トヨタ「中古車オンラインストア」のメリット・注意点を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あらゆる業界で、従来の対面販売ではなくオンラインでの販売が増えてきています。

オンライン販売は難しいとされてきた車業界でも、車販売のオンライン化が始まってきています。

そんな中、トップメーカーのトヨタもオンラインの公式サイトを新たにオープンしました。

「トヨタ中古車オンラインストア」では、車の選択から注文、支払い、書類手続きまでをオンラインで行うことができ、対面での対応は納車時に車を受け取りに行く時のみとなります。

「トヨタ中古車オンラインストア」の主なメリットとしては、オンライン手続きで手間が少ないことと、全車車検2年(追加費用なし)と1年保証がついており、リーズナブルで安心できるということがあります。

一方、注意点としては、現車が確認できないことやローンでの購入時の金利が高めということがあります。

本日は、「トヨタ中古車オンラインストア」について、メリットと注意点をみていきます。

 

トヨタの中古車販売オンラインサイト「トヨタ中古車オンラインストア」のメリット・注意点各5つ

車のオンライン販売は、他業種に比べて遅れていましたが、車業界でも徐々にオンラインのサービスを提供する所が増えてきました。

インターネット大手の「楽天」に続き、「トヨタ」も「トヨタ中古車オンラインストア」というオンラインサイトをオープンし、車販売のオンライン化が進むかどうか注目されています。

そんな「トヨタ中古車オンラインストア」のメリットと注意点それぞれ5つは下記となります。それぞれ見ていきます

メリット① オンライン手続きで手間が少ない
メリット② 車両価格が安め
メリット③ 全車車検2年(追加費用なし)がついており諸費用が安め
メリット④ 全車1年保証がついている
メリット⑤ 納車後7日以内であればキャンセル可能
注意点① 現車が確認できない
注意点② キズ・へこみはそのまま
注意点③ ローン金利が高め
注意点④ 下取りできない
注意点⑤ 遠方の車は納車時に取りに行く手間がかかる

メリット① オンライン手続きで手間が少ない

「トヨタ中古車オンラインストア」の最大のメリットは、店舗に訪問することなく、オンラインで注文~手続きができることです。

ネット上で車の選択、注文、ローン申し込みまで行うことができ、店舗に訪問する必要が無く、営業マンからしつこい営業を受けることもありません

名義変更書類のやり取りは郵送で行います。

車の購入というと、見積もり~契約・書類手続きと、何度も店舗に訪問しなければならなというイメージがありますが、オンラインで対応できるということで手間が少ないです。

 

メリット② 車両価格が安め

「トヨタ中古車オンラインストア」のクルマは、トヨタの販売店が買い取った車をキズやへこみはそのままに期間限定で公開しており、車両価格が安めに設定されています。

また、オンライン販売により、人件費や設備費用を削減していることも、車両価格を下げる要因となっています。

トヨタが提供する中古車というと、車両価格が高いのでは、というイメージがありますが、現状販売とコスト削減という2軸により、車両価格を安めにしています

 

メリット③ 全車車検2年(追加費用なし)がついており諸費用が安め

「トヨタ中古車オンラインストア」では全車車検2年がついており、購入時における整備の追加費用がありません。

通常、中古車販売店では購入時の整備は別途有償となり、車検整備で5~7万円程度の整備費用が発生します。

また、「トヨタ中古車オンラインストア」では他社で通常発生する、納車費用やナンバー変更料もありません。

そのため、他社と比べて諸費用はだいたい10万円程度安価となっており、総額の安さにもつながっています

一例ですが下記のように、カローラアクシオハイブリッドの諸費用を見ると「トヨタ中古車オンラインストア」では11.1万円に対し、他店(カーセンサー掲載店)19万円と大きく差があります。

◆トヨタ中古車オンラインストア諸費用11.1万円(支払総額73.2万円-車両本体価格62.1万円)

◆他店(カーセンサー掲載店)諸費用19万円(支払総額88.8万円-車両本体価格69.8万円)

諸費用の詳細については、項目ごとに明示されているため、よくわからない諸費用が入っているということもありません。

中古車購入時の諸費用は高いし、よくわからない!という従来からの声に対し、「トヨタ中古車オンラインストア」では、諸費用項目を極力簡素化し、わかりやすくすることで購入者の安心感につなげています。

 

メリット④ 全車1年保証がついている

ビッグモーターやネクステージなどの大手中古車販売店では有償となる保証を「トヨタ中古車オンラインストア」では1年間無料でつけています。

一般的に中古車販売店で購入する場合、保証は付いておらず、保証を付けるとなると有償となり、だいたい3~5万円程度の費用が発生します。

大手の「ビッグモーター」や「ネクステージ」も同様です。

保証の内容は、エアコンやナビゲーション等の電気系故障も対象となる業界最高水準の保証内容となっており、全国約5,000カ所のトヨタ店で対応してもらえます

有償のオプションで2年・3年と延長することも可能です。

 

メリット⑤ 納車後7日以内であればキャンセル可能

納車されたけど、乗ってみたら思っていたのと全く違っていた!とか急な事情でやむなく購入をキャンセルしなければならないという場合には、納車後7日以内であればキャンセルすることが可能です。

キャンセル料として、手数料50,000円(税抜)に加え、点検整備に要した実費相当額は発生しますが、買取店に売却するよりは出費が少ないです。

納車前であれば、キャンセル手数料50,000円(税抜き)のみでキャンセル可能です。

 

一方、「トヨタ中古車オンラインストア」の注意点は下記となります。

注意点① 現車が確認できない

「トヨタ中古車オンラインストア」では、車の現物を確認したり、試乗したりすることはできません。

車両の状態は、サイト上の画像やキズ・へこみのチェックシートで確認することとなります。

よって、現物を見て乗り心地など細かく確認してから購入したいという方には不向きです。

 

注意点② キズ・へこみはそのまま

「トヨタ中古車オンラインストア」のクルマは、トヨタの販売店が買い取った状態のままであり、キズやへこみもそのままです。

車によってはキズ・へこみが多いものもあるので注意が必要です。

特に大きいキズやへこみは画像で詳細表示されていますが、細かいキズは載っていません。細かいキズについてはある程度許容する必要があります。

 

注意点③ ローン金利が高め

「トヨタ中古車オンラインストア」での購入時にローンを利用することは可能ですが、その際のローン金利は高めです。

適用されるローン金利は地域の販売店によって異なりますが、だいたい5~9%程度となっており、銀行系などの安い自動車ローンに比べると高めです。

ローンの利用を考えているけれど、支払金利は極力抑えたいという場合は、「ジャパンダ・ネットマイカーローン」のような金利の安い自動車ローンを利用したほうが良いです。

「ジャパンダ・ネットマイカーローン」は損害保険ジャパン日本興亜が提供する自動車ローンで、金利が1.9%~2.85%と安い上に、手続きも簡単ということで利用者が増加してきています。

「トヨタ中古車オンラインストア」で購入するからといって、提供されるトヨタファイナンスのローンを利用しなけれならないということはありません。

他社の自動車ローンを利用した場合は、購入者の口座にローン金額が入金された後に、「トヨタ中古車オンラインストア」に送金するという流れとなります。

「ジャパンダ・ネットマイカーローン」では、審査や書類に問題が無ければ、申込から約10日で本人口座に入金されます。

審査は下記サイトから申し込みができ、通算12時間以内に回答があります。審査通過後のキャンセルも可能です。

「ジャパンダ・ネットマイカーローン」の詳細は下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

27万円も余裕が出来る?金利が安く手続きも簡単なオートローンとは

 

注意点④ 下取りできない

「トヨタ中古車オンラインストア」では、下取りができません。

今乗っている車を処分する場合は、トヨタの販売店に問い合わせて買い取ってもらうことも可能ですが、あまりおすすめできません。

なぜなら、「ビッグモーター」や「ネクステージ」などの買取店のほうが良い条件が出る確率が高いからです。

今乗っている車を高く売るには、複数買取店を比較したほうが良いです。

下記リクルート社が運営するカーセンサーネットを利用すると、大手買取店を含む近隣の買取店を簡単に検索し、その中から査定依頼することができます。

筆者の経験上高値を提示する確率が高いのは、「ビッグモーター」です。理由は、自社の大型販売店で再販することで流通コストを削減し、高値の買取につなげているからです。

ただし、近年では再販向きではない「走行距離が多いクルマ」、「年式が古いクルマ」などは積極的に高値を提示してこない傾向にあるため、そのような場合は「ユーポス」や「カーセブン」を含めることをおすすめします。

カーセンサーネット公式サイト

複数買取店を比較するのは面倒だし、営業マンと交渉するのは苦手という方は、交渉が不要な「オークション方式の買取サービス」という新しい買取サービスがあります。

「オークション方式の買取サービス」を展開する「楽天Carオークション」では、楽天の知名度をもとに全国の提携買取店からの入札を見込むことで、ハマれば驚くほど高く売れる可能性があります

査定を受けて出品した後は、入札を待つのみということで、営業マンとの交渉は不要です。

出品したからといって希望金額まで入札が入らず売買が成立しないこともありますが、査定料や出品料は無料です(成約時のみ2万円の手数料が発生)。

査定依頼は下記公式サイトからできますので、興味がある方は試してみてはどうでしょうか。

楽天Carオークション公式サイト

楽天Carオークションについて詳しくは下記記事にまとめていますので参考にしてみてください。

ハマれば驚くほど高く売れる!楽天Carオークションの全容を解説

 

注意点⑤ 遠方の車は納車時に取りに行く手間がかかる

気に入った車の納車店所在地が遠方の場合は、納車時に取りに行く手間がかかるという注意点があります。

また、遠方の場合は登録諸費用も高額となるため注意が必要です。

「トヨタ中古車オンラインストア」では、できる限り近隣にある販売店で扱っている車を選択したほうが支払総額を安く抑えられ、手間も少ないです。

 

最後に

「トヨタ中古車オンラインストア」は、購入時の手間を極力少なくするとともに、買い取った車をそのまま販売することで車両価格を抑えて、ユーザーにメリットを与えています。

トヨタが提供する車ということで、一定の安心感もあります。

車の外装状態にそこまでこだわらず、できる限り簡単に車を購入したいという方には適しているサービスかと思います。

ただし、在庫台数が2020年10月現在で約130台と少なく、納車店舗も限定されているため、普及するにはまだ時間が掛かりそうです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*