初めて車を売る時におすすめできる方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

初めて車を売る時におすすめできる方法はどのようなものでしょうか?

個人売買やネットオークションで車を売る方法は手間が掛かるとともにトラブルの可能性もありますので、おすすめできません。専門の買取店に売却することをおすすめします。

専門の買取店に車を売る方法としては大きく下記3つの方法があります。

・一括査定を利用して複数の買取店に査定を依頼し売却する

・オークション形式で入札を受けて売却する

・買取店を検索し査定依頼をして売却する

本日はそれぞれの方法のメリット・デメリットを解説するとともに、車を売る時に必要な書類も合わせて紹介します。

 

おすすめできる車を売る3つの方法とは

個人売買やネットオークションで売るという方法は経験が無いと難しいため、初めて車を売る時におすすめできる方法としては大きく下記3つの方法があります。それぞれのメリット・デメリットを合わせて記載します。

  メリット デメリット
一括査定 競り合うことで高く売れる

手軽に依頼できる

複数買取店と交渉する労力が掛かる
オークション形式 手間が少ない

競り合うことで高く売れる

期待通りの値段まで入札されない可能性がある
買取店に個別依頼 買取店の情報を調べた上で依頼できる 買取店を選定する手間が掛かる

 

一括査定を利用する

現在最も主流となっている方法です。一括査定サイトを利用して複数の買取店に査定を依頼して競合することで高く売れます。デメリットとしては、複数業者から連絡が入ることで応対に手間が掛かることや、業者間での値段のかぶせあいによりトラブルに発展する可能性があるということです。

一括査定のメリット・デメリットは下記記事に詳しくまとめていますので参考にしてください。

車一括査定サイトのメリット・デメリットとは?

初めて車を売る時はには複数の買取店を競合させるより、信頼できる大手買取店1~2社に依頼するのが良いでしょう。具体的な買取店は「ビッグモーター」か「カーセブン」をおすすめします。筆者の経験上、提示する金額が高く手続きにも間違いが無いためです。

一括査定でおすすめできるサイトは下記カーセンサーネットです。リクルート社が運営しており実績があることに加え、複数業者から絞り込んで依頼できるためです。1社のみに絞り込んで依頼した場合でも、依頼された買取店は1社のみとわからず競合があると思うため足元を見られることもありません。

↓↓ 買取店を検索してみる ↓↓

 

オークション形式で入札を受け高い所に売る

今までの主流であった買取店に車を売るのではなく、次に車を販売する業者が入札方式で値段を提示するという新しい売り方です。オートオークションを経由するコストを削れるため、相場より高値で売れる可能性があります。

オークション形式で売る方法は最近注目されている方法で、ネットオークションで売る方法と一括査定で売る方法のいいとこ取りをしたようなサービスです。

ネットオークションで煩雑とされる出品手続きや落札手続きを代行の業者が行い、一括査定での複数業者との交渉を入札方式とすることで売り手の負担を軽減するというメリットがあります。

個人情報が複数業者に渡る心配もありません。

オークション方式で車を売るサービスでおすすめできるのは“ユーカーパック”というサービスです。ユーカーパックは入札する提携業者の数が2,000店超と急激に伸びてきており、高値で売れる見込みがあります。

出品しても納得の行く金額が入札されなければ売る必要は無く、出品の手数料も掛からないため、とりあえず値段だけ見てみたいという軽い気持ちでも問題ありません。

↓ユーカーパックに査定依頼してみる↓

買取店を検索し査定依頼をして売却する

“Goo買取”のような車買取店を検索できるサイトで買取店を検索して査定を申し込むという方法です。メリットとしては個別の買取店の評判など細かい情報を確認しながら依頼できることや複数業者との交渉が不要というメリットがあります。

また、売りたい車の買取に強い専門店に依頼することで相場より高値での売却も見込めます。一方、デメリットとしては自分で依頼先を選定するという手間があります。

買取店の大手検索サイトである“Goo買取”の特徴は下記記事にまとめていますので、参考にしてください。

Goo買取と一括査定の違いとは?売りたい車に強い買取店を簡単検索

 

車を売る時に必要となる書類とは

車を売る書類は普通車と軽自動車で異なります。また、所有権の有無によっても若干異なります。所有権有りとは車検証上の所有者が販売店やローン会社になっていることを言います。購入時にローンを組んだ時はほとんどの場合、所有権が設定されます。

それぞれのケースで必要な書類を下記表に記載します。

  普通車 軽自動車
  所有権無し 所有権有り 所有権無し 所有権有り
車検証
自賠責保険証
自動車税納税証明書
印鑑証明書
委任状 実印を押印 実印を押印 実印を押印
譲渡証 実印を押印
申請依頼書 認印を押印
免許証コピー

※△は業者により異なる 委任状・譲渡証・申請依頼書は業者にて用意してもらえる

印鑑証明書は3ヶ月以内取得のもの

住所移動や姓名変更がある場合は別途書類が必要

車売却時の必要書類については下記記事に詳しくまとめていますので参考にしてください。

個人でも簡単に出来る!車を売る手続きと必要書類を完全紹介

 

最後に

上記のようにそれぞれの方法にはメリット・デメリットがあります。とにかく短時間で車を売りたいという方はGoo買取で近隣の評判の良さそうな業者1社に依頼することをおすすめします。

時間が掛かってもいいから相場よりも高く売りたいという方はユーカーパックを利用することをおすすめします。

複数の業者から色々と話を聞いた上で、値段を比較して決めたいという方は一括査定を利用すると良いかと思います。

売却をする理由によっても選択が異なると思いますので、各方法の特徴を参考にしながらベストな選択をしてもらえたらと思います。

↓↓ 買取店を検索してみる ↓↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大手10社を徹底比較!1番高く買い取る業者は

 

【買取金額】【会社規模】【接客対応】【販売力】でランキング!

最も評判の良い業者はどこなのか?


中古車買取大手10社をガチでランキング!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*