で中古車登録も減少見込み

外出自粛(制限)により、2020年2月以降の新車販売台数(乗用車・軽自動車)は下記のように前年比で減少しています。特に、2020年4月では約3割減と大幅に減少しています。

※日本自動車販売協会連合会・全国軽自動車協会連合会より

5月以降も前年比割れは継続すると予測されています。

新車が売れないと下取りの数も減少し、中古車として出回る台数も減少することで、中古車登録も減少が予想されます。

実際、日本最大のオートオークション(ユー・エス・エス)で流通される車の台数も減少してきており、売買の成約率も下がっています。

 

中古車相場も下落

中古車の登録台数が減少する、つまり需要が減少すると中古車の相場下落につながります。

中古車流通相場の指標であるユー・エス・エスオートオークションの成約単価も下記のように下がってきています。

※ユー・エス・エスHP オークションデータより

ほとんどの買取店はユー・エス・エスの流通相場を基準として、買取価格を算出してることから、成約車両単価が下がると買取価格も下がります

2020年5月以降さらに中古車登録台数が減少する見込みから、中古車相場の下落もしばらく続きそうです。

 

ガリバー・ネクステージは今期業績を見直し

中古車販売大手「ガリバー」、「ネクステージ」は直近の決算で下記のように業績を見直ししています。

ガリバー:2021年2月期上期販売台数 70,500台⇒52,900台(25%減)

ネクステージ:2020年11月期営業利益 78億円⇒30億円(60%減)

※ガリバー決算説明資料/ネクステージ決算短信より

ガリバーによると新型コロナウィルスの影響で8月までは来店客数が減少し、9月からは正常化すると想定されています。

両社とも販売台数、買取台数の減少を見込んでおり、買取価格にも影響することが予想されます。

自社の販売店で直接売れる台数が減少することにより、直接販売前提で高く買い取る件数が減少すると思われます。

 

今すぐ売るのは避けるべき

買取相場が今後下落するからといって、今すぐに車を売るのはあまりおすすめできません。

なぜなら、買取店側がオートオークションの相場下落を予測して、高値を提示してこない可能性があるからです。

筆者の知り合いの中古車業者もオートオークションの相場がどこまで下落するかわからない内は、高値を提示しづらいということでした。

具体的な売る時期としては、次の繁忙期である2020年9月前が良いかと思います。

直近では中古車の相場は下落しているものの、ウィルス感染防止のため自家用車の需要は増加するという見方があり、外出自粛(制限)が緩和された後は、相場が回復すると思われます

引っ越しや資金繰りの関係等でどうしても早急に売らなければならないという場合は、複数買取店を比較して、最も高い所を選択したほうが良いです。

下記カーセンサーネットを利用すると、買取店を簡単に検索し査定依頼することができます。

大手買取店の中で最も高く買い取る確率が高いのは「ビッグモーター」です。理由は買い取った車を自社の販売店で直接販売する確率が高いためです。

↓買取店を検索してみる↓

カーセンサーネット公式サイト

 

輸入車の中古車販売は前年とほぼ同等

新車販売が激減する中、輸入車の中古車登録台数は前年の数字をほぼ維持しています。

下記のように2020年3月は前年を上回り2020年1月~4月の累計では前年比99.1%と前年とほぼ同等で推移しています。

※日本自動車輸入組合HPより

中古輸入車への人気は継続しており、一昔前に比べて輸入車の販売価格が下がっていることも要因と考えられます。

特に、ベンツの販売は好調であり、今後も極端な値崩れは起きないと予想されます。

 

少しでも高く売りたい場合はオークション方式の買取サービスを試してみる

中古車相場の下落が予想される中で、少しでも高く売る方法としては「オークション方式の買取サービス」という売却方法があります。

オークション方式の買取サービスを展開する「楽天Carオークション」では、全国の提携買取店から直接、入札を受けることで下記のように流通コストを削り、ハマれば驚くほど高く売れるとの評判があります

※楽天カーHPより

複数買取店に個人情報が流れず、交渉する手間が無いという一括査定とは異なる手法で、買取店を比較するのが面倒という方にも適しています

「楽天Carオークション」は前身の「カープライス」から長年に渡りオンラインオークションを提供しており実績もあります。

希望金額まで入札が入らずに売買が成立しないこともありますが、査定料や出品料は無料のため、時間に余裕がある方は試してみてはどうでしょうか。成約時には手数料として2万円(税別)が発生します。

楽天IDを保有している方は、申込が簡単であることと、成約時には1,000ポイントの付与があります。

↓楽天Carオークションに査定依頼してみる↓

楽天Carオークション公式サイト

楽天Carオークションについて詳しくは下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

ハマれば驚くほど高く売れる!楽天Carオークションの全容を解説

 

最後に

2020年前半の中古車相場は下落が続きますが、外出自粛(制限)が緩和された後は、自家用車の需要の高まりが予想され、相場は回復してくると思われます

特定の輸入車や状態の良い人気車種には特に需要が集まりそうです。

カーシェアリングに流れていた需要も、一定程度自家用車保有に流れてくるとも思われます。

どの買取店も次に販売しやすい車の買取により注力してきますので、次に販売しづらい低年式車や走行距離が過大な車は買取金額が安価となりそうです。

また、各買取店は次に販売しやすいか否かを判断すべく、査定時により厳しくチェックしてきますので、少しでも高く売るためには内外装を前もって綺麗にしたり付属品をそろえておく等の対応をしておくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

車高く売るなら楽天Carオークション

 

あなたの車を欲しい複数買取店がライブオークションで入札!

ハマれば驚くほど高く売れる!

成約で楽天スーパーポイント1,000ポイントプレゼント!

ハマれば驚くほど高く売れる!楽天Carオークションの全容を解説

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*